1: ◆Fabyorezecu/ 2014/04/06(日)13:27:02 ID:ndTvCkbPY
 韓国の朴槿恵大統領といえば、ずっと独身、夫はいない。ナゾは、なぜ結婚しなかったか、だ。

 1つは、11歳から大統領(朴正煕)の長女であったこと。
 2つ目は聡明すぎること。西江大・電子工学科を首席で卒業、フランス留学もしている。


「パク・クネは、顔がかわいいこともあって、小さい頃から韓国では“公主”と呼ばれてきた。日本語でいえば、お姫さま。その上、頭脳明晰(めいせき)ときて、5カ国語もしゃべれる。釣り合いのとれる男性を探すのは至難のことです」「韓国を強国に変えた男 朴正煕」などの著書がある評論家の河信基氏はそう語る。

 そして3つ目が、人間不信だという。

「留学中に韓国で文世光事件が起き、母親が暗殺された。帰国して父親のファーストレディーを務めていたが、5年後の27歳のときに、その父親も暗殺された。多感な娘時代、それだけでも衝撃ですが、青瓦台(官邸)を去るや、それまでチヤホヤしていた父親の部下たちが急に冷たくなった。それがショックで、以降、人間不信に陥ったのです。孤独な環境から、恋愛とか結婚とかはずっと考えられなかったのでしょう。浮いた話もありません」(河信基氏)

2014年4月5日 (日刊ゲンダイ)
http://gendai.net/articles/view/geino/149265

kune3.jpg
5カ国語をしゃべるお姫さま 韓国の朴槿恵大統領

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト




コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ハイカイおじさん◆mNmaw1uz5x6L 2014/04/06(日)16:23:24 ID:dpSrWmG6b
(日曜に想う)日中韓 試される包容力

■特別編集委員・山中季広

 中国ハルビン市を訪れ、開館したばかりの安重根(アンジュングン)記念館を見てきた。

 ご承知の通り、1909年に伊藤博文元首相を射殺して死刑に処せられた韓国独立運動家である。

 「ぜひハルビンに記念碑を」と朴槿恵(パククネ)大統領が昨年6月、習近平(シーチンピン)国家主席に持ちかけた。記念館へ格上げされたのは主席じきじきの指示だった。

 「毎日500~700人が来館する。韓国の方々が熱心ですね」と職員。遺墨や判決文など展示内容は、予想していたほど一方的ではない。

 むしろ驚いたのは、記帳簿で読んだ来館者たちの強烈な日本批判だった。「中韓人民は団結し日本を倒す」「日本が消滅すれば平和が訪れる」

 抗日運動に詳しい歴史家、李雲橋さん(60)によると、安の知名度はハルビンの外では高くない。「中国全土の中高生の98%は知らない。安の功績を中国ももっと学ぶべきです」

 だとしても、にわかに中韓両国が手を組んで暗殺者を称揚するのは不自然では。私が問うと李さんの眉が動いた。「日本の侵略に身を捨てて抗した義士です」。でも裁判上は犯罪者でした。「あれは不公正な裁き。無罪とすべきでした」。話は平行線をたどった。

 実はこれより先、ソウルにある記念館でも似た経験をした。施設の立派さに驚く私に学芸員が「敬慕の的ですから」。日本にとってはテロでは。「それは違う。歴史的な義挙です」

 苦い味が残った。なぜあんな応酬をしたのか。安の話だと感情的になる。記者失格じゃないかと考え込んだ。

 専門家をのぞけば、安について私たちは多くを知らない。ところが韓国では、その名を口にするだけで世代を超えて反日闘争心に火がつく。

 実感したのは20年ほど前、日本の教科書に登場して韓国内で賛否の大騒動になったころだったか。あるいは、サッカー日韓戦の客席に巨大な肖像画がはためいた時だったか。

no title
中国黒竜江省のハルビン駅の安重根の記念館

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(3)  ↑上へ↑上へ
1: ぱぐたZ~時獄篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/06(日)16:14:37 ID:KIgVEnlPa
プデチゲやチャジャンミョンは?…韓国料理の定義めぐる議論

  「ソーセージやハム、モチを選んで食べる楽しさがある」。先月大学路(テハクロ)のあるプデチゲ食堂でフィンランドから来た女性は楽しそうだった。2年ぶりにソウルを訪れた彼女は、最も食べたかった韓国料理としてプデチゲを挙げた。青い目の女性が好んで食べるプデチゲのエピソードは実は悲しい。

韓国戦争直後の肉が貴重だった時代、米軍部隊から出たソーセージやハンバーガーの肉をキムチとともに煮込んだ料理だ。「ジョンソンチゲ」「議政府(ウィジョンブ)チゲ」ともいった。ニューヨークタイムズも1月24日に「「ハムが入ったプデチゲが韓国の人気料理」と紹介した。それならプデチゲは韓国料理なのか。

  韓国料理専門家らの間で実際にプデチゲ論争があった。一方では「生まれがいやしいごった煮を韓国料理とは認定できない」とし、もう一方では「辛いスープにハムやソーセージを入れて作った韓国固有の味」と主張する。湖西(ホソ)大学食品栄養学科のチョン・ヘギョン教授は、「異国的な材料だが、キムチとともに韓国の調理法で作ったプデチゲは韓国料理だ」と話す。

  プデチゲは最近食品業界で広がっている「どこまでが韓国料理なのか」をめぐる論争の一素材だ。ところがこれは簡単な問題ではない。普通韓国料理は「長い歳月にわたり韓国文化として花を咲かせてきた伝統料理」とされる。法の脈絡も似ている。食品産業振興法第2条によると、韓国料理は「国産原料を主材料に韓国固有の味・香り・色を出す食品」だ。法に基づけばプデチゲの場合、ハムやソーセージは国産でも「韓国固有の味・香り・色」に引っかかる。

  世宗(セジョン)大王時代のキムチを考えてみよう。当時の中心は水キムチやオイキムチだった。そのうちに朝鮮後期に中国山東省のハクサイと粉トウガラシを主原料にしたキムチが始まった。それが現在われわれが食べているキムチだ。世宗時代を基準とすれば、今日のキムチは「韓国料理」ではない。それでも峨山(アサン)政策研究院のアンケート調査では、「韓国料理と聞いて思い浮かぶ食べ物」という質問にキムチが63.3%で最も多く挙げられた。

  「韓国料理世界化支援」次元で予算支援を受けた「教村(キョチョン)チキン」はブラジルの鶏肉も使う。食品産業振興法に基づけばこの鶏肉で作った教村チキンは韓国料理なのか違うのか。

  韓国料理を定義するのは容易でないという意味だ。最近の傾向は韓国料理を伝統に閉じ込めないようにしようという側だ。料理コラムニストのチョン・ドンヒョンさんは、「韓国の地で作られた材料で作り、韓国人が好んで食べるならばすべて韓国料理」と主張する。イ・ミスク博士も、「先祖固有の方式で作った食べ物という定義はあいまいだ。韓国人が享有するすべての食べ物は韓国料理」と話す。

韓国学中央研究院のチュ・ヨンハ教授は、「キムパプ(のり巻き)、チャジャンミョンも韓国型という名前を付け韓国料理の一種として受け入れなければならない」と主張した。伝統韓国料理と現代韓国料理で区分しようという意見もある。まだ韓国料理が何か定義はない。韓国料理の世界化を推進しながら、韓国料理が何かさえまだあいまいなのだ。(中央SUNDAY第369号)

2014年04月06日10時34分 [中央SUNDAY/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/807/183807.html?servcode=400§code=400
no title
韓国海苔巻き【キムパプ】

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: ◆Fabyorezecu/ 2014/04/06(日)11:40:05 ID:ndTvCkbPY
「歪曲された歴史教育…日本の未来世代が国際社会で孤立」=韓国

  「竹島(独島の日本名称)占領」という言葉まで登場した今回の日本の小学校教科書検定は、安倍晋三首相とその下の下村博文文部科学相、萩生田光一自民党総裁特別補佐の“合作”だ。

  安倍首相は出版社の教科書制作が始まった昨年4月、国会で「教科書検定基準に教育基本法の精神が反映されていない」と不満を表した。安倍首相は第1次安倍内閣当時の2006年11月、愛国心教育を強化するとし、1947年の制定以来一度も手がつけられていなかった教育基本法を59年ぶりに改定した。その後、中学・高校学習指導要領や解説書が明確に“右傾化”した。

  しかし安倍首相はそれだけで満足しなかった。安倍首相の意向を知った行動隊長の萩生田特別補佐が動いた。萩生田特別補佐は韓日米首脳会談直前の先月末、「(慰安婦強制動員を認めた)河野談話の検証の結果、新しい事実が出てくれば新しい談話を発表すればいい」と発言し、物議をかもした人物だ。萩生田特別補佐は安倍首相の国会発言直後、党内に「教科書検定基準改定部会」という組織を作った。45人の国会議員を集めた。

  そして昨年5月28日、東京書籍・教育出版・実教出版の社長と編集責任者を一斉に自民党本部に呼んだ。前例がないことだ。80分間続いたこの席で、部会責任者の萩生田特別補佐は「教育基本法と学習指導要領が変わっただけに、教科書の記述も変わると期待したが、そうではなかった。どういう考えか聞かせてほしい」と圧力を加えた。他の議員も一斉に「竹島に関する記述が不足している」とし、出版社を糾弾した。さらに下村文部科学相も「自国の固有の領土を子どもたちに正しく教えるのは当然のことだ」と述べ、これを後押しした。

  安倍政権の“ターゲット”となった東京書籍と教育出版はその間、領土関連の記述なく、地図上の独島の左側に国境線を表記する形で教科書を制作してきた。しかし結局、両出版社は安倍政権の強い圧力に屈した。両出版社の小学5、6年社会科教科書採択率は合わせて80%にのぼる。

  東京書籍は今回の検定で、「韓国が(独島を)不法に占領している」という表現を使った。「新しい歴史教科書をつくる会」の脈を引き継ぐ自由社の中学公民教科書(採択率0.02%)でしか見られなかった「占領」という表現まで前面に出したのだ。さらに日清、日露戦争に関しては、「欧米国家に日本の力を認めさせ、欧米の支配に苦しむアジア諸国に勇気を与えた」という内容まで記述した。

  安倍政権は今月中旬のオバマ米大統領の訪日を控え、教科書検定問題を終えて臨もうとしているとみられる。韓国政府が要求してきた慰安婦問題関連の局長級協議が今月中旬に予定されているだけに、韓国が教科書検定問題のため流れを断ち切ることはないという思惑も見える。

  これに関し、ハ・ジョンムン韓神大教授(日本学科)は「『竹島占領』を表記した小学校の教科書の検定通過は、日本の未来世代を国際社会から孤立させる行為」とし「安倍首相の『歴代内閣の歴史認識を継承する』というハーグ発言を信頼を与える行動で示さなければならないだろう」と述べた。

  外交消息筋は「現在、在外公館長会議出席のため韓国に帰国している李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日大使は当初の予定通り8日に日本に復帰する」と述べた。

2014年04月05日11時38分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/801/183801.html?servcode=A00&sectcode=A10
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ◆XpV8FL50tY 2014/04/06(日)10:05:00 ID:NcUXHJEyX
【コラム】韓国人の「安倍たたき」

 日本の安倍晋三首相が、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に韓国語であいさつしたとき、特に感動することもなかった。安倍首相は今年2月「(慰安婦の強制動員を認めた)河野談話を検証する」と述べた。日本が少女たちを慰安婦として連行した際に「(軍や官憲が力づくで無理やり連行する)狭義の強制性はなかった」と理屈をこねた。しかし、ムードが険悪になるや、安倍首相は「河野談話を見直す考えはない」と1歩引いた。しかし、今月1日には「(河野談話の)検証は予定通り行う」と述べた。

 このようなことを見聞きすると、韓国人は頭に血が上る。安倍首相が黙っているときには、安倍首相が起用した閣僚たちが問題発言をする。韓国側の怒りが収まっても、燃料タンクに次々と燃料を入れているようなものだ。

 韓国人たちはそのたびに、政治理念や党派、地域に関係なく、一斉に日本を非難する。日本人たちの手紙の文章を集めた『ときどき寂しがるお父さんへ』という本には「残った借金が、残された家族みんなの団結につながっている」という文言が登場するが、韓国人たちも、安倍首相を非難することで団結しているのではないだろうか。

 問題は、いくら怒りをあらわにしたところで、なぜか空しく感じられるという点だ。その感覚は、何かが抜けているという思いにつながる。韓国人はただ怒るだけで自省しようとしない。

 本間九介という日本の大陸浪人が、1893-94年の東学革命(甲午農民戦争)前後に朝鮮半島を偵察し『朝鮮雑記』という本を書いた。日本の斥候兵(本隊の移動に先駆けてその前衛に配置され、進行方面の状況を偵察しつつ敵を警戒する兵)だった本間は、英国の歴史家エドワード・ギボンの本を愛読していた。その本間が簡潔な文体でつづった『朝鮮雑記』を読むと、賢い悪党によって、よく切れるメスで麻酔もせず手術されるかのような感覚を覚える。

 本間の主張はさておいて、彼が記録した事実だけを見ていくことにしよう。朝鮮は弱く、廃れていた。「世界が銃や大砲で武装していたとき、朝鮮の軍隊は刀や槍、弓矢で武装していた。しかも、刀や槍は形式的に持っていたにすぎず、普段から稽古に励む武人は極めて少なかった。

 弓矢の達人は多かったが、弓矢を使った博打がはやっていたからであり、国防や治安維持に役立てようとはしなかった」「飲み屋で紙幣を取り出すと、朝鮮の人々は「これが本当にお金なのか」と驚く。彼らはいつも重たい銅貨を持ち歩いていた。ある人は15クァンムン(当時の通貨)以上持ち歩くことができず、盗賊に出くわしても盗まれることはなかった。仁川市が編集した資料集によると、1クァンムンは31銭に相当し、15クァンムンは港で働く朝鮮人の運び屋の9-10日の報酬だった。

 本間がこの本を書いてからほどなくして、朝鮮人たちは日本に国を奪われた。慰安婦の少女たちが連れていかれたのは、日本の支配下で苦労し、次の世代になってからのことだ。

 韓国人たちが安倍首相に対し怒りをあらわにするのは正しいことであり、当然だ。だが、それが全てになっては困る。日本に対し怒りをあらわにすると同時に「われわれはあのとき、なぜ自ら国を守れなかったのか」と振り返るべきだ。朝鮮人たちが日本の侵略に備えて城を築いたのを見て、本間は哀れんだという。「本当に気の毒だ。こんな城は野戦砲1発で簡単に壊せることを知らないのか」。韓国人たちはこのような事実についてほとんど反省していない。ただ、安倍首相を非難するだけだ。それはとても簡単なことだ。

金秀恵(キム・スヘ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/04/06 09:19
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/06/2014040600295.html

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ◆XpV8FL50tY 2014/04/06(日)10:12:10 ID:dgcdxrrdu
【萬物相】特級ホテルのレストラン

 権威あるレストラン評価書「ミシュランガイド」で「星」をもらうための第一関門はやはり料理の完成度だ。しかし、味だけを評価して星を与えるというなら、ミシュランガイドは現在のものよりも数倍、分厚くなければならないだろう。「あのレストランではオーガニック食材しか使っていない」と聞けば、ミシュランの調査担当者たちはそれが本当かどうか検証するため、農場まで訪ねていくという。

レストランを衛生的に保つことにかけてはさらに徹底している。ミシュランガイドで最高評価の三つ星が付けられた東京のすし店の板場は、保健所職員が点検で入る際、靴を脱ごうとしたほどきれいだったという。

 韓国の特級ホテルのレストランは、高級レストランの代名詞といわれている。しかし、料理の値段ばかり高いということも少なくない。粗悪な食材や不潔な調理場に関するニュースは忘れたころに報じられる。ソウル・江南の有名な特級ホテルにあるビュッフェレストランでは、スモークサーモンの新鮮そうな色を保つため、亜硝酸ナトリウムが含まれる食品添加物を使っていたことが発覚した。外国産牛肉を韓牛(韓国産牛のブランド)と偽って販売したケースもある。

 一昨年には、粗悪なフカヒレを特級ホテルに納品した業者が逮捕された。フカヒレは価格が高いため、かさ増ししようと接着剤やせっけんを作る際に使用されるメタケイ酸ナトリウムを加えたという。業者はフカヒレの納品契約を打ち切られないよう、シェフに賄賂を渡していた。

 ソウル食品医薬品安全庁が3月21日、ソウル市と江原道の特1級ホテルにあるレストラン8カ所を食品衛生法違反で摘発した。ウェスティン朝鮮ホテルの日本食レストラン「Sushi-Cho」はフライパンなどの調理器具の洗い方が不十分だった。グランド・ハイアット・ソウルのビュッフェは調理場の壁からカビが発見された。

ミレニアム・ソウル・ヒルトンのビュッフェは営業業者でない人物が作った食材を使用していた。コース料理が1人20万ウォン(約2万円)以上という店なのに、調理場の管理がこれほどお粗末だとは、なじみ客はひどくだまされた気分になるだろう。特級ホテルでこれなのだから、ほかのレストランに至ってはどれほどのものなのか、とも思う。

 ニューヨーク市は2010年、飲食店約2万4000店の調理場の清掃状況、調理師の衛生状態、食材保管状態にA・B・Cのランクを付け、店の出入口に掲示させた。A評価なら1年間の衛生検査免除、B評価なら6カ月後、C評価なら4カ月後に再検査受けるようにした。

すると、1年後にAクラスのレストランは65%から72%に増え、食中毒患者は14%減少した。飲食店利用客が増え、飲食店全体の収入も9.3%(約8億ドル=約820億円)上がった。韓国のインターネット上には飲食店に関する過度な称賛があふれている。しかし、それらの店の食材の質や衛生状態を細かく見極めた書き込みはほとんど見当たらない。

金泰翼(キム・テイク)論説委員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/06/2014040600193.html

yjim444age.jpeg

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: ◆XpV8FL50tY 2014/04/06(日)10:06:47 ID:dgcdxrrdu
 「今後も国際的なIT・家電展示会に最先端の製品を持っていくべきかどうか悩んでいる」

no title

 韓国のある電子メーカーの最高経営責任者(CEO)が漏らした言葉だ。米ラスベガスで開かれるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)やドイツ・ベルリンで開かれるIFAなど世界的な業界展示会で、サムスン電子やLG電子は当然スター級の扱いを受ける。展示会のたびに「世界初」「世界最大」を掲げる最先端の製品を発表しているからだ。両社は昨年、CESでOLED(有機EL)テレビを、今年のCESでは折り曲げ可能なフレキシブルテレビを世界で初めて発表した。今年のCESで両社が公開した105インチの曲面超高画質(UHD)テレビは世界最大サイズだ。

■1年以内にコピー出現

 しかし、最先端技術が凝縮された最新製品を展示会に出すと、半年から1年後には中国企業がそれをそっくりコピーした製品を発売するケースが相次いでいる。最先端製品は展示会でハイライト的な存在にはなるが、結果的に中国に追撃のヒントを与えている格好だ。

 今年1月のCESで、ある中国メーカーはテレビ画面の縁が極めて細い製品を展示した。LG電子が12年のCESで展示した製品と似たコンセプトだ。LG電子は中国製品がテレビの縁を狭めるデザインだけでなく、それを実現するための技術もコピーしたとみている。映像信号をディスプレーに送る装置を縁の部分には置かず、ディスプレーと一体化した技術だ。

 サムスン電子、LG電子が昨年1月のCESで公開した世界初の曲面テレビにも、1年後には中国メーカーが追随した。今年のCESでは、TCL、ハイセンス(海信)、ハイアール(海爾)、コンカ(康佳)など中国メーカーが一斉に曲面テレビを発表した。技術格差は1年未満だ。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ぱぐたZ~時獄篇@非常勤◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/05(土)23:55:12 ID:EC3kpnQ0F
 島根県・竹島をめぐる、韓国人のトンデモ訴訟が門前払いとなった。県が制定した「竹島の日」(2月22日)条例について、韓国の活動家が「領土編入した告示の原本がない」といった事実無根の根拠をもとに、条例無効を求める民事訴訟を起こしていたが、松江地裁は毅然として「却下」したのだ。常識や理屈が通じない隣人には、正攻法でガツンとやるしかなさそうだ。

no title
訴状提出後、記者会見に臨んだペ会長(中央)
=2月22日、松江市


 あきれた裁判の原告となったのは、韓国の市民団体「独島を日本に知らせる運動連帯(独島連)」のペ三俊(ペ・サムジュン)会長(60)。

 訴状によると、島根県が2005年に制定した「竹島の日」条例について、「日本国民に、大韓民国の領土を誤認する混沌を与える」と主張。さらに、「(条例が)両国間の平和を破壊する事件発生の懸念があり、(ペ氏の)高血圧と糖尿病が悪化し、精神的苦痛を与えている」などと、トンデモない理由をもとに、条例の無効確認を求めていた。

 竹島は、江戸時代から日本人による継続的な漁業の操業実態があり、明治政府が1905(明治38)年1月、島根県編入を閣議決定した。これを受けて、島根県知事が同年2月、竹島編入を告知した「島根県告示第40号」が現存している。

 歴史上も国際法上も、竹島は日本固有の領土であり、韓国が不法占拠しているにすぎない。韓国政府やペ氏が主張する「朝鮮半島侵略の足がかりにした」という主張は、完全に「歴史の創作(=捏造)」である。

 また、ペ氏は無効の根拠として「告示の原本がない」と主張した。昨年11月、島根県庁で「原本を見せろ」と要求したところ、きちんと印刷された告示が出てきた。ペ氏は帰国後、「(当時は印刷技術がなかったはずで)手書きの原本が焼失したのを確認した」と記者会見を開いたのだが、これが大間違い。韓国と違い、日本では印刷技術が確立されていたのだ。

 ペ氏は今年2月に提訴した際、松江地裁前で、韓国メディアを集めて記者会見を開き、わざと路上で(禁止されている)横断幕を広げようとしてもみくちゃになるなど、「パフォーマンス重視の姿勢だった。『産経新聞の記者はいるのか?』とも叫んでいた」(公安関係者)という。

 お騒がせ活動家のトンデモ訴訟に対し、松江地裁は先月31日、「行政訴訟の対象にならない」と訴えを却下した。

夕刊フジ(2014年4月5日17時12分)
http://news.infoseek.co.jp/article/05fujizak20140405005

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: もわん◆2R.j9FMXMSiE 2014/04/05(土)09:21:04 ID:4EW1bgzuh
 何年か前、ソウルの中心街を歩いていると、けたたましくサイレンが鳴った。拡声器を持った男性がなにやら叫び、車がストップする。北朝鮮の突然の攻撃に備え定期的に行われる防空訓練だ。事前に聞いてはいたが、その緊迫感にゾッとした。

no title
ソウル北方の坡州で3月24日に墜落しているのが発見された無人機(左)と
北朝鮮領に近い黄海上の島で3月31日に墜落した無人機(右)


 ▼それほど北に神経をとがらせる韓国だが、今度ばかりは抜かったようだ。北が飛ばした無人偵察機にやすやすとソウルへの侵入を許した。しかもあろうことか、朴槿恵大統領が執務する青瓦台を、約300メートル上から多くの写真に収めていたことがわかったのだ。

 ▼無人機は先月下旬、北との軍事境界線に近い所に墜落しているのが見つかった。韓国軍当局は当初「愛好家が趣味で作ったもの」と軽視していたらしい。だが調べてみると、事前に入力したプログラムで動く「立派な」無人機で、機体はレーダーで探知しにくくなっていた。

 ▼ちなみに青瓦台を写したカメラは日本のキヤノン製だったという。まさか「日本も協力者だ」と言いたいのではないだろうが、それはともかく、無人機が韓国の官民に与えた衝撃は大きい。性能が向上すれば、爆撃やテロに使われる恐怖も生じるからである。

 ▼早速、防空能力の不備を指摘する声が上がっているそうだ。それもそうだろう。韓国は朝鮮戦争以来、何度も北に痛い目にあわされてきた。26年半前の大韓航空機爆破事件を忘れられない人も多いだろう。「反日」ばかり叫んでいる場合ではないはずである。

 ▼だが日本にとっても人ごとではない。北にはあれほど多くの日本人拉致を許してしまっている。無人機が東京に侵入してきた場合に防げると言い切れるのだろうか。こちらは集団的自衛権を行使できる、できないと論争に明け暮れている場合でない。

●ソース元記事 2014.4.5 03:10 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140405/kor14040503120002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140405/kor14040503120002-n2.htm
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 洋菓子ぽいなにか◆e7lA5q8ZKA8d 2014/04/05(土)22:36:24 ID:ElyJyYeUY
  今年の年末に完工予定の湖南(ホナム)線高速鉄道(KTX)公社で電車線を水平に維持する吊架線が、当初の契約と異なる中国製が大量に使われていたことが明らかになった。これに伴い、吊架線の性能に問題があるのではないかという指摘が出ている。

  ソウル地方警察庁の広域捜査隊は3日、「忠北(チュンブク)五松(オソン)から光州(クァンジュ)松亭(ソンジョン)をつなぐ湖南線高速鉄道1段階事業工事現場に供給された吊架線745キロ全体が不法納品された中国製」であると明らかにした。供給された製品は全て施工に使われたことが確認された。現在の湖南線工事は60%程度、施工が進んでいる。

  電気電線専門施工業者である日進電気は昨年5月、韓国鉄道施設公団が発注した吊架線契約の入札で3社の業者を押しのけて159億ウォンで工事の落札を受けた。

  だが、当時性能試験では国内産で通過した後、実際の吊架線は中国製完成品に交換したことが明らかになった。警察は先月20日、日進電気が工事に使った吊架線を入手し、国立科学捜査研究院に製品不良の有無を確認するため性能検査を依頼した。吊架線に不良があれば電車線が水平を保てず電気が安定的に供給されない可能性もある。すでに施工された区間を全部取り壊す事態を招くこともありえるということだ。

  また、警察は他の施工業者であるN社が納品した電車線も共に検査を任せた。N社の場合、当初性能試験に使ったものと同じ国内産製品を供給したことが分かった。鉄道公団関係者は「該当疑惑が提起された後、吊架線の一部を公認試験機関に依頼して性能検査を実施したが、不良品は発見されなかった」とし、「すでに施工された一部区間も国立科学捜査研究院とは別に性能検査を依頼している状態」と説明した。

  警察は先立って該当企業等が落札過程で談合したという手がかりをつかみ、先月17~20日、事務室などを押収捜索した。当時入札参加業者3社が、日進電気が落札されるよう意図的に高価を提示したということだ。落札下限率は80.495%であった。これに近接しつつ最低価を提示した業者が落札される構造であった。電車線は圧倒的に低い84.798%を提示したN社が他の7社の業者を抜いて154億ウォンで落札を受けた。警察は入札関連書類およびコンピュータのハードディスクなどを押収し分析する一方で、業者関係者に対する調査を進行中だ。

ソース 2014年04月04日10時20分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/757/183757.html?servcode=400§code=430

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ