1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/06/14(土)21:38:54 ID:koixBZ5ib
写真報告(shinya) : 6.12戦争をさせない全国署名提出集会・国会包囲抗議行動

愚かな人々に服従しない
「勇気ある人が賢く、賢い人が勇気を持ったとき、人類は前に進む」

                    写真・コメント=shinya


↓「戦争をさせない1000人委員会」発起人・鎌田慧さん
no title

「1948年8月15日、日本が敗戦してから69年間、日本人は一人も人を殺していない。殺されもしていない。そのことは誇り高き戦後だと思います。それを続けていくというのは、私たちがアジアで1000万人、日本で300万人の尊い命を犠牲にした、その反省の誓いであります。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/14(土) 17:31:48.30 ID:???.net
 英BBC放送などが行った国際世論調査が、中国と韓国に衝撃を与えている。「世界に良い影響を与えている国」をそれぞれ聞いたところ、中韓両国はいずれも日本を下回ったのだ。日本を貶める国際宣伝「ディスカウント・ジャパン運動」に必死な両国だが、狙いが大きく外れた形だ。

no title
BBC国際世論調査

 調査はBBCなどが昨年12月から今年4月までに、世界24カ国で実施したもので、今月3日に同局が発表した。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/14(土) 18:36:18.53 ID:???.net
旅客船沈没:国を初提訴の遺族、便乗訴訟か
檀園高校生徒の母親、300万円賠償求める
離婚後8年間養育せず、道徳面で批判も


旅客船「セウォル号」沈没事故の遺族が初めて、韓国政府を相手取って損害賠償を求める訴訟を起こした。だが、原告は離婚後、被害者を養育していなかったため、突然訴訟を起こした背景をめぐり疑惑が浮上している。ソウル中央地裁が13日発表したところによると、今回の事故で死亡した檀園高校(京畿道安山市)2年生の男子生徒の母親(37)が国と「セウォル号」運航会社の清海鎮海運を相手取り、3000万ウォン(約300万円)の賠償を求める訴訟を起こした。

 これに対し、男子生徒を男手一つで育ててきた父親側は「母親は離婚後8年もの間、ただの一度も連絡してこなかったのに、今になって分け前を狙うかのような行動を取っている」と怒りをあらわにした。一方、まだ遺体が見つかっていない行方不明者に配慮し、賠償問題に言及していないほかの遺族・家族も、今回の訴訟に対しかなり不快感を示しているという。だが、道徳的な面での批判はあるものの、今回の訴訟は法的に問題はない。離婚した親とはいえ、相続権が消滅するわけではなく、子どもの死による精神的な被害を主張することもできるからだ。

金垠廷(キム・ウンジョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版  : 2014/06/14 09:59
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/14/2014061400878.html

★関連記事
3000万ウォン賠償しろ~「韓国・セウォル号遺族」、国家相手に初訴訟
http://ceec.blog.fc2.com/blog-entry-2753.html 

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(4)  ↑上へ↑上へ
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/14(土) 20:14:20.01 ID:???.net
   米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは、国民1人あたりの所得(国民総所得、GNI)で、韓国が4年後には日本やフランスを追い抜く公算が高いとの見方を示した。

   ウォン高を背景とした企業の業績悪化やそれに伴う景気低迷などで、つい最近まで韓国経済は不安視されていたはずなのに、なぜという疑問も出てきそうだ。

no title
米ムーディーズやIMFが予測「4年後、韓国が日本を抜く」?

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/06/14(土) 23:02:36.88 ID:???.net
no title
ヒラリー・クリントン(AP.聯合ニュース.資料写真)

(東京=聯合ニュース) チョ・ジュンヒョン特派員=米国民主党の次期大統領候補と目されるヒラリー・クリントン元国務長官が日本メディアとのインタビューで安倍晋三総理の昨年末の靖国神社参拝を遠回しに批判した。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ