1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 21:02:25.26 ID:???.net
韓国の旅客船セウォル号が4月16日に沈没した事故で、大勢の犠牲者を出した檀園高校の負傷者の治療にあたっている高麗大学安山病院に、爆破を予告する不審なメモが届けられていることが明らかになった。中国メディア古漢台網が25日、韓国メディアの報道を引用して伝えた。

記事によると、檀園高校の負傷者全員を治療する安山病院では、心理的な影響を考慮し、負傷者が犠牲者の追悼行事などに参加することを禁じている。これに対し、「もし学生の弔問を阻むなら、病院は爆弾で襲撃されるだろう」などと書かれたメモが病院に届けられたという。

病院近くの地下鉄の駅周辺でも、同じような文言が書かれた紙が10枚以上見つかっている。現在、警察が捜査しているが、爆弾などは見つかっていないという。

Xinhua.jp 2014年04月26日
http://www.xinhua.jp/rss/380898/
no title
京畿道安山市の高麗大学安山病院に運ばれる生存者

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 07:06:46.04 ID:???.net
 韓国南西部の珍島沖で起きた客船「セウォル号」沈没事故は26日、発生から10日を過ぎた。船内の進入しやすい場所の捜索はほぼ終わり、収容される遺体の数も急減。潮流が速くなる時期に入ったこともあり、捜索活動は行き詰まりつつある。

 これまでに111の船室のうち3分の1の三十数カ所の捜索が終わった。死者は187人で、依然115人が行方不明。

 残された船室の多くは進入が難しい場所にあるといい、救助チームの関係者は26日、障害物にふさがれ扉を開けられず、入れない部屋もあると明らかにした。こうした部屋の捜索は、船体を引き揚げないと困難という。

 しかし、沈没直後の捜索活動が進まなかったことに不信感を強めた一部の家族は、船内の捜索を終えるまでは、引き揚げを認めない考え。救助チーム関係者は「引き揚げが決まるまで捜索を続ける」と語るが、展望は開けない。

Yahoo!ニュース 時事通信 4月26日(土)18時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140426-00000107-jij-kr
no title
韓国南西部珍島(Jindo)沖で、沈没した旅客船の場所を示す浮標(ブイ)のそばで不明者の捜索活動の準備をするダイバーら(2014年4月18日撮影)。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/04/26(土)14:00:18 ID:eqtqU6ndm
朝鮮学校支援の熱いエール/2014年千葉県朝・日友好の集い

23日、船橋市内のホテルで行われた「2014年千葉県朝・日友好の集い」では、公的な差別を強いられている朝鮮学校を、在日同胞と良心的な日本人が協力して支え合っていくことの大切さが語られた。

講演に立った朝鮮大学校の任京河教授は、各地で裁判闘争にまで発展した「高校無償化」制度からの朝鮮学校除外の経緯を振り返るとともに、各地方自治体が補助金の支給有無を振りかざして教育内容に干渉していると指摘。

また、日本社会で大きな問題になることなく制定された「改正私立学校法」(4月2日施行)について言及し、運用次第で公立・私立を問わずすべての学校教育に対する行政のコントロールが一層強化されることになると警鐘を鳴らした。

任教授は今後の課題として、社会的少数者である在日朝鮮人だけでなく広く日本人が民主主義の危機的状況に対する認識を共有することが大切であるとしながら、朝・日の草の根の連帯こそが在日同胞、朝鮮学校を取り巻く状況を改善する源泉になると述べた。

以下ソース
2014.04.26 (13:04) 朝鮮新報
http://chosonsinbo.com/jp/2014/04/il-257/
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: りらっくだああ◆10.9/2taLY 2014/04/26(土)22:12:22 ID:7qSk0kUUy
韓国は今集団鬱状態に陥っている。毎日朝から晩までセウォル号沈没関連のニュースが延々と続き、バラエティ番組など、笑いにつながりそうな番組は自主規制で制作を控えているからでもある。

 筆者の場合、朝起きるとネットでセウォル号沈没関連の記事を読み、涙を浮かべながら1日が始まる。これは筆者だけのことではないらしい。最近誰と会ってもニュースを見ると涙が出るという話をするのだ。ちょうど、東日本大震災の時のように胸が苦しくなる。

乗客の生還を望む黄色いリボンに著作権騒ぎ

no title
カカオトークから送られてきた黄色いリボン

「黄色いリボンは、『無事に戻って来ることを祈りながら待っています』という意味です。全国民のカカオトークのプロフィール写真が黄色いリボンに変わるその日まで・・・周りを変えてください」

しかし、広まり始めた頃、オンライン上で「黄色いリボンには著作権があって、プロフィール写真に使っていると500万ウォン(約50万円)の著作権料を払わされるので、すぐにやめた方がいい」というデマも一緒に広まった。

だが、彼らの断言が全部に伝わらないのか、デマだけが独り歩きしてしまっているようだ。そのせいか、黄色いリボンはALTが考案したものとは形の違うものがいくつも出始めた。

生存者の声を聞いたという民間の潜水士がテレビに登場

先週、あるケーブルテレビでは民間の潜水士だと自称する女性が出演し、「まだ船内に生存者がいて、民間の潜水士と会話を交わしたのに救助隊幹部の人たちが救助させてくれない」とか「民間の潜水士たちを待ちぼうけにして何もさせてくれない」などと話していた。

さらに「船内に死体があるのを確認したが、救助隊幹部が取り出さないように指示した」とか、「セウォル号が沈没したのは米軍潜水艦と衝突したせい」とかの陰謀説まで広まった。事故の初動対応がうまくいかなかったため、こんな悲惨な事態になってしまったと思い込んだ人たちが不信感を募らせ、怒りのやり場がなくなり、どうしていいのか分からない状態になっている。

 そうした救難を待つ家族の気持ちにつけ込み「1億ウォンを払えば船内から死体を取り出してあげる」などと嘘を言って、被害者家族に近づく輩まで現れた。

事故現場に押し寄せた地方選の候補者たち

さらには、被害者家族の代表だとマスコミ相手にいろいろ発表をしていた人が実は被害者家族ではなく地方選挙の予備候補者だったケースもある。

 現在の韓国は、情報が交錯するなどという生やさしい状態ではなく、
伏魔殿と化してしまったようだ。

 ちなみに韓国は6月4日に地方選挙を控えており、事故が起こる前までは激しい選挙戦が繰り広げられていた。候補者たちは今回の事故を利用しマスコミに露出しようと、大挙して事故現場にやって来た。被害者家族は待ち続けて疲労困憊、救助に携わっている潜水士も減圧に耐えられなくなりつつあり、見守る視聴者も徐々に疲れを感じ始めているようだ。

ここにきてその誰もが臨界点に達しつつあるのではないかと思う。

 誰も我慢ができなくなり、ちょっとでも意にそぐわないところがあると、すぐ爆発してしまう。いまの事故現場は、そんな感じなのである。

(抜粋したものなので原文はソースを確認の事)

2014.04.26(土):JBpress(日本ビジネスプレス)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40542
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40542?page=2
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40542?page=3

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(5)  ↑上へ↑上へ
1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:49:52.20 ID:???.net
no title
フィギュアスケート女子、表彰台で握手する
金メダルのロシア、アデリナ・ソトニコワ(右)と
銀メダルに終わった韓国のキム・ヨナ。
場外乱闘は終わらない(AP)


 韓国内を騒然とさせたソチ五輪フィギュア女子、キム・ヨナの採点問題は、国際スケート連盟(ISU)が韓国スケート連盟の不服申し立てを受理したことで、新たな局面を迎えた。韓国内では、勝訴へ自信をのぞかせ勢いに乗ったキム・ヨナのファンがネット上でISUのチンクワンタ会長の辞任を求める署名活動を展開する始末。一方、ロシア側は五輪から2カ月近くを経ての提訴に「荒唐無稽だ」と困惑を隠せず、キム・ヨナを抑え金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワはフェイスブックが誹謗中傷で炎上、「私が間違いを犯したの?」と打ちひしがれている。

 ISUが韓国スケート連盟の不服申し立てを受理したのは4月16日。韓国の聯合通信によると、提訴に関する書類は10日にISUの懲戒委員会に発送された。ただ、内容は採点に対する不服ではなく、審判団の構成に関する異議で、

 (1)ロシア・フィギュア連盟の元会長であり、ロシア連盟の現事務総長であるワレンティン・ピセーエフ氏の夫人、アラ・シェコフチョワ氏が審判に加わり、競技直後にソトニコワと抱き合った

 (2)審判の1人、ユーリ・バルコフ氏(ウクライナ)は1998年長野五輪でカナダ人審判らに八百長を提案したことが2002年に明らかになり、1年間の資格停止処分を受けている

 (3)審判たちが不公正な採点をしたという疑惑もある

 という3点を問題視する。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ