1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/02(金) 22:20:00.67 ID:???.net
   米調査会社IDCは4月30日、今年1~3月期のスマートフォン(多機能携帯電話)の世界出荷台数が前年同期比28.6%増の2億8150万台に上ったと発表した。首位の韓国サムスン電子と2位の米アップルがともにシェアを落とす中、新興国の低価格品需要を取り込んだ中国メーカーが勢力を伸ばした。

 サムスンのシェアは前年同期の31.9%から30.2%に低下。アップルも17.1%から15.5%に縮小した。これに対し、3位の中国ファーウェイは4.9%(前年同期は4.3%)、4位の中国レノボは4.6%(同3.6%)と小幅ながらシェアを拡大した。

時事ドットコム (2014/05/02-08:24)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014050200131
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(3)  ↑上へ↑上へ
1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 20:05:18.66 ID:???.net
■ソウル郊外の水原市でも慰安婦象徴の少女像設置

no title

no title

 ソウル郊外の水原オリンピック公園で3日、旧日本軍の慰安婦の被害を象徴する「平和の少女像」の除幕式が行われた。

 除幕式には元慰安婦の金福童(キム・ボクドン)さんや吉元玉(キル・ウォンオク)さん、韓国挺身隊問題対策協議会の尹美香(ユン・ミヒャン)代表、廉泰英(ヨム・テヨン)水原市長、詩人の高銀(コ・ウン)氏らが参加した。高氏は追悼詩を献納し、除幕式で朗唱した。

 建立推進委員会は慰安婦被害者が苦痛から抜け出し、自由にはばたくことを願い、黄色い蝶の形のブローチと、セウォル号沈没事故の犠牲者を悼む黄色いリボンを参席者に配った。

 少女像は水原地域の宗教団体や市民社会団体の関係者が建立推進委員会を発足させ、寄付を募って設置された。約1万2000人が寄付し、7000万ウォン(約696万円)余りが集まった。

連合ニュース(2014/05/03 15:00)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/05/02/0400000000AJP20140502003600882.HTML
韓国語
http://www.yonhapnews.co.kr/local/2014/05/02/0811000000AKR20140502131900061.HTML 

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(7)  ↑上へ↑上へ
no title
1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 18:44:49.15 ID:???.net
 金融監督院は1日、今年第1四半期(1-3月)の韓国の銀行の純利益が前年同期比25.3%減の1兆3000億ウォン(約1290億円)にとどまったと発表した。市中銀行の業績悪化に歯止めがかからない状況だ。

 市中銀行は昨年、金融危機以降で最悪の業績だったが、今年に入りさらに業績悪化が続いた。業界関係者は「昨年の実績が悪かっただけに、少しでも状況が改善すれば、見かけ上は利益が大きく増えたように見えると期待されていたが、ふたを開けてみれば、昨年よりも業績が悪く失望した」と話した。

 市中銀行の収益指標は金融危機以降で最悪だった。純利益が2009年第1四半期以降で最低だったほか、純利益を銀行の総資産で割った総資産利益率(ROA)は0.28%、純利益を自己資本で割った株主資本利益率(ROE)は3.58%で、いずれも09年第1四半期以降で最低だった。

 銀行の大幅減益は、低金利と景気低迷による影響が大きい。銀行は預金金利よりも高い貸出金利を受け取ることで得る利ざやが収益源だが、第1四半期の純金利収益は2.8%減の8兆5000億ウォンだった。その結果、純金利マージン(NIM)は1.8%で、09年第2四半期(1.72%)以来の低水準だった。市中銀行関係者は「最近金利が歴史的な低水準にあり、金利による収益も非常に低い水準にある」と指摘した。

 このほか、景気低迷を受け、銀行が保有する資産の収益率が伸び悩んだ影響もあった。銀行は投資目的または債権の出資転換による企業株式を保有しているが、株価下落を受け、評価損益は昨年第1四半期の6000億ウォン(約594億円)から1000億ウォン(約99億円)へと減少した。

 銀行の純利益減少は構造的な減少と受け止められている。第1四半期に発生した不良債権関連の損失は2兆2000億ウォン(約2180億円)で、前年同期の2兆7000億ウォンに比べ5000億ウォン減少したが、通常業務による利益がそれを上回るペースで減少した。

 金融監督院は「企業の不良債権が新たに増えなかったにもかかわらず、減益となったのは、低金利・低成長など構造的な問題が作用しているためだ」と分析した。LG経済研究院のチョン・ソンテ研究委員は「銀行は収益力改善に向け、コスト削減や新たな成長源確保に取り組まなければならない状況だ」と指摘した。

パク・ユヨン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/05/02 08:18
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/02/2014050200427.html

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ