1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/07/30(水) 16:29:18.81 ID:???.net
韓国にも「うなぎパイ」 業者「独自開発」

no title
韓国のスリホル製菓が昨秋に発売した「チャンオパイ」=島崎諭生撮影

 【ソウル=島崎諭生】浜松市特産の菓子として知られる「うなぎパイ」そっくりの菓子「チャンオパイ」が、昨年10月から韓国で発売されている。「チャンオ」は韓国語でウナギを意味し、直訳すれば「うなぎパイ」。ウナギを煮詰めたエキスをパイ生地に混ぜて焼く製法で、味も形状も「うなぎパイ」に似ている。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/07/26(土) 00:20:24.08 ID:???.net
「全世界の人々の大部分は折り紙と言えば日本の‘おりがみ’を思い出すが、実際は韓国が折り紙文化を先導した宗主国です。」

紙文化財団・世界折り紙聨合(理事長ノ・ヨンヘ)が24日、慶煕(キョンヒ)大国際教育院(院長キム・チュンソプ)で、日本への国費留学する大学生100人を対象に‘折り紙’特講を開いた。

韓日両国は去る1998年、金大中(キム・デジュン)元大統領の日本国賓訪問時、‘日本工科大学学部留学生派遣事業’に合意した。この日、特講に参加した受講生は今年選抜された留学生らで、今年3月から6カ月の過程の予備教育過程を履修している。

ノ・ヨンヘ理事長は‘私たちの折り紙・紙文化の世界化のために’という主題の特講で「私たちは先祖から伝えられた世界一の紙文化と折り紙の伝統があるが、世界の多くの国で折り紙の外国語は‘おりがみ’で通用している」とし、「空手(Karate)との競争に勝ち抜き、オリンピック種目に採択されたテコンドー(Taekwondo)の事例をモデルとして韓国語そのまま‘折り紙(チョンイジョプキ)’と発音し、表記する時も‘Jongie Jupgi’にできるよう努力している」と紹介した。

学生たちは朝鮮時代前期に流行したスンギョンド ノリの折り紙方式の説明に高い関心を見せた。4~8人が楽しむスンギョンド ノリは官職の等級と相互関係を遊びで実らせて位に上がる夢を育てる。彼らは特講を聞いた後、紙文化財団付設韓国数学折り紙教育協会オ・ヨンジェ会長の指示で菱形を利用した三太極扇子と正六面体をたたんで折り紙の数学的活用を習った。

紙文化財団は毎年、日本に出て行く国費留学生らに韓国文化素養教育のための紙文化特講を行っている。

(ソウル=聯合ニュース)
ソース:ハンギョレ新聞(韓国語)  : 2014.07.25 13:54
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/648483.html?_fr=mt5r 

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/07/11(金) 11:22:38.60 ID:???.net
【中国BBS】韓国は恥知らず!海女文化の世界遺産申請に異論殺到

no title
2011年3月韓国の済州島の写真

 韓国文化財庁は2013年12月21日までに、同国南部済州島の海女文化について国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を目指す方針を決めた。2015年内の登録が目標という。  

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/06/22(日) 13:52:00.00 ID:???.net
no title


21日、仁川市(インチョンシ)延寿区(ヨンスグ)の嘉泉(カチョン)大学メディカルキャンパスで行われた『第15回全国仁ソル茶文化展・茶礼節競演大会』に参加した子どもたちが競演を行っている。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(3)  ↑上へ↑上へ
1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/06/13(金) 11:38:11.91 ID:???.net
no title

no title

蔚山市中区にある昔の役所の庭で12日、
第34回蔚山茶香祭が開催され、
茶人連合会の会員たちが伝統茶を入れた。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 21:31:09.50 ID:???.net
no title

【ソウル=ニューシス】ハ・ドギョム博士の‘文化芸術散歩’<2>

27~29日、温陽(オニャン)民俗博物館で「第8期韓国人の美学アカデミー」を開催する文化企画学校のキム・スンミン代表とストーリーテリング専門家のチョ・ヒスク企画理事などが19世紀開花期までの韓国の衣食住文化を通じて‘ニセ物韓流文化’でない私たちの伝統文化を確認し、過去の生活文化を今日の日常と連結するため志を同じくすることにした。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 08:56:37.44 ID:???.net
  済州島(チェジュド)の海女のユネスコ無形文化遺産への登録に影響が出そうだ。ユネスコが人類無形遺産登録と関連した実行指針を変更したためだ。

  文化財庁が4日に明らかにしたところによると、パリのユネスコ本部はこのほど文化財庁に書簡を送った。今年から無形遺産登録審査件数を年間50件に制限するという内容だった。また、すでに登録されている無形遺産が多い国が新たに登録申請をする場合には順序を調整し審査を後回しにすることがあるという内容もあった。

  韓国はキムジャン文化(2013年登録)、アリラン(2012年登録)など16件の無形遺産を保有している。韓国はユネスコ無形文化遺産保護協約に加入した161カ国のうち中国の38件、日本の22件に次いで3番目に登録遺産が多い。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/03(火) 20:02:21.01 ID:???.net
中国、世界遺産申請でまた韓国に先越される?今度は「書院」文化―中国メディア

no title

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録で、中国がまた韓国に先を越される可能性があるという。韓国は伝統的な私塾「書院」の文化遺産登録を目指すことを2012年2月に発表。「書院発祥の地」とされる中国で焦りの声が上がっている。中国・湘声報が5月30日伝えた。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/05/18(日) 21:13:00.68 ID:???.net
  韓国が「コーヒー共和国」へと急速に変わっていく中、いまだ伝統茶の聖域として残っている場所がある。ソウルだけでなく全国でも指折り数えられる伝統文化通りを誇る仁寺洞(インサドン)一帯だ。古美術品店や骨董品店、経師屋、筆房、工芸品店が多い通りの雰囲気に似合うように「伝統茶店」の看板が並んでいる。ソウル・仁寺洞と北村(プクチョン)韓屋村一帯の喫茶店を見て回った。

  首都ソウルの真ん中で韓国固有文化を体感できる仁寺洞は韓国人だけでなく外国人観光客でいつもにぎわっている。流動人口は平日3万~5万人、週末や公休日は7万~10万人に達するほどの人気観光コースだ。地下鉄3号線安国(アングク)駅から鍾路(チョンノ)のタプコル公園まで続く仁寺洞キルは伝統茶店密集度が最も高い地域だ。

メインストリート沿いだけで20カ所余りになる。小さい路地でも落ち着いた休息を楽しめる韓国茶店を簡単に見つけられる。これに対しコーヒーショップは仁寺洞キル外郭側に押し出されており、数えられるほどしかない。通りの特性に合わせ業種を制限しているためだ。1軒おきにコーヒーショップが並ぶソウルの他の中心地とはまったく違う風景だ。

htm_201405181455530103011.jpg

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/17(土) 02:47:15.59 ID:???.net
  模倣か盗作か。

  先月18日、蜂蜜アイスクリーム専門店「ソフトゥリー」の運営社(株)エニュピエルは「ミルクカウ」の加盟本店であるエムコスタを相手取り、ソウル中央地方裁判所に不当競争禁止訴訟とデザイン侵害禁止仮処分申請を出した。ミルクカウが自社製品である蜂蜜アイスクリーム(ソフトゥリー・ハニーチップ)の模倣製品を作ってフランチャイズ加盟店事業を行い、経済的利益が侵害されているという主張だ。

  ソフトゥリー側は「看板はもちろん製品形態、陳列方式まで同じで、ソフトゥリーと加盟契約をしようとする人々がミルクカウと契約することまで起こっている」と話した。

  ソフトゥリーは昨年5月、有機農アイスクリームに蜂の巣をのせた製品で「大ヒット」したブランドで、ロッテや現代デパート本店などに売り場を26店舗開き、急速な成長を見せた。その後ソフトゥリーと類似した製品を販売するミルクカウが登場し、訴訟を起こしたのだ。これに対しミルクカウ側は「蜂蜜アイスクリームが独占対象ならば韓国式食堂で売っているプルコギも売ってはいけないということ」とし、「ソフトゥリーが主張するデザイン権は不完全な権利」と反論した。

  「ミー・トゥー(類似)製品」を囲んだ食品業界の葛藤が甚だしい。人気ブランドをまねる模倣製品が雨後の筍のように生じ、そのため新製品の寿命が短くなり、業者間訴訟が絶えることなく続いている。特に類似ブランドのために疲弊した企業らが、それを忘れたかのように模倣製品を作る場合が少なくないため、「罪のない者だけ石を投げろ」という笑い話にもなっている。
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ