1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/03/22(土)18:54:35 ID:bRLn1GSo2
名古屋で旧日本軍の慰安婦問題を考える集いが開かれ、元従軍慰安婦の韓国人の女性が講演を行いました。

集まった500人の前で講演したのは、旧日本軍の慰安婦だったという韓国人のカン・イルチュルさん85歳です。カンさんは、15歳の時に旧満州の慰安所に連れていかれ兵士による性暴力の被害にあったことなどを語りました。

また、カンさんは旧日本軍の関与を認めた「河野官房長官談話」の作成過程を安倍政権が検証する方針に対し、「反省のないことを言っている」と批判しました。講演を聞いた参加者たちは、「多くの人に事実を知ってもらいたい」などと感想を述べていました。

http://www.nagoyatv.com/news/?id=4610301

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 忍法帖【Lv=9,ミミック】 2014/03/22(土)19:46:31 ID:dzKd1U51K
 国際的ハッカー集団「アノニマス」を名乗るグループが21日、動画投稿サイト「ユーチューブ」などを通じ4月14日に韓国政府を攻撃すると予告した。聯合ニュースによると、韓国未来創造科学省関係者は22日、対策を考えると明らかにした。

 グループは攻撃の理由として、韓国政府が税金を浪費し、情報を歪曲(わいきょく)して市民を抑圧しているなどと主張している。

 朝鮮半島では昨年4月、アノニマスや関連組織を自称するグループが、北朝鮮の複数のウェブサイトをハッキングして得たとする計約2万人分の個人情報をインターネット上で公開した。(共同)

 [2014年3月22日19時19分] 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20140322-1274044.html

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: FinalFinanceφ ★ 2014/03/22(土) 12:25:53.80 0
 ロシア軍がウクライナのクリミア自治共和国を事実上掌握した3月3日、米NBCテレビは、現地のシンフェロポリ周辺にあるウクライナ軍部隊の前で起きた世にもまれな対立場面を報じた。

ロシアの武装部隊数十人がウクライナ軍の部隊の正門を封鎖し、ウクライナの軍人がロシア軍の進入を阻止するため、正門の裏を守っている姿だった。よその国に来て、軍部隊を封鎖したロシア軍は「銃を捨てなければ発砲する」と脅し、しばらく姿を消したウクライナ軍の兵士は、銃をどこかに置いた後、刀剣のみを腰に差し、正門の前に再集結して、にらみ合いを続けた。

 その後もコメディーのような場面が続いた。ロシア軍に基地を奪われ、追い出されたウクライナの兵士数十人が正門に押し寄せ「出勤しなければならない」と開門を求める場面も放送された。彼らは衝突を恐れ、小銃も持たず、丸腰だった。ロシア軍は当然彼らの「職務復帰」を認めなかった。

(中略)

 大した効果もないビザ発給制限、資産凍結、旅行制限などの経済制裁を宣言したオバマ米大統領の外交政策には米国内でも批判が相次いでいる。「誰も米国を怖がらない」(CNN)と報じられるのも当然だ。ウクライナの指導者、ティモシェンコ元首相は、ロシアに対する国際社会の強硬姿勢を求めた。しかし、力を失った米国、各国の利害関係が対立するEUが、血を流すことを覚悟でロシアへの軍事行動に踏み切ると考える専門家はほとんどいない。

 ウクライナの領土喪失というあっけにとられるような事態は、あまりにも当然の教訓を残した。今も国際社会は力が支配する場であり、甘く見られれば領土を奪われるのであって、自分の国を自分で守る力が必要だという教訓だ。米国や友好国がわれわれを守ってくれるはずはないこともあらためて実感した。北朝鮮とにらみ合う状況で、独島(日本名:竹島)が自国領だと騒ぎ立てる日本も相手にしなければならない韓国にとっては、クリミア情勢は遠い国の出来事ではない。

キム・ドンソク経済部次長
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/22/2014032200716.html
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 忍法帖【Lv=12,マリンスライム】 2014/03/22(土)07:23:03 ID:dzKd1U51K
北朝鮮の金正恩政権による対日接近の本格化に韓国が神経質になっている。北朝鮮の狙いは、孤立してしまった国際評価の転換や人道支援への期待などだが、韓国にとって日朝関係が南北関係より進展すると、統一問題を最優先政策にしている朴槿恵大統領のメンツにかかわる大問題なのだ。

2002年の小泉訪朝時がそうだったのだが、北朝鮮は孤立すると対日接近してくる。というわけで、気の早い韓国からは「安倍晋三首相も電撃訪朝?」などと心配する声までささやかれている。(久保田るり子)

■金正恩政権、拉致問題はどこまで本気? 

日朝政府間協議が1年4カ月ぶりに4月にも再開することが決まった。
「対話を求める北朝鮮の態度は予想以上だ」

今月上旬から始まった非公式協議で日本側は手堅い感触を強めている。“本気度”のひとつの根拠になっているのは、北朝鮮側の交渉陣に国家安全保衛部(秘密警察)幹部が出てきたことにある。

北朝鮮に留められている日本人拉致被害者の管理の実態は長い間不明だったが、ここ数年、「拉致被害者は居住地が移され、2008年ごろから国家安全保衛部の管理下にある」との有力情報もあり、首脳部に直結する保衛部が日本人拉致問題を主導していることがはっきりしてきた。拉致が動いた小泉訪朝も、日朝水面下交渉で北朝鮮を代表したのは「ミスターX」と呼ばれた柳京(リュギョン)・国家安全保衛部副部長だった。

(中略)
■北朝鮮の狙い、本丸は遺骨ビジネス?

とはいえ、北朝鮮側の“本気度”については、いまのところ懐疑的な声の方が優勢である。「戦術的な見かけ倒し」というのだ。北朝鮮の狙う“本丸”はあくまで日本人遺骨収集ビジネスで、この事業に日本政府を取り込み、ジャパンマネー獲得をもくろんでいるとの見方だ。

(中略)

前回の赤十字協議で北朝鮮側は「遺骨の埋葬地の一部が都市開発の対象地域になっている」などと述べた。これは北朝鮮側が日本にインフラ整備などで資金提供を求めていることを示している。

北朝鮮は日朝協議で日本人拉致問題について、「すべて解決済み」との立場を変えて再調査などに誠意を持って答える準備があるのか。専門家の間では「拉致事件は体制の根幹にかかわる問題で、金正恩体制下での政策転換は困難」との見方が支配的で先行きは依然、不透明である。

■南北、日朝接近の本当の背景は中朝関係改善?

「金正恩氏の訪中要請に中国は応じていない。張成沢氏粛清で中国の態度はますます硬化した。最近の南北関係改善や対日接近は、対話路線への転換で孤立を回避し、中朝関係の緊張緩和をはかろうとの局面転換が最大の背景だ」(前出の専門家)

中朝国境情勢に詳しい関係者によると、張成沢処刑以後、中朝関係は急速に悪化し北朝鮮側に打撃を与えている。中国から北朝鮮に入る物資のうち、一部の生活物資や軍の戦略物資が突然、禁輸になるなど、中国は恣意(しい)的に北朝鮮に圧力をかけて中朝関係の窓口だった張氏粛清に対する「懲罰と警告」のシグナルを金正恩氏に送っているという。

(中略)

日朝の行方を最も注視しているのは韓国の朴槿恵政権だ。日韓のパイプを詰まらせたのは朴槿恵政権だが、24日からの核安全保障サミットでは日米韓首脳会談に応じると姿勢を転じた。いま、朴大統領は日韓連携の重要性を再認識しているのかもしれない。朴大統領が安倍首相に一番聞きたいのは、慰安婦問題より日朝関係の見通しだろう。

2014年03月21日09時56分 MSN産経ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/8654444/

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ