1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:25:13.29 ID:???.net
あっ韓ニュース
佐々木正 1915年生まれ。京都大学工学部卒。神戸工業(現・富士通)取締役を経て、シャープ副社長、顧問。電卓の生みの親。シャープを日本有数の家電メーカーに育て、日本の半導体産業の礎を築いた。現在はNPO法人・新共創産業技術支援機構の理事長を務める

シャープの2014年9月中間期の最終損益は47億円。わずかな黒字ではあるが、4期ぶりに水面に浮上した。その背景にあるのは中小型パネルの好調だ。取引開始から日の浅い新興の中国メーカー向けのパネルが急伸。下期も、さらに伸びる見通しで、通期黒字化に向けてまい進しているところだ。

この躍進には、実は「シャープらしさ」がある。中国の新興メーカーとは、小米科技(シャオミ)をはじめとする創業から日の浅いベンチャー企業ばかり。本当に伸びるかどうかわからない地点から取引を開始したからこそ、のちの果実がある。同じことは、かつてもあった。

目の付け所がシャープ

「孫(正義)君を初めて知ったのは米国です。大学でコンピュータやパソコンの勉強会をやっていた彼に、偶然会ったんですわ。熱心な学生で、すぐに親しくなりました。そんなとき、テキサス・インスツルメンツが、翻訳機を出したんです。次の時代はこれや!と感じた。孫君もそうだったそうです。それからしばらくしてからです。技術本部長兼中央研究所長をしていた私の所へ、孫君のお父さんが公衆電話から連絡してきて「息子と一緒に会いたいと。翻訳ソフトを買ってくれないかとのことでした」

2年前の週刊東洋経済のインタビューで、こう語ったのは佐々木正元副社長。シャープは孫氏から、翻訳ソフトを1億円で買い取った。果敢に新規取引先を開拓していく"目の付け所"こそが、シャープの強みといえるだろう。

次ページ以降、そんな全盛期を支えた佐々木氏へのインタビューを再掲する。グローバル技術経営の最前線を歩んだ佐々木氏だからこそ語れるストーリーは、「日本ものづくりの全盛期」を知らない若手ビジネスパーソンにも、大いに参考になるはずだ。

≪中略≫

<インタビュー3> 私とサムスンの李さんとの和解

シャープと韓国サムスンの関係は長きにわたります。サムスンは商社から始まって、電器産業に進出したが、半導体の開発で行き詰まった。それで、李健熙さん(現会長)がわざわざ訪ねてこられた。1970年ごろのことです。

当時、日韓定期閣僚会議が始まり、両国間で提携の機運が高まっていました。ところが、日本電気の小林(宏治・元会長)は、「韓国は技術を盗んでいく」と警戒感をあらわにしていた。困った李さんが、「何とか小林さんを納得させてほしい」と。そこで駐日韓国大使と小林さん、李さん、私とで食事する機会を作ったんです。その後、私以外の3人でゴルフに行ったら、小林さん機嫌直しちゃったらしいんだ(笑)。

それ以降、李さんが頼りにしてこられるんです。半導体の開発にしても、「佐々木さん、辞めてこっちへ来ませんか。韓国籍にならんか」とまで言う(笑)。じゃあ、僕がシャープを説得するから、頭を下げて技術を教えてくださいと言ってくれ、と。数年間、4ビットマイコンの製造技術の提携をしました。

サムスンが何かの記念式をするときは軍隊式でしたね。社員が第1連隊、第2連隊……の順で並ぶ。第1連隊って、第1工場のことですよ。その根性で成果を上げていった。

そうなると欲が出る。「今度は液晶を教えてくれ」と言ってきた。僕は断った。「依頼心はサムスンを殺す」と。李さんは納得してくれたが、その部下になると、そうはいかない。盗んででもやるんだ。フライデーフライトでうちのキーマンを韓国に連れていく。連中は土日に働いて日曜夜、サンデーフライトで帰ってくる。シャープは最後には技術幹部のパスポートを全部預かっちゃった。

九十にして今度は恩に報いる

そのときも、私個人は、「与えられるものどんどん与えて、感謝してくれればいい」と思っていた。少なくともシャープの味方にはなるだろうとね。ところが、李さんがトップを離れた時期に、サムスンがシャープを相手に特許訴訟を起こしたんです。あれはサムスンが情けなかった。

李さんは、シャープに感謝しとるからね。李さんがトップに復帰した後、直接話をして、和解しました。

孔子は73歳で死んでいますから、『論語』に「七十にして矩(のり)をこえず」の次はありません。97歳の私が言うならば、「八十にして恩を知る」でしょうか。人間は自分一人でなく、いろんな人のおかげで生きとるんです。そして、「九十にして今度は恩に報いる」。そうすれば百で人生を終えるとき、幸福でいられるはずです。

<インタビュー4> 「共創」が未来を作る

今回の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業のシャープ堺工場出資については、正直、警戒しています。

シャープは、「おカネが入ってくるから、危機を乗り越えた」と一安心してはいけません。これは勝負ですよ。郭台銘・鴻海会長に対しても、「いやぁ、ありがとうございます」なんて調子のいいことばかり言っとってはダメだ。彼が堺工場に入るすきがないぐらい、根性のある経営をしてもらわないとね。

過去のサムスンとの技術提携と異なり、シャープが欲しかったのはおカネだけ。鴻海はシャープの技術だけが欲しい。互いに信頼しているわけではないように見えます。

シャープの経営陣は、あんな大きな赤字が出るなんて初めての経験だから仰天したんだろうね。今は、短期的な業績が、経営陣の評価基準になる時代です。それでも経営者たる者、長期的な経営戦略を、自信を持って説明できるようでなくてはね。

幼少時、台湾で育った私は、郭台銘の父親をよう知っているんですよ。小学校の同級生です。当時、台湾で散発していた日本人を狙ったテロについても予言したりして、非常に頭の切れる子どもだった。幼い頃の郭台銘少年も聡明そうでしたよ。ですから、今回の出資には因縁を感じます。

大事なのが共創という考え方

厳しいといわれる日本の電機業界ですが、天動説じゃなしに、地動説で考えなあかん。

電機業界とは、社会が生んだものです。社会が変わってきたら、業界は変わるかも、なくなるかもわからんね。ネットワークが発達した現代社会では、たとえばアラブの春といった動きが、同時に日本にも影響する。文明・文化の津波がやってくる。私は、近々“乱”のような大きな変化があると見ています。

そんなとき、自分の業界だけは変わらないという自分中心の考え方が天動説です。「電機業界のままでどうにかしたい」という発想になる。これはダメです。地動説に基づけば、社会の変化に応じて商売も変えていくことが必要です。もっと広く考えないといけない。シャープも「ヘルシオ」や「プラズマクラスター」といった健康分野に力を入れだしたのはいいことです。

電機、自動車、建築……さらに新しい学問がミックスされた業界になるかもしれん。そういうときに大事なのが、共創という考え方でしょう。独創的な人間が協力し合えば、創造性は何倍にも膨らみます。共創は独創より、もっと高次元のものなのです。

2014年11月28日 - 東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/54554
http://toyokeizai.net/articles/-/54554?page=2
http://toyokeizai.net/articles/-/54554?page=3
http://toyokeizai.net/articles/-/54554?page=4
http://toyokeizai.net/articles/-/54554?page=5


39: 冒険厩舎@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:42:39.46 ID:13d0rV1+.net
>>1
経営者が「あきんど」を忘れるのは問題、と言うか失格なのではないだろうか?
商人は儲けてなんぼで感謝では儲からないのではないだろうか?

94: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 00:00:29.13 ID:QCtl9vMI.net
若い頃に海外に出て

直に異国文化に接した経験がないとこういう>>1感覚になりやすい。

バックパッカーでかまわんから世界を見てしたたかになれ。
そしてそういう人物だけに経営を任せろ。

こんな馬鹿じゃどうにもならん。

154: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 00:30:59.39 ID:GP7S1I4V.net
>>1
こういうお花畑ヴァカが日本を潰す

177: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 00:47:07.15 ID:139sQGk5.net
>>1
なんでこんなアホが副社長できたの?
上層部全員が、社員に対して
賠償金払うべきだろう・・・・・・・・どう考えてもおかしい

185: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 00:53:18.90 ID:U9iKU807.net
>>1
この馬鹿



こう言う企業は、潰れれば良いんだよ。

200: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 01:04:47.83 ID:PM85JtVJ.net
>>1
日本の半導体メーカーが壊滅した責任を取れボケ

つかシャープはホンハイに買収されろ
こんなボケ会社は中国人にボコボコにされて性根を叩き直せ

252: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 01:47:03.45 ID:QvwjrqXK.net
>>1
このレベルの経営者がグローバル化を叫んでいたから



結果は、

みえてるわなw

287: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 02:49:27.91 ID:fHnBMYbI.net
>>1
こんなバカ副社長がいるようなとこだから
シャープが傾いたんだろうな

300: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 04:02:17.03 ID:xh5TZ0MJ.net
>>1
頭悪すぎ
経営者には向いてない

312: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 07:31:42.22 ID:I/euR3FU.net
>>1
騙された馬鹿の懺悔記かよアホゥ。

318: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 07:40:41.32 ID:AqtQT9ge.net
>>1
この話は、未来永劫残すべき。

そして、チョンと言うものを、正しく理解する教科書にすべき。

320: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 07:56:22.94 ID:hRDP1rtJ.net
>>1
これ、李なんたらは明らかに算盤尽くだよな

糞喰いグックは、人たらしの才能はあるからね

お人好しの間抜けなオッさんが、
そうとは気づかされぬ内に売国に手を染めてしまうというね…

どうしてこうも、かりそめの友好に弱いかね?純正日本人は

322: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 08:00:12.40 ID:ycHzYQi4.net
>>1
本当なら驚くべきアホだな

個人的にオイシイ事たくさんあったんだろ?

331: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 08:14:44.83 ID:Yn3LQkEv.net
>>1
結局シャープの技術をサムスンにタダで流した売国奴ってことです。
感謝なんてされるなんてありません。
結果、日本家電業界全体の崩壊へと進んだのですねw

376: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 10:03:21.54 ID:2g9vD57k.net
>>1
半グレの腐った奴に金を渡してしまうと次々とせびりに来る。感謝は一切ない
韓国は国レベルでそういうクサレだってこと。団塊のバカ爺世代はホントに日本を毀損してくれるわ

387: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 11:09:18.49 ID:4j2pB4Yj.net
>>1
どれだけお人よしの日本人だよ。
関西経済人が聞いたら腹を抱えて笑うんじゃね。

388: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 11:11:15.16 ID:u4ShNnDY.net
>>1
愚かな者は厚遇しろ(丸め込め)の典型だね。
公私の区別がついてないし、個人云々よりサムソンという会社に利用されたことに未だに気付いてないし。
こんな人間トップにしちゃ駄目だよ。

395: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 11:57:04.42 ID:Vhx9Q4ig.net
>>1
これが団塊の世代の経営観か

ヤバすぎ

3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:27:13.37 ID:lJnVFJe9.net
阿呆だ

4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:29:15.08 ID:00MMeTCb.net
だから落ちぶれたのか

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:30:44.41 ID:V5uDH7ZS.net
いくらアホでも感謝されるために与えるなんて経営者いないだろ
何か裏があると考えるべき

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:33:01.01 ID:qJywDfwT.net
こういうのは分かってて日本を売ってるタイプ。
よい子のみんなはこいつのことを覚えておきましょう。

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:33:05.89 ID:0THImJaT.net
背任だろ

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:33:09.17 ID:AbP3X7wi.net
この人自身が 産業スパイだったということじゃよ

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:33:54.54 ID:oTA+kOvg.net
だから落ちぶれた。

14: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:34:55.64 ID:VCpvzpUW.net
【日韓】 亀山工場周辺を深夜に徘徊し、執拗に盗撮する韓国人スパイ(TV東京WBS)05/01/27放送
http://chosonnews.txt-nifty.com/han/2005/01/2005127_.html

15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:34:58.96 ID:c5yCF4mR.net
バカの極み

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:35:02.63 ID:BvDmuq8x.net
馬鹿以外に何でもない。同じ日本じんとして切腹を言い渡す。

18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:37:12.28 ID:YxhCtfib.net
一種の「放漫経営」なんだろうな。

19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:37:14.11 ID:yt6tlRNg.net
こんな低能が副社長とは

21: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:37:40.51 ID:dxs1rw33.net
こういう人のことを アホと言う

22: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:37:46.67 ID:T5eUyTx0.net
最後まで読んだ
結論
アホ

23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:37:55.67 ID:xfM/y2++.net
シャープ没落の張本人が
没落の理由を自慢げに語ってるのかwww

24: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:38:54.48 ID:3K7ad7jq.net
技術を無償で提供することが
友好だと思ってるのが団塊には多いんだよね

33: ◆65537PNPSA @\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:41:37.15 ID:HVrtaAgH.net
>>24
製造業なのに技術を重視しない経営者って
やっぱ経理とか総務とかばっかりしてきたんかな

130: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 00:15:04.44 ID:VSj5sSBp.net
>>33
技術畑出身にその手のバカが多い
ここ10年ぐらいで落ちぶれた企業はトップが大抵理工系

353: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 08:54:12.19 ID:DMKVrOy0.net
>>130
>>33
技術畑以外がトップになると良くないよ。



伝統的にソニーは技術畑がトップだったが…
技術畑以外がトップになり凋落した。

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:39:15.84 ID:+I+xsQqi.net
阿保の極み

26: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:39:16.29 ID:7cGRQbWA.net
バカがトップじゃ潰れても仕方ないね

32: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 23:41:22.33 ID:cdY5PdIK.net
恩を与えると恨む。それがチョン。

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1417184713/

関連記事

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


コメント


コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『あっ@名無しさん』と自動で表示されます。

※必須

相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ