1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:15:40.15 ID:???.net
「甘言、強圧」で女性を連行し、殺害・売春強制も
韓国人が世界の女性を「現代の性奴隷」にしている!


no title

 文=SAPIO本誌編集部

慰安婦問題で韓国は「第二次大戦中に日本軍20万人を強制連行して性奴隷にした」と全くの嘘を主張し、日本に謝罪と補償を求めている。その一方で、韓国が現在進行形で他国から女性を“強制連行”して“性奴隷”にしていることには頬被りしたままだ。

 韓国の国際結婚仲介業者が東南アジアから連れてくる女性を裸にして検査し、「妊娠の有無」「処女かどうか」をチェックする。この行為は合法である――昨年11月、韓国中部にある地裁でそんな驚くべき判断が示された。

 この裁判では結婚仲介業者の男性社長がフィリピン人女性に「裸の検査」をしたことが罪に問われた。被告の男性に有罪判決が下されたものの、判決では「検査される本人の同意があれば罪には問われない」とされ、「処女検査」自体に問題はないという判断を示した。さすがに今年4月の高裁判決では検査を違法とする判決が下されたが、そもそもそのような女性の人権を踏みにじる行為が現代に「先進国」を自任する国で存在すること自体、日本人には信じがたい。

 韓国では近年、都市部に人口が集中して農村部で深刻な「嫁不足」が起きていた。そこで政府は国際結婚を奨励。農村部では自治体から「国際結婚支援金」が支給される。金額は自治体によって異なるが、国際結婚する男性は300万~600万ウォン(約30万~60万円)を受け取ることができる。国策支援の結果、2000年代に入って韓国人男性と外国人女性の国際結婚件数は年間2万~3万件となり、全結婚数の1割程度まで急増。

 国際結婚の仲介業が活況を呈したが、冒頭の例のような暴挙を繰り返し、韓国に連れてきてからも夫が暴力を振るうなどの事件が続出した。多文化家族支援センターによると2012年までの10年間で韓国人男性と外国人女性の離婚件数は年間547件から7878件へと約14倍に増えた。挙げ句は国際結婚の仲介だと騙して売春を強制するケースまで指摘されている。

 まさに現代の“性奴隷”と言える問題なのだ。

「ベトナムの女性は逃げない」
が業者の宣伝文句


 国際社会も韓国人の蛮行を問題視している。

 2007年には米国務省がまとめた「人身売買報告書」に韓国の国際結婚仲介業者の宣伝看板の写真が掲載された。道端に掲げられた看板には「ベトナム絶対に逃げることはありません」と書かれ、韓国人がツアーを組んでベトナムやカンボジア、モンゴルなどに「花嫁を買いに行っている」という実態が報告書に記載された。

 女性をモノとして扱っていることが透けて見える文句だが、実際に花嫁として韓国に連れてこられた女性たちが被害者となる暴力・殺人事件は枚挙に暇がない。

 中でも痛ましいのは2010年に20歳のベトナム人女性が業者の紹介で結婚した47歳の韓国人男性に殺害された事件だった。韓国在住ジャーナリストが語る。

「女性が韓国にやってきたわずか1週間後に事件は起きました。男は取り調べに対して『彼女を殺せという幻聴が聞こえた』と供述し、精神科への通院・入院を繰り返していたことが明らかになっています。問題は仲介業者がその事実を知っていたにもかかわらず、女性側には隠していたことです。ベトナムに住む女性の家族には、結婚にあたってわずか175米ドルが男から支払われていた。『韓国でいい暮らしができる』という嘘の情報で騙される途上国の女性たちの存在が広く明らかになった事件でした」

 その後もベトナム人妻への暴行・殺人事件は後を絶たず、ベトナムでは国際結婚仲介業が違法となった。一方、カンボジアでは2010年に一時期、「韓国人との結婚を禁止」する事態となった。

「カンボジアでも、仲介業者が結婚相手となる韓国人男性について嘘の収入を伝えるなどのケースが発覚しました。中には女性を全裸にして検査を行なっていたり、実際に韓国に行ってみたら妻のいる男性の愛人にさせられたりする事例が報道され、カンボジア政府も規制せざるを得なくなった」(同前)

 韓国の仲介業者は途上国で「甘言や強圧を用いて」「本人たちの意思に反して」女性を募集していたのだから、これはまさに河野談話で日本が謝罪した行為をそのまま現代において韓国の業者が実践しているに等しい。

 狙われたのは東南アジア諸国だけではない。

 モンゴルでは、2000年代後半になって韓国人男性との国際結婚が急増。国家登録所のデータによれば、モンゴルにおける国際結婚の7割近くが韓国人男性とモンゴル人女性によるものだが、年間の離婚件数は結婚件数の61%(12年)にのぼる。

「11年には全羅南道で韓国人と結婚した21歳のモンゴル人女性が夫の暴力に耐えかねて家出し、同郷の友人の家に匿ってもらったところ、夫に居場所を突き止められて匿っていたモンゴル人女性が殺害される事件がありました。モンゴルでも韓国人との結婚は危険という理解が広がっています」(現地の日本企業駐在員)

 中央アジアのキルギスでは、「首都・ビシュケク市内に韓国人男性との結婚仲介所がある。結婚が成立すると男性は業者に2万5000米ドルを支払うといい、韓国に移住した女性が生活が辛いと離婚を言い出すと『大金を払ったのだから、妻は夫の言うことを聞くべきだ』と離婚を拒むケースがあります」(現地在留邦人)という。

 11年にはキルギス議会に結婚仲介業者のテレビ・新聞での宣伝を禁止する法案が提出され、英字メディアでは議員が「我が国の女性が性の囚人(sexual prisoners)になっている」と主張したと報じられた。法案は成立しなかったが、昨年3月にはキルギス政府のタリエワ・カミラ副首相が現地の韓国大使に対して「韓国人男性と結婚したキルギス人女性が韓国で不幸な結婚生活を余儀なくされ、酷い場合には死に至るケースもある」と抗議。韓国人との結婚禁止法案の検討を伝えた。

 これだけ各国で同じトラブルを起こしていれば、もはや一部の悪質業者や不心得者の問題とは言えないだろう。

フィリピン大使館が
売春強制に「警告」


 さらに悪質なのは、韓国に連れてこられた女性が売春婦にさせられるケースだ。

 昨年6月、フィリピン警察は韓国人男性との国際結婚を装って出国しようとしていた29人のフィリピン人女性について、人身売買であるとして出国を止めて保護した。その後、12月になって在韓国フィリピン大使館は「警告」の声明を発表。

 声明では「フィリピン人女性が違法な結婚仲介業者による紹介を受けたり、エンタテインメント業務での出国を装って人身売買されている」「彼女たちは韓国に入国するとすぐにパスポートなどの書類を業者や書類上の夫に奪われる。中には携帯電話の使用や所有を許されない者もいる」「エンタテインメント業務の名目で韓国に連れて行かれた女性が、いざ入国すると売春婦としての仕事をあてがわれ、約束されていた収入の半分しか得られないことがある」といった実態を指摘している。

 さすがに韓国政府も無視できなくなっている。2008年には結婚仲介業法が成立。続発する事件を受けて複数回にわたって改正が重ねられた。業者には男性側の犯罪歴や精神疾患の有無を証明する検査の実施が義務付けられ、「18歳未満の者を紹介する行為」「利用者に対し同時に2名以上の相手を紹介する行為」などが禁じられた。

 だが、“強制連行”が海外を舞台にしているだけに実効性には疑問が残る。昨年10月にも、韓国人男性から1200万~1500万ウォン(約120万~150万円)の報酬を受け取って複数のフィリピン人女性を斡旋するスタイルの仲介業者が摘発された。

「最近では、韓国人男性と離婚したいと思っているベトナム人女性からカネを騙し取る悪質な離婚斡旋業者も出てきました。弁護士などの資格を持っていると偽って離婚訴訟と滞在延長業務を請け負うのです」(前出の韓国在住ジャーナリスト)

 本誌は韓国で複数の仲介業者に取材を申し込んだが、多くの業者は取材主旨を説明すると突然電話を切るなどして取材を拒否。

 唯一電話取材に応じた業者はこう語った。

「うちの会社は違法になるような紹介の仕方はしていない。ベトナムでカップルを引き合わせるが、その前に韓国の男性とベトナム人女性の間で自己紹介書を交換してもらう。互いに気に入ったら、男性に現地まで足を運んでもらって1対1で引き合わせる。ベトナムで結婚仲介業は禁止されているが、このやり方なら紹介はネット上でやるから現地の法律にも抵触しない。現地で女性に会った翌日に結婚する男性もいるし、出会って1週間後くらいに式を挙げるケースが多く、利用者には満足してもらっている」

 悪質な業者の存在については「コメントのしようがない」と言うのみだった。

 韓国政府が批判を続ける「慰安婦問題」とは、実態としては朝鮮の売春斡旋業者が女性を募集したものだった。慰安婦の中には貧しい家庭に生まれたために人身売買された女性もいた。当時、売春は合法であり、日本以外の国の軍隊でも慰安婦制度はあったが、このやり方が現代において絶対に許されないことに異論を唱える日本人はいない。韓国は世界中に慰安婦制度は性奴隷だったと猛アピールしているが、現代の韓国で行なわれていることこそ国際常識にも人権にも反する性奴隷制度そのものだ。

 元慰安婦らが組織する韓国挺身隊問題対策協議会などの団体は「嘘の情報で騙して貧しい女性を買い、暴力を振るい、売春を強制する」という韓国人による現在進行形の“性奴隷”問題については、取り立てて批判をしない。

 慰安婦問題を巡る日本への罵詈雑言は、そのまま彼ら自身に向けられるべきものだ。

(SAPIO 2014年6月号掲載)
niftyニュース 2014年5月26日(月)配信
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20140526-01/1.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20140526-01/2.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20140526-01/3.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20140526-01/4.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20140526-01/5.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20140526-01/6.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20140526-01/7.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20140526-01/8.htm

2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:17:00.95 ID:x8XmOwzD.net
朝鮮人は諸悪の根源

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:21:52.49 ID:q8cv9/u+.net
韓国大使館の前に少女像建てようぜ。
目のつり上がったエラが可憐なフィリピーノを襲っている姿の。

6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:24:54.94 ID:X8RCCsUL.net
まあ当時の朝鮮人は日本人だからな~。
なにひとつ変わってないってことでしょ。

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:28:44.92 ID:sG/8FqG6.net
勇敢なる国技伝承者達マンセー

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:35:07.84 ID:3ZK1gkkP.net
慰安婦(笑)と併記するのはよくない。
相殺しようとしてるようにしか見えない。
あれ捏造なんだから、そう主張し続ければいいし、
それとは別に糞食いによる
性奴隷犯罪を批判すればいいだけだ。

14: マスゴミ@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:36:03.47 ID:sIL+772l.net
この記事を全世界に英語、仏語、
スペイン語、ポルトガル語で配信したら。

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:37:41.02 ID:4ghEctXD.net
日本国内でも鮮猿業者が
がんばってるニダよ

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:37:55.60 ID:H2vh6Ave.net
知ってる

20: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:43:47.12 ID:fNwb03Xc.net
慰安婦=売春婦ってよく聞くけどさ、
彼女たちは、どんなことさせられてたわけ?

22: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:44:46.96 ID:fNwb03Xc.net
>>20
言いにくいんだけど、
3P3穴当たり前のハードポルノの数倍ハードな性行為。
おまけにポルノの場合、台本も契約もあるけど従軍慰安婦はそうじゃない。
軍事力を背景に強制徴用されたガチの性奴隷。
売春婦っていうのは大間違いだよ。

23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:45:11.79 ID:fNwb03Xc.net
>>22
マジか…。
デリヘルやソープ、デビュー作的なAVを想像してた俺がアホだった。
ってことは、日本軍=アフリカで女子高生さらった連中…じゃね?

25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:45:46.03 ID:fNwb03Xc.net
>>23
うーん、そういう評価も仕方ないね。
日本人としては残念だけど、きっちり謝罪すべきだとおもう。

39: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 23:25:57.59 ID:6ioavljO.net
>>25
劇団一匹w

24: 亜生肉 ◆fD0UyRfttY @\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:45:42.91 ID:1s6rUGZP.net
鮮人なんぞ庇わず公の場で
こういう連中ですと周知徹底させるべきだな

27: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:47:15.98 ID:PcUgSOr0.net
またテョンか

28: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:50:09.82 ID:LTF36nZC.net
韓国・朝鮮人伝統の人身売買は、今も続いている訳だが
当然の如く、その始まりは古いと考えて妥当なのではないか?

慰安婦詐欺ババアは、朝鮮人の人買いにカモられたってことですよ

29: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:50:27.27 ID:ySliZtX1.net
日本にも5万人を超える韓国人売春婦がおるんやで

そいつらの稼ぎが朝鮮ヤクザに行き、
しばき隊などの活動資金になってるねん

30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:51:04.95 ID:PcUgSOr0.net
>>29
朝鮮人売春婦は禁止すべき

31: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 22:55:34.05 ID:aBW82ekO.net
俺もこのサピオの記事本屋で読んだ。
今の韓国人がやってることって現在進行形だからねー、酷いよなー。
フィリピンのコピノの問題もあるし、
まあこれだけ今現在アジア中心に韓国男性の
性の問題や国際結婚問題が大きくなってるのに、
韓国政府は反日やってる場合じゃないだろうが??
全く理解不能な民族だよ。

32: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 23:01:19.68 ID:Mo6MSpoU.net
従軍慰安婦問題に熱心な韓国は
なぜか現在進行形の韓国人売春婦や
韓国人売春斡旋業者は見てみぬ振り。
役立たずの国連の
人権委員会は何をやっているんだ。

36: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 23:08:14.06 ID:KgPkogGi.net
ID:fNwb03Xc
この朝鮮人、自演だと知っててカキコしてるの?

40: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 23:27:08.80 ID:6ioavljO.net
>>36
そうみたい。このところ毎日やってる。

37: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 23:10:57.41 ID:0esYmuTQ.net
戦時中の「強制連行」も朝鮮人が他人の娘をかどわかしたり、
自分の娘を売っぱらったりしたんだけどねw

41: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 23:30:34.93 ID:sMYPhs2g.net
昔合同結婚式に出てて
それっきり報道ナシの女性たちも、
ほとんどが奴隷にされたんだろう

43: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 23:50:52.85 ID:tUUlH9fq.net
額に汗し手に豆を作って働くより男と寝るのを選ぶキムチ女

韓国では古来体を動かしての労働は卑しいとされた
寝るだけで金になる売春は卑しくなかったのか?w

キーセンになりたがるキムチ女が多かったので学校まであった

45: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/05/28(水) 00:02:32.92 ID:TLzWEfrP.net
>>43
不正な手段であっても楽して儲けるのが
朝鮮人のジャスティスだからなw

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1401196540/

関連記事

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ


コメント

じゅん  2014/06/03 12:43
韓国人、全員消えればいいのに

コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『あっ@名無しさん』と自動で表示されます。

※必須

相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ