1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/23(木) 23:40:00.34 ID:???0
★GOM Playerアップデートで不正なプログラム実行の恐れ - ラックが注意喚起[2014/01/23]

ラックは1月23日、正規なソフトウェアのアップデートを装ってコンピューターウイルスに感染させる複数の事案を確認したとして、注意喚起を行った。

同社によると、顧客のネットワーク環境からネットに定期的に発信される不正なデータ送信の通信を確認したという。これにより、ラックは原因究明を行ったところ、定期的な通信を行うコンピューターウイルスを確認した。

その後、調査の過程で、感染経路の特定を行った結果、今回の事象「正規なソフトウェアのアップデートを装ったウイルス感染」が明らかになったという。

今回、ウイルス感染に悪用されたソフトは、GRETECHが提供する動画再生ソフトウェア「GOM Player」。通常はGOM Playerの起動時に、「app.gomlab.com」という正規サイトからアップデート設定ファイルを取得する。

しかし、このケースでは正規サイトではない「踏み台サイト」にアップデート設定ファイルを取得するように仕掛けられていた。ラックによると、「DNSキャッシュポイズニングのような通信経路内での改ざん」か「接続がリダイレクトされるように正規サイトが改ざんされた」ケースが考えられるという。

これによって、踏み台サイトから、コンピューターウイルスがダウンロードされ、PCが感染。感染したPCは、遠隔操作が可能な状態になって「PC内やネットワークの情報を盗み取られる可能性があった」(ラック)としている。

このケースでは、正規のソフトウェアアップデート機能を悪用した攻撃手法のため、攻撃を事前に回避することは難しいという。ただ、ウイルスに感染したか否かについては、プロキシサーバーと通信した痕跡を確認することで判別できるという。

ラックが把握している遠隔操作サイトは、以下の通り。
testqweasd.tk
211.43.220.89
114.202.2.4(IPアドレスは変化している可能性あり)

ほかにもPCにインストールしたGOM Playerの設定ファイル
「GrLauncher.ini」を開き、「、VERSION_FILE_URLの項目が
http://app.gomlab.com/jpn/gom/GrVersionJP.ini
以外になっていないか」、「GrVersion.ini」を開き、「DOWN_URL の項目が
https://app.gomlab.com/jpn/gom/GOMPLAYERJPSETUP.EXE
以外になっていないか」を確認することで判別できるとしている。

ラックでは、安全が確認されるまでアップデートを行わない運用か、既存のアップデート機能を使用せず、GOM Playerサイトから最新の実行ファイルをダウンロードするといった運用を推奨している。

http://news.mynavi.jp/news/2014/01/23/309/
偽の設定ファイルをダウンロードしてしまうことで、遠隔操作ウイルスに感染してしまう
no title


>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/01/23(木) 13:31:27.68 ID:???0
アメリカのバージニア州議会委員会が1月16日、州内公立学校の教科書の日本海の表記にすべて韓国呼称の「東海」を併記するという法案を可決した。 実施は確実視され、他の州にも広がりそうだ。韓国政府が韓国系米人パワーを使って全米規模で進める反日ロビー活動の結果であり、日本への影響も深刻である。

首都ワシントンに隣接するバージニア州はもともと韓国パワーが強い。全米170万の韓国系住人のうち、カリフォルニア、ニューヨークに次ぐ約15万人が住む。州内での「東海」運動は数年前から始まり、昨年1月にはとくに韓国系が集中するフェアファックス郡の実業家ピーター・キム氏が会長となって「韓国系アメリカ人の声(VOKA)」という組織が生まれ、活動を本格的に広げ始めた。

バージニア州の昨年11月の州知事選挙でも民主党テリー・マコーリフ、共和党ケン・クッチネリ両候補がともに「東海併記」を公約にしたほどだった。選挙ではマコーリフ氏が勝ち、知事となった。

州議会上院でこの法案を最も熱心に進めるフェアファックス郡選出のデーブ・マースデン議員(民主党)は「東海併記」の理由について「韓国系州民の子供たちは併記がなければ、東海という自分たちの遺産を知らされず、米国民としての尊厳も失う」と、やや奇異な説明をする。

日本海を日本海と呼ぶことは国際的にもアメリカ連邦政府レベルでも定着してきたからだ。だがマースデン議員は日ごろVOKAから支援され、昨年8月には夫人とともに韓国政府からの正式招待で1週間、訪韓し、東海併記法案の推進を要請された。その経緯は全体図を明確に示す。

東海の呼称の宣伝は韓国政府が対米ロビーの目標として慰安婦問題よりも重点をおき、韓国系米人の側も団結しやすい課題なのだ。VOKA以外でも「韓国アメリカ公共政策委員会(KAPAC)」という慰安婦問題を越えて対米工作を手がける全米規模の機関が動いている。そしてその目標は韓国政府が訴えた国連地名標準化会議が一定の結論を出す2017年までにアメリカ全州でバージニア州と同じ公立学校教科書への東海併記を実現させることなのだ。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3579
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/23(木) 20:04:22.30 ID:???
【統営聯合ニュース】韓国南部、慶尚南道の市民団体「日本軍慰安婦ハルモニ(おばあさん)とともにする統営・巨済の市民の集まり」が23日、旧日本軍慰安婦にされた女性の名誉と人権の回復に向けた嘆願はがきを日本と国連機関に送った。

2012年の嘆願はがきを送る運動で集まった2万7872通は日本の衆議院議員会館にある安倍晋三首相の事務所に、2013年の第3回運動の3万9213通はスイス・ジュネーブの国連人権高等弁務官事務所に宛てて発送された。

特に中高生が寄せたはがきはまっすぐな気持ちが伝わるものが目立つ。

金海市内の中学3年の女子生徒は、韓服姿の少女が慰安婦として連れて行かれる様子や日本軍におびえる姿を絵にした。「I was not a human(私は人間ではなかった)」から始まる文章で、自身が慰安婦の立場になったつもりで当時の状況を説明した後、「今こそ国連が、こうしたことが繰り返されないよう特別な措置を取る時」と訴えた。別の生徒は、慰安婦問題の解決を求めてソウルの日本大使館前で開かれる「水曜集会」を紹介し、国連人権高等弁務官に参加を求めた。

2012年の運動で集めたはがきは日本政府に送るものだったため、日本語で自分の考えを書いた生徒も多かった。日本政府の責任を厳しく問う内容がほとんどだったが、300通以上は行き過ぎた表現があるとの判断から発送されなかった。この市民団体は嘆願はがきの発送に先立ち、統営市に設置された慰安婦追悼碑の前で嘆願はがきの趣旨などを説明する記者会見を開いた。元慰安婦のキム・ボクドゥクさんも同席した。

嘆願はがきを送る運動は2010年に始まり、第1回運動で集まった2万1085通は日本の国会議員らに手渡された。2012年の第2回運動のはがきは同年9月に日本政府宛てに送る予定だったが、日本で右傾化の動きが強まっていた上、発送費が足りず送付を見合わせた。今回の発送費は全国からの寄付金を充てた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/01/23/0200000000AJP20140123001300882.HTML

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ