1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/20(金) 23:58:11.03 ID:???
山は長く水は遠く/親を思う心は多く/どこで雁は鳴いて行くのか。

孤山・尹善道(ユン・ソンド、1587-1671)がこの時調を作ったのは1616年、29歳の時だった。咸鏡道慶源に島流しされた頃の作品だ。山と水は果てしなく続き、親に対する懐かしさは計りしれない。流刑地での悔恨と孝心が深くにじみ出ている。

同じ時期の日本に目を向けると、1616年、九州の佐賀県で大変なことがあった。朝鮮出身陶工の李参平(イ・サンピョン)が有田地方の泉山(泉山)で良質の高嶺土を発見し、日本初の白磁を作ったのだ。先週末、佐賀列車旅行で有田駅に降りた時、初めて目にしたのは「2016年は日本磁器産業400周年になる年です」とかかれた看板だった。

有田駅の観光ガイドは、私が韓国人だと知ると、突然「李参平先生は私たちの有田住民の恩人です!」と叫んだ。妙な気持ちになった。その明るく親切な表情に対し、「李参平はあなたがたの先祖が拉致したのではないのか」という言葉を取り出すことはできなかった。

壬辰倭乱(文禄の役)・丁酉災乱(慶長の役)は「陶磁器戦争」と呼ばれるほど、日本軍側が多くの朝鮮陶工を争って連れて帰った戦争だった。この人たちが陶磁器文化を日本に伝播し、欧州に日本陶磁器ブームを起こす先駆者の役割をした。

有田旅行に持っていった兪弘濬(ユ・ホンジュン)明知大教授の著書『私の文化遺産踏査記-日本編』が大いに役立った。本をあらかじめ読んでいたため、泉山の巨大な磁石場や陶祖李参平の記念碑、李参平を祭神とする陶山神社などを興味深く訪れることができた。陶山神社の境内にある松尾芭蕉(1644-94)の俳句作品を見ることになったのも、兪教授の本のおかげだった。「雲折々人を休る月見かな」。

しかし少なくとも李参平記念碑のすぐ下に位置し、李参平を神に祭っている場所であるのなら、芭蕉の淡々とした俳句より、親に対する深い思いを込めた尹善道の時調が似合うのではないかと思った。時調を作った年と、李参平が郷愁を抑えながら長い歳月をさまよい、磁石鉱を発見した年が一致するだけに。

一方で、こういう思いが浮かんだ。壬辰倭乱当時に日本に連行されなかった陶工が朝鮮の地にはるかに多くいたはずだが、なぜ朝鮮の陶磁器産業は大きく発展せず世界的な名声を得ることもできなかったのか、子孫にきちんと伝授されなかったのか、先祖を恨めしく思ったりもした。切ない質問を投じる。当時朝鮮に残った数多くの陶工のうち、私たちが記憶する人は果たして一人でもいるだろうか。

ノ・ジェヒョン論説委員・文化専門記者

http://japanese.joins.com/article/676/179676.html?servcode=100§code=140
no title

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:03:20.55 ID:H+q/KDyU
>>1
連行されたんじゃなくて、自由の地に逃げ出したのでは?・・・となぜ思い至らないのか。
朝鮮半島で白磁の技術が日本ほどの発展をとげなかった、最大の理由だと思うのですよね。

14: 東夷 ◆0fdmGas.n7Vo 2013/12/21(土) 00:03:42.99 ID:s5GeRJaN
>>1

いや、朝鮮に色絵や金襴手の技術はなかったし、
精巧なものを求める需要もなかったじゃん。

76: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:26:27.93 ID:owPkhGTW
>>1 wikiより
2005年7月、李参平の碑文に書かれている「1592年豊臣秀吉の文禄の役当時、李参平は日本に協力的だった」という文句について
韓国政府が抗議し、「李参平は1592年、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した時、鍋島軍に捕らえられ、道案内などの協力を命令されたと推定される」に修正された。

87: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:29:35.10 ID:08j/E2Bu
>>1

1.朝鮮半島で陶工は差別されていた
拉致後、日本で高級技術者として扱われた陶工らは、居心地がよくて
徳川の外交交渉後も殆ど半島へ帰国しなかった。

2.朝鮮半島には薪などの燃料がなかった
李朝白磁は豊臣秀吉の侵入後も命脈を保つが、残存する陶磁器をみても制作点数は減少の一途を辿り、
代わりに金属食器が士大夫などに好まれるようになる。朝鮮半島は現在でも金属食器の国だ。

そんなわけで、朝鮮半島では李朝末期から陶磁器は長らく焼かれることがなく、
近年長崎の波佐見から技術導入し、韓国国内での製陶が復活するに至った。

106: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:34:19.61 ID:i0Y/+oGd
>>1 「李参平先生は私たちの有田住民の恩人です!」と叫んだ。

韓国人の妄想力には恐れ入る。

113: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:36:19.78 ID:R9dLbNgJ
>>106
wiki
なお、今日一般に呼ばれている「李参平」という朝鮮名は、金ヶ江三兵衛が参平と記されること、
金ヶ江家の文書に本来の姓が李氏であったと記されることから、明治11年に谷口藍田氏によって
命名された名である。なお、「参平」の朝鮮語読みは「サムピョン」である。

つまり本名わかんねーw

108: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:34:44.27 ID:t4wSBFhz
>>1
>一方で、こういう思いが浮かんだ。壬辰倭乱当時に日本に連行されなかった陶工が
>朝鮮の地にはるかに多くいたはずだが、なぜ朝鮮の陶磁器産業は大きく発展せず
>世界的な名声を得ることもできなかったのか、子孫にきちんと伝授されなかったのか、先祖を恨めしく思ったりもした。
>切ない質問を投じる。当時朝鮮に残った数多くの陶工のうち、私たちが記憶する人は果たして一人でもいるだろうか。

まさにこれでしょ。
つまりその李参平がそのまま朝鮮に留まっていたら、他の朝鮮の陶工と同じく世界的な名声を得ることなく終わってただろう


それと、連行じゃないだろう

117: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:37:46.43 ID:f3bM5bCy
>>1
こういう記事を読むと今の朝鮮人って本当に恥知らずだと思う。
早いうちに日本に渡ってきた人は大活躍してよかったと思うよ。

今の朝鮮人は日本にこないでくれ。
おまえらは、世界の恥だよ。毒だ。
さっさと死ね。

133: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:44:55.72 ID:K28eLYeZ
>>1
朝鮮メディアのテンプレにそって書かれて
ちょっと分かりにくいが
素直な目で見たら、感心して羨ましいということかw

158: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:56:54.93 ID:LSPx0f1Q
>>1
陶工を奴隷扱いした両班どもを恨め

174: ココ電球 _/ o-ν ◆w48Rf4Prjghg 2013/12/21(土) 01:04:00.24 ID:2pTPNuC7
>>1
1616年って・・・・
室町時代を最後に白磁は廃れ、ワビサビの茶器にきりかわりましたけど?
1616年はもうすっかり白磁が下火だったとき

182: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 01:09:29.84 ID:R9dLbNgJ
>>174
朝鮮半島が日本の茶道に何の影響も与えていない、明らか過ぎる証拠
http://maaz2.iza.ne.jp/blog/entry/2642212/

ところで、皆様もご存じの通り、朝鮮半島人はよく「茶道の起源は韓国」だの
「韓国の茶禮が日本の茶道に影響を与えた」だの「朝鮮の陶工が茶道文化を形
成した」だのと寝言を垂れていますが、「影響」を与えたというわりには、


高麗物専用のお点前は、一つもありませんwww

2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/20(金) 23:59:03.53 ID:ExwEnJyn
捏造なの?

4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/20(金) 23:59:57.10 ID:hQb2fjqW
「朝鮮に帰りたくなかった」

ただそれだけじゃん

6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:00:47.17 ID:IV+EKIp0
先祖を恨むとか、ほんと呪われてんな

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:02:36.50 ID:lgXTKzy2
先祖を恨む・・・

この辺がもう我が国の考え方と違うわな

妬み嫉みが存在意義なのかw

11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:02:41.32 ID:FfUKTe05
当時から脱出ブームか(・・?

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:03:47.43 ID:Ph1vkrJY
陶工を重用しなかったからだろ

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:04:02.44 ID:X8Uf/Lha
なんでだろうねー

それに数百年かけても気づけないんだな、この民族

18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:04:04.75 ID:CRFnbue5
無理矢理拉致されてきた陶工が何故こんなに日本に協力的なんだか

19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:04:05.14 ID:UV8v8Nav
陶工を大事にしなかったからだろ

21: 生温かい溶接棒 ◆3YG6wkzfMQ 2013/12/21(土) 00:04:10.69 ID:xm3SDmBa
>朝鮮出身陶工の李参平(イ・サンピョン)が有田地方の泉山(泉山)で良質の高嶺土を発見し
>日本初の白磁を作ったのだ。

やはり当時の朝鮮半島出身の人間と、今の朝鮮人は人種的に違うらしい。

22: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:9) 2013/12/21(土) 00:04:20.78 ID:DU5I1SXi
負け犬朝鮮人の恨み節キタ━━(°∀°)━━!!

23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:04:24.64 ID:Cw9+TUE/
同じ半島出身でも血統が違うんじゃないんかな?

24: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:04:49.48 ID:PqRR220w
>私が韓国人だと知ると、突然「李参平先生は私たちの有田住民の恩人です!」と叫んだ。

ウソ臭い・・・・ (>_<)

164: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 01:00:22.60 ID:qRX//etr
>>24
言うわけないwwwwwwwwwww

27: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:07:04.32 ID:GRRtai5C
韓国玉璽や南大門の嘘くせぇ顛末を見れば、もしくは朝鮮茶道のクソみてぇなやり方を見れば
現代まで高麗茶器の技術が残っていようがいまいが名声とは無縁だろうよw

29: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:07:49.57 ID:F4YBwTSU
職人と奴隷が同義語では無理だ
今でもそうだからなお無理だ

30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:08:29.08 ID:F6jNg3Fc
昔半島に住んでいたのは朝鮮人
今生息しているのはチョウセンヒトモドキ
朝鮮人はヒトモドキに追いやられもはや絶滅寸前

32: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:09:02.70 ID:GscajF2J
成功するわけない。
他人の成功を見て功績の横取りを狙うだけだからね。

33: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:09:44.40 ID:n0XsLPaR
韓国人は日本に秀吉前から陶器がつくられてることを知らないのか?
日本派中国大陸から直接陶器も文明も仏教も道教も仕入れてて朝鮮半島なんかいらないんだよ

34: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:11:28.54 ID:IuyCrUYO
有田焼もここ20年で売上げが八分の一になって苦戦してるけどね
有田焼の影響受けたマイセンの方が世界的に有名で売れてるし

36: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:12:17.92 ID:gPYuFc8Y
技術オリンピックの金メダルのために躍起になるくせに
その磨いた技術を全く生かそうとせず
今日も中小零細を不必要に冷遇し続ける

37: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:9) 2013/12/21(土) 00:12:39.45 ID:G51HuV1P
今の在日と同じで幕府が朝鮮に帰そうとしたけど、泣いて帰るのは嫌ニダーって日本にすがりついたのが真相…

38: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:12:41.68 ID:QrqCSyo0
商業を終始軽視してたから
朝鮮末の様子を描いた書物とかでも出回ってる陶器は低レベルなものが殆ど
需要がその程度なので良い物つくる動機がない

103: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:34:03.63 ID:7U9K8s0w
>>38
商業蔑視に関しては、日本も信長→秀吉ラインが特異だっただけで、家康は農業重視、その後明治維新まで、士農工商だった訳だろ?
理由は、「金」の力は偉大すぎて、金さえあれば、それだけで「下克上」が可能になってしまうから。
信長、秀吉と天下人背中を見続けていた家康にしてみれば、そんな金の恐ろしさはよくよく身にしみて理解していた。
だから、せっかく苦労して耐え忍んで手に入れた、天下の座を、「成金」に脅かせられるのを恐れた。
それとともに、そんな成金たちが、再び天下をめぐって争い、また日本が戦国の世に逆行してしまうのでは、これまでの労苦がパーになってしまう。
だから、家康は、再び石高制っていう、従来の農地ベースのシステムを、そのまんま幕府に引き継いだ。
土地なら、幕府意向如何で、どうとでもコントロールできるしってことで。

まあ、日本が朝鮮と違ったところは、世界有数のオタク気質で、身分とは無関係に、「芸」の優れた者は、それはそれでリスペクトするって風潮があったから、職人さんがしっかりやりがいを感じてたってこと、そこだけだろうね。
小さいようで、実は大きな違い。

179: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 01:06:13.53 ID:QrqCSyo0
>>103
いや、朝鮮の商業軽視はちょっとやそっとのレベルじゃないから
直接 陶業を保護するとかそういうのじゃなく商業全般が停滞してる

日本はなんやかんや言っても特産品として重視してたし、幕末には輸出産業化を
計ってるからね

181: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 01:08:26.28 ID:H+q/KDyU
>>179
商業軽視って・・・利権大好き民族の本質とちょとずれてるようにも思いますが
産業と商業って、そういえばおおきな違いですよね。

184: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 01:10:21.76 ID:w3rT6vNg
>>181
まあ利権は富の分配の手法で、富の生産方法でなないですから。

197: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 01:16:36.04 ID:dC8hBzQD
>>179
現在でもそうだよね
スポーツも日本が絡まないと盛り上がらず、国内では赤字しか出てないし
文化振興なんて夢のまた夢

39: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:12:59.10 ID:Cbv0FQLs
いいモノは朝鮮半島には根付かないことになっている

42: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:14:05.09 ID:JCX8a/4q
バリバリの儒教国家で職人を尊敬しなかったからだな。
先祖を恨めw

45: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:14:52.96 ID:jgBY7P4S
人間の姿はしてるが、朝鮮民族自体が正常な人間に遺伝子的にも
発達していないという事にまだ気づいていないのに驚いた。
学者が正式に人類で朝鮮人だけがチンパンジー以下の異常遺伝子で
あったと発表してるのに。何故、世界中で朝鮮人の言動だけが嫌われる
のかマジで分からないようだな。やっぱり知能が劣るからそれさえも
気づかないのだろう。やはり朝鮮民族だけを隔離する方法しか
解決策はないのかも・・・

47: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:16:32.20 ID:GWaBYP5q
大店の旦那がいつまでも床の間の造作を始めない大工の棟梁を気長に
待つ国だからね。職人が好きなんだから仕方がない。

49: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:17:24.04 ID:+YxudSwr
朝鮮人は、みんな一人残らず貴人だからね…労働しないの。

80: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:27:15.63 ID:FBtFWoY2
>>49
両班階級出身と嘘ついて威張るだけの無能な怠け者のことを
日本では貴人と呼ばない

50: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:17:54.89 ID:KJ9cap3A
昔は技能に優れた人もいたみたい
繋がりはないけど

54: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:20:43.28 ID:8aXF+h97
なんか、ほんとぐったりする
いまだに韓国には職人差別の意識が残ってるんだな
まず、それを恥じろ

57: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:21:15.93 ID:qPM+7G7M
他人の成功に対して「如何に貶めるか?」と「如何に真似るか?」しか考えないのがウリナラクオリティ
文化なんてものは創意工夫と決して到達できない高みを目指す自己研鑽に一生を費やす者が一定数競いあって生まれるんだよ

58: 特別永住権の廃止 2013/12/21(土) 00:21:24.03 ID:sAYSlypN
アホめ、李朝時代がどんな国だったかを知らないからそんなバカが言える。
今の朝鮮人を見ろ、今の北朝鮮を脆、朝鮮に文化が生まれるか?10%の両班
が奴隷を顎で使い、僅かな農民が痩せた土地を件名に守り、半分は賎民とし
て日々命を繋ぐことで手一杯。そんな10%の特権階級が権力争いをして不正
を行い、農民を騙し、私利私欲を貪うっていた腐った国だった。だから陶工
などの職人は身分が低く、財産は騙し取らされ、逆らえば生命の危険が多い
李朝だった。だから倭乱で日本に連れてこられた後に帰国せず、日本に住み
付き陶工の技術を守った。日本では陶工なお技術を持つものは高く評価され
社会的地位も高く、富ももてた。当然、日本での新しい未来を以て生きてい
ったのは現在の在日とは違う。何故なら在日は嘘の祖国を信じていて自分達
の責務は果たしていない。にほんに集ることだけ主張し、社会に反攻し、祖
国の手先になって日本国を荒らしている匪賊だよ。組織は解散し、帰国せよ。
そして祖国の幼稚捏造歴史の教育を正し世界に通じる国に直せ。

61: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:21:44.79 ID:H+q/KDyU
日本でも古来から技術者の賃金的な待遇はさほど良いわけではない・・・。
ただ、人々はその技術に敬意をもって対応する、←これがかなり重要な待遇なのよね。
普通に文明の栄えた社会ではあたりまえのことなんだけどねぇw

63: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/21(土) 00:22:13.72 ID:uTWgitw/
昔も今も日本に来たら帰りたがらないのな

昔は技術者、今はタカリ
が違うけど

関連記事

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ


コメント

有田焼400周年に思う有田 参平  2014/10/28 15:35
 現代社会では人権に配慮して言動をするのが常識になってきている。2チャンネルの本音のを読んでいると、いくら本音とはいえ読むに堪えない。もっと相手を思いやる心情をお互いに育てていく環境を作っていくべきである。李参平さんは間違いなく、佐賀の産業に貢献した人物であり、それを素直に認めることは大切であろう。お互い過去の悲劇を水に流して、両国にとって未来を明るいものに変えていく努力が現在問われているのでは!
 過去の罪を忘れるのでは無く、しっかり教訓としながら、共に21世紀を生きる建設的な意見をかわすべきである。投稿されたノ解説委員さんも先祖を恨むよりも日本で成功された先祖を誇りに思うべきである。そうではないですか?

コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『あっ@名無しさん』と自動で表示されます。

※必須

相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ