1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 23:00:53.17 ID:???.net
ローマ法王訪韓の思わぬ置土産に苦悩する朴槿恵

no title
法王を3度も接待したのに…… Photo:Kyodo

 フランシスコ・ローマ法王の韓国訪問(8月14~18日)は韓国国民を熱狂させ、韓国がまるでカトリック国のような印象を内外に与えた。

 韓国のカトリック信者は約540万人で人口の1割ちょっとだが、プロテスタント(約1200万人)が頭打ちなのに比べ近年、増加が著しい。1980年代以来、3度目になるアジアの片田舎(?)への訪問はその“ご褒美”でもあった。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/08/30(土) 00:00:07.66 ID:???.net
【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相は29日、政府ソウル庁舎で「独島持続可能利用委員会」の会議を初主宰した。 

 海洋水産部所属だった同委員会は先月1日、「独島の持続可能な利用に関する法律」が改正・施行されたことを受け首相所属となり、委員長と政府委員は首相と関係官庁の長官級に格上げ。民間委員も新しく委嘱されるなど再構成された。 

 会議では独島の年次報告書を審議、確定した。

 独島に関する法律や主な政策、独島の歴史・生態・地理・資源などをまとめた初の総合的な記録である年次報告書は、独島に関する政府の政策などの指針としての役割を果たすもので、毎年定期国会の開会前に国会に提出される。

ソース:朝鮮日報日本語版 : 2014/08/29 21:58
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/29/2014082904042.html

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/08/30(土) 03:13:51.96 ID:???.net
野党も続々朝日批判 民主有志は国会追及確認 臨時国会の焦点に

no title
「慰安婦問題 核心は変わらず」の見出しがある8月28日付の朝日新聞紙面(矢島康弘撮影)

 朝日新聞が慰安婦に関する記事の一部を「虚偽」と認めて取り消した問題で、朝日の報道を検証する方針を固めた自民党に続き、野党でも朝日の責任を問う動きが強まっている。民主党有志議員の29日の会合では、朝日の説明責任が不十分だとして国会で追及すべきだとの意見が噴出。他の野党も批判的な声が多く、「朝日問題」は秋の臨時国会でも焦点となりそうだ。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(3)  ↑上へ↑上へ
1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/08/30(土) 03:01:31.51 ID:???.net
朝日再弁明が大炎上…読売「説明責任」毎日「クマラスワミ報告触れず」

no title
“反論”が掲載された朝日の28日付朝刊

 朝日新聞が28日朝刊で「慰安婦問題 核心は変わらず」という、自社の大誤報を矮小(わいしょう)化するような記事を掲載したことに、永田町が反発し、メディアは大きく取り上げている。5日の検証記事への批判が盛り上がるなか、朝日として反論・弁明を試みたようだが、火に油を注いだかたちで、完全に逆効果だったようだ。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 22:52:57.27 ID:???.net
ヘイトスピーチ規制を勧告=慰安婦に謝罪や補償要請―国連差別撤廃委

 【ジュネーブ時事】人種差別撤廃条約の順守状況を点検する人種差別撤廃委員会は29日、人種や国籍などの差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)と呼ばれる街宣活動を法律で規制するよう日本政府に勧告した。また旧日本軍による従軍慰安婦問題への対応も不十分だと指摘。被害者への謝罪や補償を求めた。

 在日韓国・朝鮮人らを標的にしたヘイトスピーチをめぐっては、国連の人権規約委員会も7月、処罰規則の導入を勧告している。

 勧告を盛り込んだ「最終見解」は、街宣活動やインターネット上での人種差別をあおる行為に対する捜査や訴追が不十分だと指摘。(1)街宣活動での差別行為への断固とした対応(2)ヘイトスピーチに関わった個人や組織の訴追(3)ヘイトスピーチや憎悪を広めた政治家や公務員の処罰―などを勧告した。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/08/30(土) 01:26:26.66 ID:???.net
慰安婦:バッシングに朝日が反論「問題の本質変わらない」
日本の保守系メディアの「朝日叩き」
読売新聞が検証記事、週刊誌も朝日批判


 日本最大の発行部数(朝刊・夕刊合わせ1200万部)を誇る読売新聞が28日「慰安婦=朝日新聞のでっち上げ」を真っ向から取り上げ、「河野談話」の撤回を求めた。河野談話は1993年、旧日本軍による慰安婦動員の強制性を認め謝罪した談話だ。

読売新聞はこの日、1面と4面に『検証 朝日「慰安婦」報道』と題する特集記事を掲載し「朝日新聞の誤報のために『日本軍が慰安婦を組織的に強制連行した』というねじ曲げられた事実が世界に拡散した」とし「(朝日新聞によって)日本の名誉と尊厳が大きく傷つけられた」と主張した。

 朝日新聞は最近、第2次大戦中に済州島で慰安婦を強制連行したと主張していた吉田清治氏(故人)の証言を取り上げた1982年の記事について「裏付けられる証拠が見つからないため、関連記事を取り消す」と発表した。同紙は吉田氏の証言に関する記事を取り消したが「慰安婦の強制動員を示す政府の記録や裁判記録、証言は数多くある」と主張した。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 19:00:09.09 ID:???.net
no title

 1991年8月11日、朝日新聞朝刊社会面(大阪本社版)にスクープ記事が掲載された。

 「思い出すと今も涙」という見出しで、元慰安婦の金学順(キムハクスン)さんがソウル市内で生存していたことを確認したとして、その証言の内容を伝えたのだ。ほぼ同じ記事は、翌12日朝刊の東京本社版にも掲載された。地元・韓国メディアに先駆けた特ダネだった。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 21:44:46.50 ID:???.net
no title

 朝日新聞がいわゆる従軍慰安婦を巡り、「強制連行」の証言を紹介した記事を32年後になって取り消した。だが、一連の報道は「日本軍に組織的に強制連行された慰安婦」というねじ曲げられた歴史の固定化に深く関与した。慰安婦の虚構は今なお世界に拡散し続け、修正される見通しもない。戦後、例がないほど日本に負の遺産をもたらした朝日「慰安婦」報道を検証する。

 「日本政府は、戦時中の日本軍による『性奴隷制(sexual slavery)』の実行犯を訴追し、有罪であれば処罰を行うべきだ」

 7月23日、スイス・ジュネーブ。国連で人権問題を扱う自由権規約委員会が慰安婦制度について、こんな勧告を採択した。勧告には法的拘束力はないが、日本政府による〈1〉元慰安婦への賠償〈2〉証拠の開示――なども列挙された。

 採択に先立ち、7月15日と16日に行われた協議で、日本の山中修外務省人権人道課長が、「『性奴隷』と呼ぶのは適当ではない」と2度反論したが、受け入れられなかった。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 14:11:38.04 ID:???.net
金銅観世音菩薩坐像
瑞山浮石寺の主尊仏だった可能性
流出経緯の法的判断前に“拘束の身”

銅造如来立像
流出記録なく“日本返還”の世論へ
検察は「簡単に決められない」


no title
慈悲深い顔をした統一新羅時代の銅造如来立像(左)と高麗時代の観世音菩薩坐像。写真:文化財庁提供

 大田市(テジョンシ)の大徳団地にある国立文化財研究所の考古室収蔵庫には、二点の仏像が検察の接近禁止札をつけられたまま保管されている。2012年10月に対馬の海神神社と観音寺から韓国の窃盗犯らが盗んで持ち込み、当局に押収された後、同研究所が委託保管中である14世紀高麗時代の金銅観世音菩薩坐像(長崎県指定文化財)と8~9世紀統一新羅時代の銅造如来立像(日本重要文化財)だ。仏像は法的問題が解決するまで展示や研究などが一切認められないため、ほこりを払う保存処理がされているにすぎない。職員が許可なしに触ることもできない。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 14:23:50.95 ID:???.net
広報をするにはしたが、わざわざ熱心にはしない特異なことがあった。「ローキー戦略」だと言った。この用語の辞書での定義は「多くの耳目を集めないよう抑制された」だ。

25日に韓国内の報道機関にひとつの報道資料が配布された。日帝時代にサハリンに強制的に連行された後そこで死亡した韓国人18人の遺骨が28日に韓国に奉還されるという内容だった。資料を出したのは「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会」。政府所属委員会のうち最も長い名前を持つところだ。

資料が配布されたタイミングはサハリンの墓地で遺骨を発掘し火葬した後に遺骨とともに帰国する遺族18人が飛行機に乗り離れた直後だった。出国前の遺族への取材を時間差で封じたものだった。いくつかの放送局がサハリン行きの航空便を調べてみたがチケットを取ることができなかったという。委員会は活動成果を広く知らしめられる機会をこのように自ら蹴ってしまった。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ