1: 名無しさん 2014/03/12(水)19:31:30 ID:xJNITRB0w
【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は12日の防衛事業推進委員会で、北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を来年から導入することを決定した。また、射程70~80キロの次期多連装ロケット(MLRS)を2020年までに国産技術で開発する。

 PAC3は北朝鮮が発射した弾道ミサイルを最高40キロの上空で迎撃する。韓国型ミサイル防衛(KAMD)の主力となる。6月に外国企業を対象に入札公告を行い、12月中に契約企業を選定する。

 また、次期多連装ロケットは今年から2020年にかけて開発、量産する。次期多連装ロケットの射程は北朝鮮が運用する240ミリロケット砲(射程60キロ)より長いが、北朝鮮が今月発射した300ミリロケット砲(射程150キロ)よりは短い。

 同庁は「現在運用中の130ミリ多連装ロケット(射程23~36キロ)と比べ射程が長く、敵の長射程砲の基点を打撃できる」としている。

2014/03/12 17:36 聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/03/12/0900000000AJP20140312002900882.HTML

2: 名無しさん 2014/03/12(水)19:33:32 ID:eweSQtj9z
相手は野砲だと何度ry

3: 名無しさん 2014/03/12(水)19:41:37 ID:plzKX3ow0
どうせろくに機能しないんだろ?
ミサイルと一緒に降ってきて被害拡大とか期待

5: 名無しさん 2014/03/12(水)19:42:47 ID:yRXh6gy4N
お笑い韓国軍

6: 名無しさん 2014/03/12(水)20:02:19 ID:clpU4miqM
え、買うの結局?
アメリカから?中古じゃないよな?

7: ひまなひと 2014/03/12(水)20:08:46 ID:9O3msRmTs
予算あるの?

8: 名無しさん 2014/03/12(水)20:14:49 ID:ZaU7i2nd3
草不可避wwwwww
北鮮未満のくせにwwww

9: 名無しさん 2014/03/12(水)20:17:21 ID:6PlnFj89r
きたでーーー
シナ様、今度こそドイツのおさがりでなくw
最新式のPAC3です  

花火ではありませんw

11: 名無しさん 2014/03/12(水)20:29:30 ID:MZrU4PtQC
ソウル狙われたら、間に合わないでしょ!

12: 名無しさん 2014/03/12(水)20:29:50 ID:yr2SUDOeK
イスラエルのアイアンドームだっけ?あっちの方がよっぽど有能な気がするんだけど

14: 名無しさん 2014/03/12(水)20:39:59 ID:O0p1NF9Df
>>12
つうか、あいつらアイアンドームを導入するとかぶち上げていたぞ、確か

19: 名無しさん 2014/03/12(水)20:45:06 ID:yr2SUDOeK
>>14
そうなんだ、だとするとなおさらPAC3なんぞ要らないよね
北と南の距離だと打ち落とす前に着弾しちゃうし、仮想敵国の日本だって同じ様なものじゃないか?

26: 名無しさん 2014/03/12(水)20:54:39 ID:U2CUhg1pM
>>19言ってる事は理解できるけど、それでも韓国にとってPAC3役には立たないよ?
だって日本が韓国をミサイル攻撃するなんて絶対にありえないからww
つまりは、韓国は全く使い道のない兵器を毎年とんでもない維持費をかけて導入するって事w

31: ひまなひと 2014/03/12(水)21:15:50 ID:9O3msRmTs
>>26

> つまりは、韓国は全く使い道のない兵器を毎年とんでもない維持費をかけて導入するって事w

韓国軍って兵器の整備を軽視してるので、維持費はそんなにかからないと思うw
確か戦闘機の共食い整備とか、北朝鮮が攻撃してきたときもまともに反撃出来なかったって言う記事なかったっけ?

まあ税金の無駄遣いであることには変わりはないがw

40: 名無しさん 2014/03/12(水)22:17:42 ID:yr2SUDOeK
PAC-3はかなりお値段が高いんじゃ無かったかなあ、で前回は見送ってPAC-2にしてた記憶が

>>23
調べてみたら日本は短距離弾道ミサイルも持ってないんだな
仮に持ってたら到着までに数分、迎撃体制が整う前に着弾しそう
アメリカならトマホーク撃ちまくるだろうな・・・

>>26
個人的には軍備増強は別の目的があるんじゃないか思うけど

13: 名無しさん 2014/03/12(水)20:33:37 ID:51GopV0FO
う~ん実際の所どの程度のものが作れるのだろう?
今まで作ってた兵器って面白兵器ばかりだったからなあ。

15: 名無しさん 2014/03/12(水)20:41:59 ID:sRAyzjYnR
以前は「10年後」だったけど、
ここんとこは2020年が合言葉だなw

17: 名無しさん 2014/03/12(水)20:43:25 ID:51GopV0FO
>>15
すると次は永遠の10年ではなく、合言葉は”2020年問題”かw

18: 名無しさん 2014/03/12(水)20:44:06 ID:bcuWxG6RK
…まあ、他の的外れな装備強化に比べればまとも
でもソウルがあの位置にある限り役立つ間もないぜ

20: 名無しさん 2014/03/12(水)20:45:53 ID:aN26wLoq2
発射する前に大爆発起こすんでしょ。

21: 名無しさん 2014/03/12(水)20:46:58 ID:51GopV0FO
>>20
中国製ではないので炎上するだけの模様

24: 名無しさん 2014/03/12(水)20:49:42 ID:U2CUhg1pM
断言してもいいよw絶対に役に立たないw
なぜなら北朝鮮軍の主力はミサイルじゃなくて野砲だからw
しかも韓国の首都ソウルは射程圏だから撃ち込まれた時には
PAC3なんて無用の長物と化してるwww

27: 名無しさん 2014/03/12(水)20:56:48 ID:ilC5zwymd
適当にアメリカ製を買い物しないと告げ口聞いてもらえなくなるでそ

28: 名無しさん 2014/03/12(水)20:57:07 ID:6PlnFj89r
西側兵器はシナに高値で取引される
10倍で吹っかけても買ってくれるw

29: 名無しさん 2014/03/12(水)20:58:22 ID:C1lxBt0Tb
何と言うか、地に足がついてないんだよなぁ

30: 名無しさん 2014/03/12(水)21:07:49 ID:51GopV0FO
これ、北のミサイル迎撃は建前で、
中国や日本を対象としているのだろうな、
というのは簡単に予想がつく。

32: 名無しさん 2014/03/12(水)21:19:44 ID:6PlnFj89r
韓国は武器融通をシナとしているから時々実射訓練で証拠隠滅しないといけないw

一度分解された兵器はまともに機能しないw

34: 名無しさん 2014/03/12(水)21:54:51 ID:1HhtDNPd6
PAC3を買うまえに買うものがあるはずなんだけどなぁ

36: 名無しさん 2014/03/12(水)22:03:11 ID:vxKQENmL4
>>34
とりあえず。人間からかなぁ・・・

35: 名無しさん 2014/03/12(水)22:00:14 ID:201eHLcTf
PAC3を買って、国産技術で
複製・強化すれば次期多連装ロケットは出来たも同然

37: 名無しさん 2014/03/12(水)22:07:59 ID:51GopV0FO
せめて靴や服、なんとかしてやれよ。
あと宿舎、あれも酷いとか通り越してるだろう。

38: 名無しさん 2014/03/12(水)22:08:48 ID:r3yTcqpwP
対北で撃たれてから対処しても無理じゃね?

39: 忍法帖【Lv=7,グール】 2014/03/12(水)22:12:34 ID:DoMz4sNez
撃たれたら時間的に間に合わんと聞いたが

42: 名無しさん 2014/03/12(水)23:35:05 ID:3OgaVsyol
迎撃できるだけであって迎撃するとはいってないぞ
きっと直接北朝鮮に向かって打つんだろ

引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1394620290/

関連記事

コメン卜コメント(3)  ↑上へ↑上へ


コメント

あっ@名無しさん  2014/03/13 21:28
 PAC-3の複製品で大儲けニダ!と考えているんだろうけど、そもそも売ってもらえるのか?実質破綻しているところに出世払いで取引してくれるなんてありえないし、中国への横流し説が浮上しているところに最新技術は提供しないだろう、国際常識的に。
あっ@名無しさん  2014/03/13 06:17
来年購入って…まだ3月だぞ?
それに今の経済状態で来年まで国があるのか?
あっ@名無しさん  2014/03/13 03:19
うん,えがったえがった
どんどんやれ.金を使え.どっかにあるんだろう.
よかった.
ところでメーカーはどこになるんだろう.
いいぞ韓国.其の調子.

コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『あっ@名無しさん』と自動で表示されます。

※必須

相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ