1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:18:21.98 ID:???.net
あっ韓ニュース
木村幹(きむら・かん)
神戸大学大学院・国際協力研究科教授、法学博士(京都大学)。1966年大阪府生まれ、京都大学大学院法学研究科博士前期課程修了。専攻は比較政治学、朝鮮半島地域研究。政治的指導者の人物像や時代状況から韓国という国と韓国人を読み解いて見せる。受賞作は『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(ミネルヴァ書房、第13回アジア・太平洋賞特別賞受賞)と『韓国における「権威主義的」体制の成立』(同、第25回サントリー学芸賞受賞)。一般向け書籍に『朝鮮半島をどう見るか』(集英社新書)、『韓国現代史』(中公新書)がある。最新作は『日韓歴史認識問題とは何か』(ミネルヴァ書房)。ホームページはこちら。(写真:鈴木愛子、以下同)


 「朴槿恵(パク・クンヘ)政権はなぜ、空回りするのか」――。木村幹・神戸大学大学院教授が「指導力」から解き明かす(司会は坂巻正伸・日経ビジネス副編集長)。

日本がうらやましい

鈴置:総選挙で自民党が勝ちました。韓国メディアは露骨に不快感を表明しています。いろいろ理屈をつけていますが、要は「極右のアベが首相を続ける。『慰安婦』で日本に頭を下げさせるなんて当分、不可能になった」との不満からでしょう。

あっ韓ニュース

木村:もう1つ、この総選挙に関しては興味深い反応がありました。韓国人、ことに何らかの形で政治に関わっている一部の人たちから「必要な時に国会解散・総選挙によって民意を問える日本がうらやましい」との声が聞こえてきたことです。

 こういった発言の背景にあるのは、政治や社会の閉塞感が高まっているのに、自らの政治的意思を示すことで打破できない、とのいら立ちだと思います。

 韓国の大統領は法律違反などの理由で弾劾されない限り、5年間の任期を全うします。また、大統領には任期4年の国会を解散する権利はありません。

87年体制の崩壊

鈴置:閉塞感が高まってきた2014年秋には、憲法改正論が韓国紙に登場しました。「87年体制の終焉」という言葉も登場しました。日本の政治用語「55年体制」をもじったものかもしれません。

 日本から独立した韓国は、1948年に米国の指導の下、民主主義国家の形をとって出発しました。でも、2度にわたる軍人のクーデターで権威主義的な体制――いわゆる軍事独裁が30年近くも続きました。

 言論の自由は大きく制限されました。拷問も当たり前のように行われるなど、民主主義とはほど遠い状況でした。ちなみに1961年に1回目のクーデターを主導したのは、朴槿恵大統領の父親である朴正煕(パク・チョンヒ)少将です。

 朴正煕政権時代の1972年以降、大統領は与党に有利な間接選挙で選ばれるようになりました。大統領がちゃんとした直接選挙で選ばれるようになったのは、1987年の民主化からです。そもそも、民主化運動を進めた側の最大の要求が「直選制」だったのです。

 民主化後、初の選挙では保守が政権を維持しました。しかし、10年後の1997年の選挙で初めて革新が勝ち、いわゆる政権交代も実現しました。

 韓国人は第2次大戦後に独立した国の中で、経済成長だけではなく民主化にも成功したまれな例、と自らを誇るようになりました。

 しかし最近、閉塞感が社会に広がると、憲法を改正して今の政治システムを変えねばならぬ、との主張が出始めたのです。

憲法への八つ当たり

木村:確かに最近、改憲論が盛んに語られています。でも、注意しなければならないのは、彼らがそれを実現すべき目標として真剣に語っているようには見えないことです。

 本気で憲法を変える気はない。しかし、現状への不満が高まる中、その矛先をとりあえず憲法に向けているように思えます。

 韓国人の多くは、民主化以降27年間も続いている「87年体制」に愛着もあるし、誇りもある。今の改憲論は、閉塞感や不安感のはけ口――現憲法への言わば「八つ当たり」に過ぎない気がします。

鈴置:韓国の保守運動の指導者、趙甲済(チョ・カプチェ)氏が面白い指摘をしています。木村先生と同様に、改憲論を「八つ当たり」と見ています。

 TV朝鮮で語ったもので、趙甲済ドットコムの「憲法否定勢力が改憲を語ることができるのか」(10月22日、韓国語)で読めます。関連する部分は以下です。

父よりも権威主義的

    ●改憲論議の核心は「大統領の1回限りの5年の任期に問題がある」ということだろうが、私は現憲法は成功したと見る。大韓民国の政治に問題があるとするなら、制度の問題ではなく運用する人々の問題だ。

    ●朴正煕元大統領はポピュリストではなかった。一方、朴槿恵大統領はポピュリスト的な側面が強い。だから、父親の朴正煕元大統領よりもはるかに選挙に強く「選挙の女王」と呼ばれるのだ。

    ●朴正煕元大統領は強く権威主義的に見えたが、内面は柔軟な人だった。これに対し朴槿恵大統領は表は柔らかいが、内は相当に権威主義的だ。

 趙甲済氏も今の改憲論は、形を変えた朴槿恵批判と見ています。なお、趙甲済氏自身も大統領を「ポピュリスト」と批判的に見ている部分があることを隠していません。

 確かに、多くの改憲論者が「1回限り5年間の任期」を「4年間で再選可」にしようと主張します。その理由は「『5年で1回』は有能な人には短すぎる。無能な人には長すぎる」です。ここで、朴槿恵大統領が前者と見なされていないのは確実です。

 議院内閣制への改憲論も語られます。機動的に指導者を交代させられることと、強すぎる大統領を阻止できることへの期待です。朴槿恵大統領の統治能力への不信と、権威主義的なやり方に反発が高まっていることが背景にあります。

保守派に危機感

----朴槿恵大統領が父親よりも権威主義的、とは厳しい評価ですね。

鈴置:趙甲済氏は必ずしも権威主義を否定していません。ただ、やるならやり方がある、と言っています。以下は彼の意見の続きです。

    ●朴正煕元大統領は意思決定の過程で実務者の意見を重視した。権威主義的な政府が効率的であるためには、正確な情報を持たねばならないからだ。

    ●朴槿恵大統領は実務者に会いもしないようだ。それでは本当の情報は得られない。権威主義的な統治で情報判断が乱れれば、事故を起こす。

木村:現在の韓国の閉塞状況を理解するための、最も重要なポイントがここにあります。保守的な韓国人でさえも、というか保守派こそが、かつては自らが期待した朴槿恵大統領のリーダーシップに懸念を抱くようになっているのです。

----「保守派こそが懸念を抱く」のですか?

「原則固守」でこじれる

木村:まず、一部の保守派には、朴槿恵大統領が失敗すれば次の選挙で進歩派の野党に政権をとられる、との心配があります。

 だからこそ「もうちょっと上手にやってほしい」とハラハラして大統領を見守っている感じです。実際、この政権の運営はかなり危くなっています。

 現在の状況をもたらしたのは、朴槿恵大統領の柔軟さを欠いた政治手法です。分かりやすく言えば、大統領の手法は1つしかない。

 それは「当初に立てた原理原則を最後まで貫く」です。相手には決して妥協せず徹頭徹尾、自らの要求を押し通す。

 これは一見、格好いいのですが、政治には相手がありますから成功する保証はありません。むしろ、原理原則を貫くため、相手に拒否されてしまうことの方が多い。

 すると朴槿恵大統領は、さらに相手に対する攻撃を強めることで原理原則をのませようとします。この結果、時に問題はますますこじれてしまう。

韓国こそが孤立

鈴置:対日外交がその典型ですね。「慰安婦で日本が譲歩しない限り、日本の首相とは会わない」と強気に出た。安倍晋三首相は「そこまで卑屈になってまで首脳会談に応じるつもりはない」と放っておいた。すると朴槿恵大統領は世界中で日本の悪口を言って歩いた。

 こうなると、少し前までなら「韓国の言い分も聞くべきだ」と言い出したであろう日本の“リベラル”も声を出せない。結果的に日韓関係はどんどん悪化しました。

 朴槿恵大統領にとって、日本と首脳会談をしなくても別段困りません。むしろ、中国の習近平主席が安倍首相と会う前に日韓首脳会談はしにくかったので――中国から睨まれますから――日本との関係悪化は好都合でした。

 ただ、日本が米国との良好な関係を維持する一方、中国や北朝鮮との関係改善に動いたので「日本を孤立させて国民の喝采を得る」作戦に齟齬が出ました。

 朴槿恵政権の「離米従中外交」に米国が不快感を示すと、韓国紙は「日本ではなく、我が国が孤立してしまったのではないか」と批判するに至りました。

「ギロチンにかける」

木村:内政も同じです。旅客船「セウォル号」の沈没事件でも、初めから原理原則を立てて強い姿勢に出ました。この場合、攻撃対象は身内とも言える官僚でした。

 朴槿恵大統領は「悪いのは救護活動の責を負った海洋警察だ」と最初から決めつけ、事実関係の解明の前にその解体を宣言してしまった。また、捜査前から関係者の処罰まで約束してしまいました。

鈴置:海洋警察庁は日本の海上保安庁に相当します。事件発生直後は世論も、300人以上の救助に失敗した海洋警察に非難を浴びせました。

 ただ韓国人が冷静さを取り戻すと、海洋警察も可能な限り努力はしていたし、そもそも事件の“主犯”ではないことに気づいたのです。

 でも、大統領の「懲罰宣言」により、海洋警察の組織は改編されました。これにより、海の安全性は低下するとの危惧が高まっています。

 朴槿恵政権の経済政策の柱である規制緩和問題でも、大統領はたびたび「規制をギロチンにかける」などの強い表現を使って官僚を脅します。しかし、大統領が期待するほどの規制緩和策は役所から出てこない。

木村:ある段階以降の朴槿恵政権は、多くの問題で「きれいに空回り」しています。少し変な表現ですけれど。

鈴置:まさに、その感じですね。「見事なほどの空回り」です。

号令政治の限界

木村:規制緩和だけではありません。韓国の浮沈を左右する、少子高齢化問題への備えもほぼ手つかずの状態です。短期の景気対策も空回りしているように見えます。国民が一番関心を寄せる経済面で効果的な策を打ち出せていない、と言わざるを得ません。

 こういった状況がもたらされる原因の1つは、問題を指摘しては激しい言葉で号令をかけるだけ、という大統領のリーダーシップにあります。

 大統領からの指示の多くは、関係者に対する厳しい糾弾の響きを持つ一方で、常に抽象的なものにとどまっています。そこには具体的にどう問題を解決すべきか、との指示は含まれていない。

 つまり、官僚は「何とかしろ」と難問を押し付けられただけになります。そして、うまく対処できなければ責任を問われ、長官や多くの官僚の首が飛ぶ……。

----上司にはしたくないタイプですね。

鈴置:韓国の役人だってそう思っています。最近は、景気低迷の責任も「規制にしがみつく役人のせい」と官僚に押し付けられつつあります。大統領に本気で協力する気にはならないでしょう。

 官僚は「目立たないよう、頭を下げて動かないのが得策。あと、3年の我慢だ」と考えているのです。

木村:それを見た大統領はますます苛立ち「見事なほどの空回り」に拍車がかかっているのが現状です。そしてこの特異さは、政権発足時からのものでした。官僚たちが大統領批判を――もちろん小さな声で、ですが――口にしていたのです。

 官僚は政治的指導者を守る立場にありますから、普通、私のような外国人の前でむやみに大統領の悪口などは言わないものですが……。

朱子学に生きる韓国人

----でも、朴槿恵大統領への国民の支持率は高いと聞いています。

木村:政権発足から2年近く経ったつい最近まで、40%以上の支持率を維持してきました。過去の政権と比べても異例に高い数字です。この支持率については、実に興味深いデータがあります。

 韓国ギャロップの12月第1週の調査によると、支持する理由の1位は何と「大統領は熱心に努力しているから」なのです。「何かを具体的にうまくやっているから」ではないのです。

----しかし、結果が出なければいくら一生懸命やっても意味がない、と韓国人は考えないのでしょうか。

木村:韓国人独特の朱子学的な発想が影響しているように思えます。彼らからすれば「正しいことを行えば、必ず良い結果が付いてくるもの」です。

 また「もしそうならないのなら、誰か悪い人が邪魔しているのだ」ということになります。いずれにしても、支持者は「朴槿恵大統領は悪くない」と考えるのです。

 そして朴槿恵大統領こそが、このような信念の持ち主だということが重要です。それ故に「正しい原則」――あくまで大統領が信じる「正しさ」なのですが――を強力に主張し、日本や北朝鮮、官僚の“誤った考え”を正し続けるのです。

 このように「正義」を全面に掲げる朴槿恵大統領は、韓国人の心性を凝縮した存在と言えます。

司馬遼太郎もうんざり

鈴置:朱子学は正邪――正しいことと間違ったこと――を峻別することが基本です。司馬遼太郎は『街道をゆく〈28〉耽羅紀行』で、その危うさを看破しています。以下は同書・文庫版の91ページからの引用です。

    ●朱子学がお得意とする大義名分論というのは、何が正で何が邪かということを論議することだが、こういう神学論争は年代を経てゆくと、正の幅がせまく鋭くなり、ついには針の先端の面積ほどもなくなってしまう。その面積以外は、邪なのである。

 要は朱子学を奉じる人は、自分だけが正しく他人は絶対に間違っていると確信してしまうのです。朝鮮朝は朱子学を統治理念としました。21世紀のこの政権も再び国教に採用した感があります。

----しかし、いくら主観的に正しかろうが、現実の政治がうまくいっていないのに、国民が大統領を支持するものでしょうか。

正しく生きる運動

木村:内心、朴槿恵大統領を困ったものだと考えている韓国人も多いだろうと思います。ただ、大統領は「間違ったこと」を言っているわけではない。となると、大統領を表だって批判しにくいわけです、朱子学的には。

 最近、韓国の街角のあちこちで「正しく生きよう(パルゲ・サルジャ)」という標語を見かけます。「正しく生きる運動」というのがあって、そこが掲げているのでしょう。

 以前からもあった運動のようですが今、広がりつつあるのはそれなりに理由があるのだと思います。社会で「閉塞感」が高まる。でも、解決策が見当たらない。

 そこで、韓国の人々はせめて「正しく生きよう」と言い合い始めたように思われます。「正しく生きれば、きっと良いことがあるに違いない」というわけです。

 でも、「正しく生きる」方法が提示されない以上、この標語を見た人は困ってしまうのではないでしょうか。

 日本でも「交通安全都市宣言」などのスローガンが掲げられます。もう少し具体的な呼びかけをしないと、効果がないのではと首を傾げたくなります。

 ただ、それと比べても韓国の「正しく生きよう」は抽象論といいますか、観念論の究極を行っています。だって「何が正しい生き方か」を明確に説明できる人などいませんからね。

----なるほど、韓国がいまだに観念論的な――朱子学国家であることがよく分かりました。

鈴置:韓国紙の日本関連のコラムで、しばしば「日本人を変えねばならない」という主張を見かけます。もちろん日本人は「正しくない存在である」という前提があっての話です。

 「正しく生きる運動」に韓国が本腰を入れたとなると、日本人は今後ますます「悪い存在」として韓国人から叱られることを覚悟せねばなりません。

十常侍事件

----大統領側近の国政介入疑惑なるものが韓国を揺さぶっています。


鈴置:ええ。韓国紙が「側近の専横」を一斉に批判しました。事件の名称は新聞によってまちまちです。仮に「十常侍事件」と呼んでおきます。

 朴槿恵大統領の昔からの側近が権勢を振るい、権限外の政策と人事を思うがまま仕切っている。政権No.2の大統領秘書室長の追放まで計画した――という話を、世界日報という新聞が11月28日に報じたのです。

 側近ら――議員時代からの秘書軍団ですが――のうち3人は、儀典担当者などの肩書で青瓦台(大統領府)に入っています。一番の大物秘書は政権には入りませんでしたが、この人が裏で3人に指示を出している、とも同紙は報じました。

 単なる噂話ではありません。青瓦台で公務員の規律を監察する警察出身の職員が、上部に報告した公式文書を基に書いた記事だったのです。

 韓国は大騒ぎになりました。さらに文化体育観光部の前長官が「朴槿恵大統領の指示で部下の局長と課長を更迭した。大統領の元大物秘書の私怨からだった」とメディアに暴露しました。

 「(自分に対し)朴槿恵大統領が手帳を見ながら『悪い人たちだそうですね』と局長らの名前を挙げた」との、極めて具体的な証言でした。取り巻きが好き勝手にやっているだけでなく、大統領まで操っている――と元長官は示唆したのです。

 前の長官が、少し前まで仕えていた現職の大統領に真っ向から歯向かうのも前代未聞です。韓国社会はこれにも大きなショックを受けました。

大統領の目をふさぐ側近

----「十常侍」とは?

鈴置:後漢の末期に、霊帝を操った10人の宦官のことです。青瓦台の監察担当者が書いた報告書の中で、朴槿恵大統領の側近を指してこの言葉が使われました。「大統領は国を揺るがした霊帝」と見なされたわけでもあります。

 左派系紙はもちろん保守系紙も「側近3人組」の排除を大統領に求めました。与党内部にもそれを求める声が強まっていると各紙は報じています。

 保守も左派もメディアは「3人組」に加え、秘書室長の更迭も主張しました。「政権No.2として混乱の責任をとれ」との理由です。

 しかし本当は「3人組」と対立しているとされるこの秘書室長こそが大統領の目と耳をふさぐ問題の人物であると、メディアから見なされていたからです。

----政権はどう対応しているのですか。


記者を相次ぎ起訴

鈴置:大統領自らが「専横疑惑」を全面的に否定しました。問題となった青瓦台の報告書は、街の噂を基にしたいいかげんなものだったとも語りました。

 検察は、その報告書を外部に漏らした疑いで警察官を相次いで逮捕しました。うち1人は冤罪を主張し、自殺しました。

 さらに検察は大統領の実弟の朴志晩(パク・ジマン)氏を出国停止処分としました。この報告書の作成と流出に関わっていたとの見方が浮上したからです。

 それに加え、政権側は事件をすっぱ抜いた世界日報や、続報を書いた東亜日報の記者らを起訴しました。朴槿恵大統領は正面突破の道を選んだのです。

 メディアは声を揃えて「政権2年目で早くもレイムダック(死に体)だ」と総攻撃に出ました。もう、全面戦争です。趙甲済氏が懸念していた「事故」が、まさに起こったのです。

頭痛の種の実弟

木村:ポイントは大統領の親族に飛び火するか否かです。事件の背後には大統領の実弟の朴志晩氏と、大統領の元大物秘書氏の間の権力闘争があるとの観測が韓国のメディアに流れています。

 自らの大統領への接近を実力者である元大物秘書氏が阻んでいる、と朴志晩氏が抗議の声を挙げた結果、この事件が起きたというのです。

----宮廷内で陰謀をめぐらせ、暗闘する王族と家臣団――。李朝ドラマみたいですね。

鈴置:韓国で大統領のレイムダック化は、親族問題から始まることが多い。

木村:その通りです。麻薬中毒問題で世間を騒がせたことのある朴志晩氏は悪い意味で有名人。朴槿恵大統領にとっても頭痛の種でした。

 そんな彼が今回の事件を巡り検察の聴取に応じました。場合によっては、公衆の面前に立って大統領の元大物秘書を糾弾するかもしれない……。そうなれば韓国のメディアにとってこれほど「面白い」ニュースはないでしょう。

----真相は?

鈴置:関係者の主張は大きく食い違います。現時点では誰の言い分が本当なのか、分かりません。

手帳で人事

木村:1つ言えるのはこの事件で、朴槿恵大統領のリーダーシップの特徴というか、弱点が一気に露呈したように見えることです。

 自分と近い人しか信用せず、彼らだけを重用するという大統領の手法への不満が噴出した形です。

 ここで言う大統領に「近い人」とは、モノの考え方が近いという意味もありますが、大統領が実際に会ったことのある人、という意味でもあります。

 朴槿恵大統領がいつも手帳を持ち歩き、細かくメモを取る――という話は韓国では有名です。「近い人」は、大統領が実際に面談し、好意的な評価を下してメモした人です。

 でも当然、大統領が直接会える人の数は限られます。この結果、政権の意思決定は極めて狭い、それも大統領と同じ価値観を有する、同質のサークルの中で行われるようになりました。

 また、大統領は執務の際に実務担当者には直接会わず、下から上がってくるレポートだけ読んで判断を下すことも多いようです。

 これでは青瓦台のスタッフが、大統領の機嫌を損ねるようなレポートを上げることは難しい。結果として大統領が喜びそうなレポートだけが執務室に並び、それを書く人が要職に就くことになります。

鈴置:趙甲済氏も「“事故”は大統領に正確な情報が上がらないことから起こるだろう」と懸念していました。

修正効かず、猪突猛進

木村:日本でも知られ始めた話ですが、会議では大統領が語る。長官以下はそれをメモするだけ。メモを取らなかった人は大統領から叱責を受ける……。

鈴置:北朝鮮の高官も、最高指導者の前でメモを取らないと生きていけません。

木村:最近では、大学の講義でもこうした一方的なやり方は「よろしくない」とされます。ましてや、一国の政治がこうした大統領の「講義」だけで動かされてよいはずがない。

 与党の代表ともほとんど会わない。記者会見もほとんどしない。しても質問には応じない。軌道修正すべき時に、それを教えて貰える機会がないのです。

 この結果、対日政策でも対北朝鮮政策も当初の方針を変更できず、いたずらに突っ走るだけになっています。

 今回の事件でも、大統領はメディアや野党との全面対決を選びました。朴槿恵大統領は「原理原則を重視する」発想の持ち主ですから、軌道修正がしにくい。

 それに加え、この「率直な意見具申が上がらない」仕組みもあって、事態が悪化したように思えます。

大統領への諫言

鈴置:確かに「否定声明を出すだけにしておけばよかった。検察への捜査指示や、新聞記者の告訴によって却って問題を大きくしてしまった」と語る韓国の識者が多いのです。

 今回の朴槿恵政権に対する批判は「側近の専横」から始まりました。しかし韓国指導層の本心は、これを機に「大統領の独走体質」を諌めたいということでしょう。

 各紙の社説からその思いが伝わってきます。以下は朝鮮日報の社説「大統領と前長官の衝突 “国政乱脈”どこまで」(韓国版、12月6日)のポイントです。

    ●この政権になって、人事で濡れ衣を着せられた高官たちが相次ぐ。「取り巻きにやられた」という人が多い。政権発足2年にもならないのに、人事の不満が噴き出すのは初めてのことだ。

    ●濡れ衣との主張のすべてが本当かは分からない。しかし、政府の中核にいた人々が声を同じくして指摘する問題が、人事の不満と大統領側近の国政介入である。

    ●これを見ると、朴槿恵政権の最も深刻な病がどこにあるか、推し量ることができるのだ。

急落した支持率

木村:「十常侍事件」により、大統領の人気にも影響が出始めました。世論調査機関「リアルメーター」によると、12月第2週の大統領の支持率は39.7%。わずか2週間で10%以上低下しました。

 初の30%台への落ち込みです。ちなみに、過去の最低値は43.4%でした。不支持率もついに50%台に乗せて52.1%に達しました。

 ただ先ほど申し上げたように、この数字でも歴代政権と比べれば、まだ高水準です。そして今後の支持率は、大統領が事件をどう収拾するかにかかっていると思います。

 失敗すれば「コンクリート支持層」と言われた大統領の熱烈な支援者が、一気に離れる可能性があります。逆に元秘書や実弟を切り捨てて「私情にとらわれない」「ぶれない」イメージをさらに打ち出し、支持層固めに成功するかもしれません。

-----朴槿恵政権は分岐点に立っているのですね。

木村:この政権だけではなく韓国という国もまた、分水嶺にあると言えそうです。韓国の仕組みだと、国論が分裂しても解散・総選挙によって民意を聞くという手が打てません。

 大統領がいったん支持を失うと、任期が終わるまでレイムダックのまま、国政が一切動かないという恐ろしいことになってしまうのです。

あっ韓ニュース


日経ビジネスオンライン 2014年12月18日(木)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=1
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=2
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=3
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=4
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=5
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=6
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=7
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=8
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=9
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141216/275226/?P=10


4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:20:49.95 ID:TyLUZVq8.net
>>1
>  ・日本がうらやましい


   ・いいからこっち見るな!

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:23:00.01 ID:Zjps30AS.net
分水嶺・・・この意味わかる朝鮮人がいるかい!w

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:27:16.21 ID:6B4nNTwp.net
そうか、あと3年以上も韓国人はクネ婆とつき合わされるのか
ご愁傷様

15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:33:15.75 ID:UBPZRtUT.net
民意を問うという解散・総選挙というのは重宝な制度ですよね。

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:33:29.65 ID:96U+dJVs.net
どうでもいいじゃん
外交はシナへ先祖帰り、内政は父親と同様の独裁体制への先祖帰り
好きにすりゃあいいし、土人国家らしく身分相応じゃねーか
いっそのこと5年の任期なんてケチな事言わずに、永世大統領の法案通せばいいじゃん

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:33:49.28 ID:BsnPzrsP.net
世襲の菅直人ってかんじやねー

18: 来林檎@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:33:52.05 ID:AlUZ7wYc.net
朴大統領の娘、女っていう記号で当選したようなもんだからな

国民の期待した物を何一つ叶えてない韓国の母

そういや、大統領選前にクンヘが親日とか吹いたの何処のメディアだ?

39: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:51:20.29 ID:zc5CFtfc.net
>>23
そうね
今、日本から韓国に近づくと謝りにきたと勘違いされるね
距離をおいたまま変に動かないほうがいいね

24: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:37:16.35 ID:KzS6ihFh.net
日韓首脳会談には、


反日教育の根絶が絶対条件だと


安倍ちゃんは言えばいい。

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:37:18.52 ID:70TPNLA6.net
あと3年もこの基地外BBAが大統領ww

韓国は完全に終わったな

27: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:39:39.90 ID:ehsIN+q3.net
日本もアホ共のせいで3年半苦しんだ
チョンは5年
ざまーみろw

28: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:40:05.03 ID:6B4nNTwp.net
これ下手をすると近い将来暗殺の心配が出てくるよな

32: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:43:42.35 ID:wHKcIAcy.net
>>28
記事にも書いてあるが「あと3年経てば」って我慢するだろ。
3年経てば、どうやってもタダの人になるんだから
それまで火の粉がかからないように首をすくめているだろ。

29: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:41:07.27 ID:70TPNLA6.net
朴クネは最初から反日ブースト全開だったからな

ネラーは、「朴クネはこれでは最後まで持たないぞ}
と心配してたもんだが

完全にその通りになっててワロスw

30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:41:15.13 ID:xIkT36fc.net
パククネと周りにいる奴らの知的水準って恐ろしく低そうだわ
間違っても権力を持たせちゃいけないタイプ

35: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:45:48.88 ID:rsu71L66.net
さらっと斜めに読んでみたが、今回は長いわりには中身が今一つか…
結局「ヒステリーオバサン、支持率低下で韓国プギャー」の一言で済む気がした

40: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:52:08.45 ID:eTQo8ljO.net
下手すりゃ、3度目のクーデターがあったりして

41: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:52:41.11 ID:RUSE+KGh.net
東アジアの小さな小国が幾ら背伸びして如何にもならない限界がある
日本の足元にも及ばない小さな市場と経済規模
国力の違いが余りにも違い過ぎて話しにもならない、お粗末過ぎる

44: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:54:44.67 ID:xl0DdtRq.net
菅直人の顔が浮かんだ・・

日本は問題だらけだけどやっぱりいい国だなあ

46: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:58:20.76 ID:6B4nNTwp.net
変に民意を反映させようとするから混乱するんだ
あの民族は両班、平民、白丁と明確に階層化して
有無を言わさぬ弾圧型の政治の方がしっくり来る

47: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 01:58:46.75 ID:70TPNLA6.net
最初の頃、クネが反日発言連発してたときは
支持率が70%だったw

反日やってれば満足してた韓国人

しかし実際の成果は何もなし
(安部が全く相手にしない)

韓国の立場と経済がどんどん悪くなってるのを
最近になって実感し始めて、今更焦ってる状態w

49: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 02:01:14.01 ID:VSs/npnz.net
あと3年我慢すればって、
お後に控えてんのパンくんなんだろ?
ほんと御愁傷様ですw

52: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 02:04:09.26 ID:RUSE+KGh.net
韓国人は儒教の精神を唱えている民族なんだろう
セウォル号の船長は子供達を見殺しにして逃げ出した
大韓航空の副社長は、スグにキレて蛮行をはたらいた
韓国の儒教精神とは実に恐ろしいドグマだよ
民度の低さにオドロいてゾッとした

55: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 02:13:45.73 ID:sQgZZoYB.net
反日だけが国民の心をつかむよりどころとなった。

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1419005901/

関連記事

コメン卜コメント(6)  ↑上へ↑上へ


コメント

あっ@名無しさん  2014/12/21 03:01
アキヒロくんやクネクネなど大統領(行政)を問題にしているが、韓国の本当の問題は司法にある。
体裁こそ民主国家になったが、国民の脳内は朱子学的キリスト教徒という世界に類例のない頭になっているのだ。
裁判官も法律は学んでもその運用は朱子学的でかつポピュリズムに満ちている(「例外は袖の下」)ので上から目線の判決を出す。
袖の下の出し方も判らない指導者では制御できない。しかも判決は「ご神託」と同じ効力を持っているので、大統領でも逆らえない。
アキヒロくんの暴走がいい例だ。クネクネは前例を見て「袖の下」は欠かさないで活用したようだが。
いずれにしても、韓国が民主主義国家というのは民主主義国家を冒涜しているよ。
名無しさん  2014/12/20 22:51
新北派とはいえ民主国家で証拠も怪しいのに野党を一つ強制解散・・・

近い時期に『立候補者資格審査会議』とか創るんだろうな、此れは。
国家にとって有益、高潔な人格、親日派では無く、真の愛国者だけを選別、
選挙の効率化と反国家・反民族分子の政界進出による、国民への洗脳・誤誘導を防ぐ
…とかナントカの理由で。
あっ@名無しさん  2014/12/20 20:32
ぐうの音が出ないほどの分析だな
韓国の行動が民族主義だと思ってたけど民族的性向なんだね
これは変えようがないわ
イルボン速報@名無しさん  2014/12/20 11:13
現ばばあ酋長は反近代の未開の朝鮮土人にピッタシの酋長。憲法を変えて、永年酋長にするがいい。
   2014/12/20 05:43
大統領選挙停止法案を成立してくれると信じています。
お父様の果たせなかった 永世酋長 の夢を実現するのだ! クネ子
 - ネラーjapanより哀を込めて
q  2014/12/20 04:34
とっくに分水嶺なんて越えてると思うのは気のせいかしら?

コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『あっ@名無しさん』と自動で表示されます。

※必須

相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ