no title
1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/03(土)14:16:58 ID:3d7W6Wbqk
 多数の高校修学旅行生らが犠牲になった韓国・セウォル号の沈没事故をめぐる対応では、改めて日本と韓国の文化的な相違が浮き彫りになった。日本人と韓国人の感情表現には、現代の若い世代も隔たりを覚えている。在日コリアンで日本に帰化したノンフィクションライターの朴順梨氏は、みずからの体験をこう語る。

「母方の祖父が亡くなったとき、葬儀で祖母は棺にしがみついて大泣きしていました。いつまでもしがみついて泣き続けていたので、葬儀屋さんが『奥さん、そろそろ時間ですから……』と祖母を棺桶から引きはがして出棺した。まるで韓流ドラマのワンシーンのようでした」

 朴氏は群馬生まれの群馬育ちなので、こういった韓国の儒教文化に触れると違和感を覚えるという。初めて韓国に行ったときにはこんなこともあった。

「ホテルマン同士が喧嘩しているところを見ました。決してグレードの低いホテルではなかったんですが、エントランスのところで制服を着たホテルマンが相手の胸ぐらをつかんでやりあっていてビックリした。

 知人の在日の人に聞いたのですが、『韓国人は喧嘩をする場合、周りに見せるのだ』と。自分の味方になってもらいたいから、あえて派手に見せるそうです」

 ここからも、激しい感情表現がある種の戦略であることがわかる。朴槿恵大統領が、日本批判のために米国はじめ世界にアピールを繰り返すのも、こうした文化的背景が影響しているのかもしれない。ただ、今回の沈没事故では、韓国社会に起きている大きな変化も表出している。新潟県立大学政策研究センターの浅羽祐樹准教授はこういう。

「犠牲者の多くが修学旅行中の高校生だったことが大きなポイントです。1997年の通貨危機以降、韓国は非常に厳しい競争社会となり、格差も拡大している。韓国語では我々(WE)のことを『ウリ』と言うが、生活に余裕がなくなっているため、ウリという言葉が示す範疇が民族から一族、そして家族へと、どんどん狭まっている。核家族化が進み、社会保障も日本ほど充実していないので、韓国では投資対象が『子供』になっている。その子供が被害者となったため、多くの韓国人は自分の家族と重ね合わせて衝撃を受けているのです」

※週刊ポスト2014年5月9・16日号
2014.05.03 07:00│NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20140503_254362.html

2: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:22:06 ID:o6EVRyzbm
そうかもしれないけど、DNAが問題では
トッポギが辛くて大暴れ
https://www.youtube.com/watch?v=rhz2y47z8UA


3: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:22:56 ID:Fv5qxlU67
泣き屋と同じで被害者アピールだろ

4: 一般人♪ 2014/05/03(土)14:25:17 ID:nCKxQPYqt
火病フルコース♪

5: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:28:08 ID:VvVuKHR6B
感情を戦略に使える冷静さはいいと思うが
それだけなんだよなー
相手が自分の舞台に乗ってこないと、
話を進めることができない

他者依存の一つ

6: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:29:54 ID:Dq7tB45Je
リストカットといっしょ。
本当に自殺したいのではなくて、
自殺したい自分を周辺にアピール
したいというヒステリー発作。

8: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:34:56 ID:mIvnEkXVy
>知人の在日の人に聞いたのですが、『韓国人は喧嘩をする場合、周りに見せるのだ』と。自分の味方になってもらいたいから、
あえて派手に見せるそうです」

喧嘩が始まったら寄ってくる国では有効かもしれんが、日本じゃどちらも悪扱いでFA。

9: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:39:02 ID:TGna1UkUM
(◎__◎;)プロの被害者ビジネスは、
奥が深いようです。

10: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:45:11 ID:h3dIceqxM
(*´ω`*)あー南北プロレスの仕組みの話か。

11: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)14:53:25 ID:eoGbXuL9w
朝鮮伝統の声闘(ソント)ですよ
正しい、正しくないに関わらず
声を大きく最後まで自分の意見を喚き続けたものが勝つというw

14: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)15:34:22 ID:VKoVVbhas
結局金かよwww

15: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)15:34:37 ID:bS2rMEM46
構って欲しいニダ

16: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)17:11:18 ID:8ZK0KVpX1
(´・ω・`)要するに朝鮮人が何やってても
無視しとくのが一番ってことだよね

19: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)17:38:10 ID:dEuHlYD5n
明らかに自分より弱いもの相手にする時以外は外圧に頼るからだろ
泣き叫び同情心を集めて外野に相手の立場を落としてもらおうとする
根本は事大主義なんだろう

20: 見物人 2014/05/03(土)18:01:10 ID:idUlMG1CD
これは中華文明の本質的部分、これが判ると中韓の行動が判るようになる。

日本人と中韓人では喧嘩のルールと言うか原則が異なる。
個人レベルの喧嘩から戦争に拡大してもこの原則は変わらない。

これは例の朝貢制度が何故生まれたのか? を考察した古代史家が唱えた説。
日本人にとって喧嘩とは相手との戦いを意味するが、中韓人にとってはやや異なる
中韓人にとって喧嘩とは相手と戦いは主眼ではなく 周囲の目にどちらが優勢に映ったかを
争うものであり、一種の採点競技なのである。

対立するA,Bがいる、その対立を日和見する群衆がいる。
そのA,Bは互いの優勢を競って威嚇しあう、優勢に見えた方に日和見の群集がなだれ込み勝敗が付く
その勝敗を示すために群衆は敗れた者を それこそ血祭のフルボッコにしてみせる。
これが中国における戦争の原則である。

三国志において敗れた者の死体を群衆が凌辱する場面がある、例えば董卓の最後とか
いかに董卓が民衆に憎まれていたかと表現されるが実態はチョット違う、中国における一つの勝負が
ついた終了のホイッスルなのである。

21: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)18:10:50 ID:z5BeyfTV1
>>20
それは【相手が弱いもの】の時だけ
無抵抗の老人や女性とかな

強者に媚びるのは変わらない

26: 見物人 2014/05/03(土)18:33:51 ID:idUlMG1CD
>>21
そう、日和見する群衆の原理はそれ、
強者に媚び勝ちそうな側に加担する以外に行動規範はない。
そして無抵抗になった敗者を鞭打つ時だけ勇ましい。
指導者は そんな群衆をいかに自分の側に
引き込むのかを競い合っている。

23: 見物人 2014/05/03(土)18:13:25 ID:idUlMG1CD
日本人にとっては無関係な野次馬だが 
中韓人にとっては野次馬は審判である。
そして威嚇しあうA,Bが優勢を争うわけだが、
この優勢な雰囲気こそが中国人の”メンツ”なのである。

中国人にとって”メンツ”は戦争の勝敗を分ける 
それこそ命がけのものなのである。

朝貢制度に関しては、
あれは王朝が確立してから行われるものではなく、
二つの王朝が覇を競う段階で
発生したもので、周辺の民族を集める、

すなわち野次馬群衆を多く集めて優勢に見せるためではないか?
というのがこの説の主眼である。
故に王朝が確立してしまえば周辺民族などに用はなく、
徐々に朝貢が制限されるようになる。

そして中韓人にとっての戦いのメインは優勢の誇示のし合い、
だと判るとその行動が判るようになる。
日本人から見ると時に滑稽である。

軍隊はその実力をぶつけ合うものではなく強そうに見せ合うものになる。
言論、プロパガンダはむしろ中心と言ってよい。
2chネラーなら知ってるであろう、あの中国の報道官の勇ましいこと、
韓国の10年後には、とか
羅媛少将とか、日本人から見ると
??????????な言動の数々はこれが理由だと判ると吹き出したくなる。

軍の装備も同じ、
弁慶の七つ道具のように雑多な武器を背中に負って「ウオー ウガァー」と
強がってる奴を想像されたい。
その道具は 実用ではなくいかに強そうに見えるか、が主眼に集められたもの。

軍オタ達が首をかしげる中国の空母なんぞはその最たる例。
中国人にとっては空母はその軍事力が目的なのではなく
ステータスが目的なのである。

中国人のこの原則は個人レベルで見ても変わらない。
個人的に付き合ってみて実に良い奴が多いのである。
そこで中国は国はアレだが 
個人では良い奴、と思う日本人が多いが危険な錯覚である。

相手が良い奴で居る時は周囲に他の中国人がおらず 
1対1である場合がほとんどのはず。
つまり自分の優位を見せつけるべき周囲の目が無い状態なのである。
この状態は中国人にとっては いわば休憩中に等しいのである。

個人的に知り合いが居る場合観察してみると良い、一人でいる良い奴である 李 と
周囲に中国人が居て その集団の中にいる 李 は違う人間なのである。

さらに付け加えるならば戦いの相手の選定には 相手の意思は関係がない。
周囲の目へのアピールが目的なのだから それが達成できる相手を選ぶのであって
自己への敵対意図を持っていなくても選ばれることがある。

何故今日 日本にこれほど敵対してくるのか
その意図を測りかねている日本人は多いだろうが
中国史の原則からすればそれほど不思議ではない。

良くも悪くも日本は 自分がアジアにおける
メルマークであることを自覚する必要がある。

中韓から見た日本はアジアの覇王なのである。
その覇王を打ち負かし、自らに跪ずかせ、
それを周囲に見せつけた時、初めて彼らは先進国(旧列強)
になることができる。

とんでもない古代人なのである、日本はこんな思想に付き合う義務は無い。
だが現実に存在しているのだから対処は必要になる、
間違っても理解し合おうなどと考えてはいけない。

25: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)18:31:43 ID:7aos8jCm4
タイマンで喧嘩も出来んのか、事大民族

28: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)18:43:36 ID:4oyMmQjKI
なんでこんな事が話題になるの?

30: 名無しさん@おーぷん 2014/05/03(土)18:52:09 ID:z6u4kDOep
テョン少佐「認めたくないものだな、弱さ故の事大ということを・・・」

31: 清野幹文 2014/05/03(土)18:55:56 ID:utiX4KfjV
日本人には理解できない

引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1399094218/

関連記事

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


コメント


コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『あっ@名無しさん』と自動で表示されます。

※必須

相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ