1: 蚯蚓φ ★ 2013/11/04(月) 21:06:07.29 ID:???
全州地方裁判所第4刑事部(裁判長カン・サンドク)は4日、
寝ていた女子中学生を性暴行しようとした容疑
(児童・青少年の性保護に関する法律違反など)で起訴された
キム某容疑者(44)に懲役3年、執行猶予5年を宣告した。

また、キム容疑者に5年間保護観察を受け取ることと120時間の
社会奉仕および40時間の性暴行治療講義受講を命じた。

キム容疑者は7月17日午前1時30分頃、
全北(チョンブク)完州郡(ワンジュグン)参礼邑(サムネウプ)
のあるアパート1階にあるAさん(14)の家でAさんを脅し、
醜行した後、性暴行しようとした容疑で起訴された。

キム容疑者はベランダの窓を通って居間の中まで侵入し、
Aさんが眠りから覚めるとすぐに性暴行を試みたが、
勃起しなかったせいで未遂に終わったことが調査された。
キムはまた、Aさんの身体を自分の携帯電話カメラで撮影した容疑も受けている。

裁判所は「この事件の犯行がその罪質と犯行意図が非常に良くないばかりか、
被害者が体験した恐怖感と性的侮蔑感が
非常に大きいとみられる点などに照らして被告人を厳しく処罰するのが当然だ。
ただし、被告人が初犯で、性暴行が未遂に終わった点、
被害者側と円満に合意し被害者側が被告人の
処罰を望まない点などを勘案した」と明らかにした。

パク・ヒョイク記者

ソース:ニュース1 (韓国語) ベランダ侵入、女子中学生性暴行しようとした40代
http://news1.kr/articles/1390954

関連記事

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


コメント


コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『あっ@名無しさん』と自動で表示されます。

※必須

相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ