スポンサーサイト

掲載日時 --.--.--(--)--:--    スポンサー広告 スポンサー広告    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ↑上へ↑上へ
1: HONEY MILKφ ★ 2013/12/31(火) 10:55:44.92 ID:???
no title

済州(チェジュ)を1人で旅行していた外国人女性が性暴行される事件が発生して、世界的な観光地である済州の治安が不安だという指摘が出ています。

済州東部警察署は30日、性暴行犯罪の処罰などに関する特例法上特殊強盗・強姦の疑いで、イ某容疑者(33歳・京畿道高陽市)に対して逮捕状を請求しました。イ容疑者は去る26日の午前1時30分頃、済州市庁の付近で1人で済州に旅行に来ていた10代の外国人女性Aさんに近づき、宿舎まで道を案内すると言って一緒に歩き、人気(ひとけ)の無い空き地連れて行って凶器でAさんを脅し、現金60万ウォンを奪って性暴行した疑いを受けています。

済州では去年の7月、オルレギル(済州の方言で狭い道)を1人で歩いていた女性観光客が、近くに住む男に性暴行された後殺害されています。

女性観光客を対象にした性犯罪が続き、済州島旅行が女性にとって安全ではないという認識を与え、世界的な観光地に伸びて行くことへの障害物になるという憂慮が出ています。今年済州に訪れた外国人観光客は史上初めて200万人をふらりと過ぎました.また去る 11月には済州を尋ねた観光客が思想初めて1千万人を一気に超えました。世界的な島の観光地であるハワイや沖繩、バリも踏み込めなかった高地です。

しかし、外国人観光客性暴行事件のような観光客を狙った犯罪が根絶されなければ、済州島が連呼しながら誇る『観光客1千万人達成』と『世界的観光地への跳躍』は、ただ単に砂の上の城のように一瞬にして消えることもある事を、ひしひしと感じなければならないという指摘が出ています。

これに関連して済州警察庁捜査課の関係者は、「年末年始を迎えて犯罪脆弱地を中心に刑事機動車両が夜間パトロールをして婦女子に夜道を案内して、狭い路地の場合海岸は自転車で、コッジャワル(済州の方言で自然の藪)やオルム(済州の方言で側火山)は徒歩で周期的に見回っている」とし、「安全な済州を作るために更に努力する」と話しました。

ソース:NAVER/SBS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=096&aid=0000280156

関連記事

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


コメント


コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『あっ@名無しさん』と自動で表示されます。

※必須

相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。