1: 名無しさん 2014/03/08(土) 10:58:16 ID:NHzidTpxA
近く第2部連載開始、単行本発行も

日本による悪辣(あくらつ)な植民地支配が頂点に達していた1942年、韓半島(朝鮮半島)の貧しい村の川べりで、少女のバラバラ死体が発見された。誰かがその死体に平仮名で落書きをした。「かちく(家畜)」と。

イ・ムギさん(34)=本名イ・ジェチョル=のウェブ漫画『すくすく育った子』は、日本統治時代の収奪や慰安婦問題を描いた作品だ。昨年8月から今年1月にかけ、あるポータルサイトで第1部が連載されていた間「面白いけど腹が立つ」「読んでいる間、鳥肌が立ち、涙が出そうだった」などと、怒りや悲しみに満ちた反応が寄せられた。

インターネットユーザーによる評価は1位(9.8点)で、1回当たり5000件以上も「いいね」が付けられ、単行本の出版も控えている。今月半ばごろには第2部の連載も始まる予定だ。イさんは「デリケートな内容のため、連載するたび負担も感じられたが、慰安婦問題に対する関心を高められ、やりがいを感じる」と語った。
no title

主人公は14歳の少女を含む村の住民たちだ。第1部は村の住民たちが日本軍や親日派によって苦しめられる内容で、第2部は少女が慰安婦、住民たちが兵士として連れていかれるという内容だ。

 イさんは2012年12月、この漫画を描こうと思い立った。「日本側の妄言がかなり増えた。ニュースを見て怒りを覚えるとともに、漫画家として、おばあさんたちが受けた苦痛を表現したいと思った」。その後、歴史の本を読みあさり、関連する写真も探して、8カ月にわたり資料を集めた。漫画に登場する銃も、『三八式有坂銃』など、当時実在したものを細かく描いた。読者たちの関心はかなり高まった。ちょっとでもミスをすると厳しい指摘を受けた。「昔の雰囲気を出すため、何気なく『部落』という単語を使ったところ『それは日本式の表現だ』と抗議されたこともある」とイさんは話した。

 漫画の画面の下には常に、在韓日本大使館の前に設置された(慰安婦を象徴する)少女像のイラストと「少女は今でも待っている」という文言が挿入されている。イさんは「私もあの(元慰安婦の)おばあさんたちが必ず受けなければならない、日本からの心のこもった謝罪や補償を待っている」と語った。

チョン・サンヒョク記者
2014/03/08 10:27 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/08/2014030800620.html


6: 名無しさん 2014/03/08(土) 11:34:15 ID:jyOR6VHTw
>>1
意味が分からん
何で、韓国の川べりで慰安婦?

つうか、韓国の貧しい村に行って落書きする日本人って
どんな日本人よ?

2: 名無しさん 2014/03/08(土) 11:00:02 ID:6Jz1tPp3a
これ元が日本のAVなんだが3年前のどんな時空間に住んでるんだ

3: 名無しさん 2014/03/08(土) 11:01:40 ID:UCTrVf91O
日本は慰安婦問題を認めるニダ!!
この漫画が証拠ニダ!!

…バカだな。

4: 名無しさん 2014/03/08(土) 11:04:45 ID:ZugqB9sjM
バカヒのさっさと証人喚問やれよ!!
うざくてしょうがない!!

5: 名無しさん 2014/03/08(土) 11:18:01 ID:A56RWG2Ey
>主人公は14歳の少女を含む村の住民たちだ。第1部は村の住民たちが日本軍や親日派によって苦しめられる内容で、
>第2部は少女が慰安婦、住民たちが兵士として連れていかれるという内容だ。

胸くそ悪いだけに思えるけど
面白いと感じるのかww
朝鮮人はwww

8: 名無しさん 2014/03/08(土) 11:48:52 ID:RtHbi4lex
朝鮮ウェブ漫画に
朝鮮ネットユーザーが高評価ってだけだろ。


10: 名無しさん 2014/03/08(土) 11:51:03 ID:6Jz1tPp3a
<丶`∀´> 最高のおかずニダ

11: 東京ロマンチカ◆TOKYOSOIww 2014/03/08(土) 12:59:41 ID:9GX3dOiZT
>漫画に登場する銃も、『三八式有坂銃』など、当時実在したものを細かく描いた。
三十八式歩兵銃、もしくは有坂銃はあるが…
本当に細かく調べたのか?

引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1394243896/

関連記事

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


コメント


コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『あっ@名無しさん』と自動で表示されます。

※必須

相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ