1: 蚯蚓φ ★ 2014/01/22(水) 20:48:43.27 ID:???
(ダボス=聯合ニュース) スイス、ダボスフォーラムで韓日首脳の遭遇有無が関心を集める中、歪曲された歴史認識で良く知られた日本の下村博文、文部科学相が21日(現地時間)夕方、ダボス・ベルヴェデーレホテルで開かれた’2014韓国の夜‘(Korea Night)行事に突然出席し、一時、外交的非礼ではないかと指摘されるなどハプニングが起きた。

全経連が22日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボスフォーラム)開幕を控えて主催した韓国の夜の行事は朴槿恵(パク・クネ)大統領が参加し、グローバル企業最高経営者らを相手に韓国に対する積極的な投資を求めるなど、韓国としては重要な行事だったが、突然、下村文部大臣など日本側の人々が現れて雰囲気が気まずくなった。

さらに下村文部大臣は今月16日、日本の朝日新聞とのインタビューでモンゴルが13世紀に日本を征伐しようとした元寇に対する共同研究をユン・ビョンセ外相に提案すると発言したかと思えば、独島(ドクト、日本名:竹島)が自国の固有領土と主張し、日本の中高等学校教科書製作指針に反映するという歪曲された歴史認識を持った人物なので彼を眺める視線は厳しかった。

しかし、全経連が運営するあるビジネスグループの名簿の中に下村文部大臣が入っており、その名簿にある人物にはみな招請状が発行されたことが確認されて外交的非礼ではないことが明らかになった。

彼ら一行は行事開始時間の夕方7時30分より20分先に行事場所に到着し、一部はパク大統領の演説が始まった夕方8時10分まで待たず、一部だけ残ってパク大統領の演説の一部を聞いた。しかし、下村文部大臣はユン・ビョンセ長官には会えなかったと行事関係者たちは伝えた。 (リュ・ヒョンソン特派員)

ソース:ファイナンシャル・タイムズ(韓国語)
 ダボスフォーラム'韓国の夜‘行事に来た日本文部大臣
http://www.fnnews.com/view?ra=Sent1101m_View&corp=fnnews&arcid=14012208320496&cDateYear=2014&cDateMonth=01&cDateDay=22

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト




コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/22(水) 21:32:02.34 ID:???

韓国の観光業界が大寒波に見舞われている。韓流ブームの終焉(しゅうえん)に日韓関係の悪化、そして円安ウォン高。トリプルショックが直撃し、日本人観光客が激減したというのだ。人気スポットには閑古鳥が鳴き、倒産の憂き目に遭う商店も続出。

政治・経済分野で急接近する中国からの観光客が増えたものの、その勢いには陰りもみえる。朴槿恵(パク・クネ)大統領(61)による異常な反日外交のツケが韓国経済に回り始めた。

「日本人は減っちゃった。いまは中国人ばかりだよ。
中国人は買ってくれないから、日本人に戻ってきてほしい」

韓国・ソウルの観光スポット、南大門(ナンデムン)市場。韓国のりなどを扱うみやげ物店の40代店主は、たどたどしい日本語でつぶやいた。正月休みまっただ中の1月初旬。普段なら多く見かけるはずの日本人観光客はほとんどいない。

ソウル中心部の明洞(ミョンドン)にある有名百貨店でも客層は一変していた。5年ぶりに同所を訪れた東京都世田谷区在住の30代女性会社員は「前は百貨店でブランド品や韓国コスメを買い求める日本人女性が多かった。今はまったく違う。買い物していても聞こえてきたのは中国語ばかりだった」と振り返る。

統計にもこの傾向は表れている。韓国法務省が15日に発表した2013年の出入国者の統計によると、長期滞在者を除き、観光客などとして韓国を訪問した日本人は12年に比べ、22・4%減の約271万人だった。反対に中国人は対前年比43・6%増の約392万人。国籍別でトップとなり、外国人全体の36・7%を占めた。韓国を訪れる外国人は長年、日本人が最も多かったが、中国が1位になったのは今回が初めてという。

日本人の韓国離れは、経済にも打撃を与えている。現地通信社「聯合ニュース」は、南大門市場で日本人客相手に商売する韓国人店主らの嘆きを伝えた。長く続いた円高相場の恩恵に浴していた商店や両替商の中には、廃業したり、営業時間を短縮したりする店舗が相次いでいる。

特に厳しい立場に立たされているのが、毛皮商だ。韓国の革製品は日本よりも安価で購入できるとあって若い女性に人気が高い。革製品専門店が集中する東大門(トンデムン)の光煕市場(クァンヒシジャン)や、梨泰院(イテウォン)などは、日本のファッション雑誌で特集が組まれるほどで、雑誌を片手にムートンやレザーコートをオーダーメードする女性客でにぎわっていたが、「今は人出が減って見る影もない」(現地関係者)。

頼みの綱は、日本人に取って代わって「お得意様」に躍り出た中国人観光客。ソウル市内では「免税店の一部が、看板の字をハングルから中国語に書き換える」(同)など、中国にかじを切る店も出始めた。だが、そんな関係者の期待に冷や水を浴びせる事態が起きている。

韓国事情に詳しいノンフィクションライターの高月靖氏は「政府系シンクタンクの調査によると、中国の観光客は05年には71万人ほどだったのが、12年には284万人に増えた。昨年上半期も倍々ゲームで増え続けていた。だが、下半期に急に失速した。12月の訪韓者数は28万人で8月の64万人から半減。原因の1つと考えられているのが、昨年10月から施行された『旅遊法』だ」と説明する。

「旅遊法」とは、日本でいう旅行業法のことで、中国人観光客が旅行する際に不利益を受けないようにするためにつくられたという。悪徳業者による粗悪な格安ツアーを駆逐するのが目的だが、規制が設けられたため、「中国での韓国旅行の価格相場は30~50%も高騰。これに伴い、うなぎ上りだった旅行者数の増加に歯止めが掛かった」(高月氏)。

日本人観光客に敬遠され、頼みの中国人の先行きも不透明で、袋小路に陥る観光業界。惨状を招いた原因は何なのか。

韓流ライターの児玉愛子氏は「韓流ブームが落ち着いたことや、円安ウォン高の影響もあるが、日韓関係の悪化も原因の1つだろう。私自身、竹島問題が大きく報道されたときに、タクシーで乗車拒否に遭ったり、現地住民に『何で日本人が来るんだ』と悪口を言われたりした。私のように旅行中に不快な思いをした人は1人や2人ではないだろう。いくら韓国に好意的な人でも、あまりの反日ぶりに引いてしまった人が多いのではないか」と指摘する。

活路は「反日」を脱却するしかないということか。

http://news.livedoor.com/article/detail/8457114/
no title

韓国を代表する観光スポット・南大門市場。日本人が激減している

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/22(水) 09:56:19.19 ID:???
明治維新の立役者の一人で元首相の伊藤博文を暗殺した
朝鮮の独立運動家、安重根(アンジュングン)の評価をめぐり、
日本政府と韓国、中国両政府が非難しあっている。

暗殺現場である中国のハルビン駅に、地元当局が記念館を開設したためだ。昨年の安倍首相による靖国神社参拝に対抗した対日圧力の一環とみられる。いまの北東アジアに何より必要なのは融和の努力のはずだ。なのに、あえて対立の火種を増やし、言い争いを深める事態を憂慮せざるをえない。

安重根の評価は、とくに日韓の間で対照的だ。菅官房長官は「死刑判決を受けたテロリストだ」とし、韓国外交省は「独立と東洋の平和のために献身した偉人」と反論している。この落差を埋める手だては、容易には見つからない。歴史とは、同じコインの表と裏を見るように、それを評価する者の立ち位置や考え方によって異なる叙述になりがちだからだ。

9・11テロ事件の直後、当時のパウエル米国務長官はテロの認定の難しさをこう語った。「ある者には『テロリスト』でも、別の者には『自由の戦士』に映るような領域がある」パレスチナのアラファト氏や東ティモールのグスマオ氏のように、時に犯罪者、時に英雄とされた例は世界史に数多い。

日本と中韓が安重根をめぐる自説をぶつけ合っても、生まれるものは争い以外にない。自国の叙述に閉じこもったまま相手の理解のみを求める行為は、もはや外交とはいえない。どの国の間にもある永遠の平行線の課題は棚上げし、協調できる結節点を探るのが政治の責務だろう。日中韓の指導者たちにはその自覚が欠けている。

政府間のさや当てをよそに、韓国民の間では日本との距離を縮めようとの声も出ている。韓国の世論調査によると、安倍首相の靖国参拝後でも、半数近くが日韓首脳会談の実現を支持している。ソウルでは、長崎・対馬で盗まれた仏像を日本へ返すよう政府に求める訴訟が韓国の市民団体によって起こされた。

市民レベルや経済界では無為な対立を続けるよりも、新たな互恵の関係をめざす動きが芽生えているのに、政治のリーダーたちはなぜ、負の連鎖を断ち切れないのか。自国の歴史観を押し通すことで国内の狭い支持層を喜ばすことはできても、複眼的な視座が求められる外交の地平は開けない。日中韓の指導者は、アジアの未来を描く大局観こそを語り合ってほしい。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/22(水) 12:10:08.16 ID:???
安重根は大韓国人だ。彼の遺墨もそう語っている。しかし彼は大韓国人ではなかった。すでに世界の人だった。東洋を離れて人類の大義、すなわち平和と自由を死で実践していった大物だ。21日、中国のハルビン駅構内にある「安重根記念館」で感じた記者の所感だ。違う、そこで会ったすべての中国人の老若男女、さらには一部の外国人までが同じ考えだった。

例外があるとすれば、歴史を直視することも反省するすべも知らない安倍政権だろう。日本の菅義偉・官房長官が20日、安重根義士を「テロリスト」と呼んだ。

彼は「テロリスト」の意味から再び学ぶべきだ。英語の辞典でこの単語は「政治的な目的のために計画的に暴力を、特に殺人や爆弾を使う人(A terrorist is a person who uses violence、especially murder and bombing、 in order to achieve political aims)」と定義されている。

菅官房長官の論理のとおりならば、安義士が個人的な政治目的のために伊藤博文を狙撃したということだ。だが、その答がまさにこの展示館にある。ここに展示された110点余りの資料は、明らかなファクトで安義士の偉業の目的を雄弁に物語っている。

アジアを血の海にした日本帝国主義の残忍な侵略戦争に対する狙撃であり、人類平和を渇望する1人の若い将軍の意気だったということだ。中国側も安義士写真の下に「東洋平和の創意者」という文を掲げて、「狙撃」が平和を大切にした末のものだったという点を明確に明らかにしている。実際もそうだった。端的な例が、旅順の監獄で死刑執行前の安義士が、日帝に東洋平和論の執筆を終えたいから死刑執行の日時を延期してほしいと要求した資料だ。しかし日帝はこれを拒否して死刑執行を押し切る野蛮性を見せた。

資料室には、安義士の平和思想に魅了されて彼の遺墨の一点をもらおうとする日本の官員たちが続出したという資料もある。これは日本自らも安義士の挙事に個人的な政治目的がなかったことを認めたものといえる。

世界のどの時代、どこのテロリストが死刑直前に人類平和のための執筆をこれほど渇望したことがあっただろうか。だから言う話だが、安倍首相と彼の閣僚は安重根記念館に必ず一度行ってみるべきだ。行って、客観的資料を見て、安義士をテロリストと呼ぼうが義士と呼ぼうが好きにすればいい。それが義のために割腹するという日本の伝統文化、侍精神ではなかったか。 チェ・ヒョンギュ北京特派員

http://japanese.joins.com/article/877/180877.html?servcode=100§code=140

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/22(水) 11:31:58.34 ID:???
韓国の朴政権が中国のハルビン駅に「安重根記念館」を建設したというのは、日本に対する宣戦布告に等しい。だからといってドンパチで応じるわけには行かないが、相手がそう出るなら日本政府は心理戦で臨むことだろう

▼朴大統領が中国の習近平主席との会談の中で安重根の記念碑を同駅に建てたいと申し出たと聞いた時は耳を疑った。いくら同国では英雄であろうと日本にとっては初代伊藤博文首相を暗殺したテロリストである。国内であがめる分には目くじらを立てることもあるまいが、これ見よがしの日本冒涜は、もはや隣人の振るまいから逸脱している

▼安倍政権は中韓との関係修復には前向きだが、相手特に韓国にはその気がないようだから、取り繕いなどせずにさっさと引っ込め、今後毅然とした態度で対応すべきだろう。民間交流はともかく、政府間協力も政府間交渉も凍結するぐらいの覚悟があってしかるべきである

▼南スーダンに駐留する韓国軍の要請で自衛隊の銃弾1万発を貸したら国内の反発に遭い一転して頼んだ覚えがないと返してくるという、世論に気兼ねする国内事情は理解しないではないが、一事が万事この調子だから、歩み寄るだけムダだろう

▼中韓に対して何かあれば「冷静に冷静に」とか「話し合いで解決すべき」と、あたかもはれものにさわるような態度を続けてきた日本の弱腰がすっかりみすかされたその結果が、相手にどこまでも付け入る隙を与えてきたのだから、そろそろ弥縫外交と訣別する頃合いであるまいか。

http://www.tohkaishimpo.com/scripts/column.cgi

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/22(水) 11:37:28.60 ID:???
21日に開催された統一国際カンファレンス(会議)の出席者らは、北朝鮮に行動を変えさせるためには周辺国の協力が絶対に必要であるとの点で一致した。北朝鮮の核問題を解決するためには韓国、米国、中国、日本の対話ルートを確保すべきとの見解も示された。

とりわけ日本に関しては「歴史認識問題などで周辺国が抱く憂慮を解消すべき」との意見が多かった。

米国のカーネギー国際平和財団のダグラス・パール副所長は「日本の安倍晋三首相が昨年末に靖国神社を参拝したのは『状況がこれ以上悪化することはない』と計算した上でのことかもしれない。しかし北朝鮮情勢を考えたときに、その考えは大きな読み違いだった」と指摘した。パール氏は「日本は今すぐ周辺国と米国の懸念を払拭(ふっしょく)させる措置を計画すべきだ」と警告した。

延世大学の李正民(イ・ジョンミン)教授(国際政治学)は「一部では韓国が感情を自制すれば(韓日関係は)うまくいくとの見方もある」としながらも「安倍政権が歴史認識を変えないのであれば、核心事項について議論するのは難しい」と指摘した。

米国のヘリテージ財団東北アジア・センターのブルース・クリンナー研究員は「米国のアジア政策の成否は韓日関係によって決まる」「米国は韓国と日本が緊密な接触を通じて安全保障面での協力を実現させられるよう、調整と和解に向けた手続きに取り組まねばならない」と述べた。

統一基盤の構築に向け、国家間の協力が必要との指摘もあった。ブルッキングス研究所のエバンス・リビア研究員は「統一韓国のビジョンを他国に説明すべきだ」と強調。リビア氏は「統一に対する国際社会からの支持を取り付けることは、統一に向けた経済面での準備と同じく重要なことだ」などと指摘した。 (パク・スチャン記者 )

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/22/2014012201305.html
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: ニライカナイφ ★ 2014/01/22(水) 09:11:41.01 ID:???
◆【産経抄】朝鮮人を信じた伊藤への銃弾

明治39年、農政学者の新渡戸稲造が韓国に伊藤博文を訪ねたことがある。伊藤は日本が保護国とした韓国の政務をみる統監の地位にあった。新渡戸は伊藤に、日本から韓国への移民促進を訴えにきたのだが、伊藤は「我輩は反対しておる」だった。

▼「しかし朝鮮人だけでこの国を開くことができましょうか」と反論する新渡戸にこう答えた。「君、朝鮮人はえらいよ…この民族にしてこれしきの国を自ら経営出来ない理由はない」。伊藤によれば、韓国の現状は人民が悪いのじゃなく、政治が悪いからである。

▼瀧井一博氏の『伊藤博文』が紹介するエピソードである。だから伊藤が初代韓国統監を引き受けたのは、韓国の政治改革を推進し、韓国人の潜在的自治能力を開発するためだった。文官である自らが統監となることで、日本軍による介入を抑える狙いもあったという。

▼最終的には「日本の安全保障のため」という小村寿太郎外相らに押し切られるが、日本への併合にも終始慎重だった。満州(中国東北部)への日本の進出にも反対で、俗な言葉では「ハト派」の長老だった。韓国や中国(清)にとって良き理解者と言ってよかった。

▼その伊藤が統監辞任後の明治42年、満州のハルビンで韓国人の安重根により暗殺された。当然日本の世論は激高する。閣議決定済みだったとはいえ、併合に拍車がかかったことは言うまでもない。伊藤が避けようとしていた「武断統治」を招くことにもなった。

▼そんなテロリストの記念館がハルビンに建設された。中韓反日連合の象徴のつもりらしいが、これこそ歴史を直視できない愚挙である。もっとも韓国併合を「悪」一点張りで描き、伊藤をその首謀者のようにしてきた日本の自虐史観の罪も大きい。

MSN産経ニュース 2014年1月22日 03:16
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140122/plc14012203160002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140122/plc14012203160002-n2.htm
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ニライカナイφ ★ 2014/01/22(水) 11:01:15.06 ID:???
◆【社説】北東アジアの歴史摩擦を解決する国は韓国しかない

過去の歴史の認識をめぐり韓日中3カ国の葛藤が深まっている。安倍晋三首相の昨年の靖国神社参拝がもたらした流れだ。安倍首相の靖国参拝が北東アジア歴史戦争の序幕なら、中国と韓国の対応は第2幕だ。お互い対応が全面的で非難の修辞が激しい。米国は財政難のため日本の安保の役割を高め、歴史挑発を防ぐ“瓶の栓”の役割を果たせていない。

アジア回帰政策を掲げたが、バランサーとしての限界を表し始めた。韓日中間の経済の相互依存と民間交流は拡大するが、過去の歴史と政治が足かせとなる北東アジアパラドックスの長期化が避けられないとみられる構造だ。民族主義がうごめき、国内政治も絡んでいる。歴史摩擦の後遺症は相当なものだ。1965年の韓日国交正常化、1972年の米中および日中国交正常化以来、北東アジアが現在のように全面的な歴史問題の渦に巻き込まれたことはなかった。

何よりも日中間の対立の溝が深い。安倍首相の暴走に対抗して中国が外交的な力を総動員し、国際的な対日非難世論戦を繰り広げている。中国政府と官営メディアは連日、日本の右傾化を批判し、海外公館長約30人が現地メディアとのインタビューと寄稿で日本の挑発を告発した。中国外務省報道官の口から「悪魔」という言葉までが出てきた。過去の小泉純一郎首相の靖国参拝当時、ほとんど抗議と遺憾表明レベルにとどめた、節制した対応は見られない。

小泉首相は在任時期の2001-2006年、なんと6回も靖国を参拝した。中国の対応には、世界2位の経済大国に成長した自信と、積極的平和主義を掲げた日本の軍事力強化に対する警戒があるとみられる。

安重根(アン・ジュングン)義士が朝鮮初期に統監の伊藤博文を狙撃したハルビン駅に、中国が安義士記念館を開設したのも同じ脈絡と解釈される。6月に訪中した朴槿恵大統領が習近平国家主席にハルビン義挙現場への「記念碑」設置を要請したのに対し、中国は「記念館」で応えた。2006年に韓国人事業家らがハルビン中心街に立てた安義士の銅像の撤去を要求したのとは全く違う。韓国に対日連隊をしようというメッセージでもある。

日本非難のための中国の国際連帯の動きはもう一つの特徴だ。住民のデモがない点も目を引く。一党体制の下のデモは、その対象が何であろうと指導部には負担だ。中国の緻密で執拗な対応がうかがえる。尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる領土紛争に加えた日中間の対立の退路は見えない。韓日摩擦も同じだ。

北東アジア情勢は第1次世界大戦直前の欧州と変わらない。北東アジアが不信と対立、20世紀の遺産から抜け出す作業の1次的な責務は日本にある。安倍内閣の相次ぐ歴史挑発は、日帝軍国主義の被害を受けた周辺国の傷口に塩をぬる姿だ。安倍内閣が軍慰安婦を認めた河野談話と、過去の侵略戦争の反省と謝罪を盛り込んだ村山談話の継承を明言し、これを行動に移す時、北東アジアの歴史をめぐる摩擦は弱まる。安倍内閣の追加の状況悪化措置を警戒する。

韓国政府は中国と連帯して日本の歴史認識問題に対応する姿として映らないよう注意しなければいけない。韓国は中国とも歴史をめぐる摩擦の火種を抱えている。中国が東北工程作業をたたんだという話はまだ聞こえない。過度な韓中連帯は諸刃の剣だ。現在の北東アジア対立の基本軸が日中間という認識も持つ必要がある。安重根義士が「東洋平和論」で韓半島(朝鮮半島)と東洋の平和のために韓国・清・日本の水平的連帯と平和会議体・経済共同体・平和維持軍の創設を主張したことの顕在的な意味を深く考慮する必要がある。

韓国は中国とは日帝の侵略・支配という過去の歴史を、日本とは民主主義と人権の価値を共有している。3カ国間の平和と繁栄の未来を率いていく国は韓国しかない。それが未完の「東洋平和論」を完成する道だ。

中央日報 2014年01月22日09時35分
http://japanese.joins.com/article/881/180881.html?servcode=100§code=110

2009082501495_1_20140112075202.jpg

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: ニライカナイφ ★ 2014/01/22(水) 01:55:44.74 ID:???
◆ソウルに“酸性雪”が降る、酸度はオレンジジュース並み―韓国メディア

韓国紙・朝鮮日報の中国語版ウェブサイトは21日、「ソウルに『酸性雪』が降る、酸度はオレンジジュース並み」と題した記事を掲載した。20日午後4時20分ごろ、ソウルに雪が降り始めた。この時のソウルの微小粒子状物質(PM2.5)の濃度は1立方メートル当たり112マイクログラム。同100マイクログラムと定められた環境基準を超えていた。

同4時24分、ソウル市保健環境研究院によると、ソウルの水素イオン濃度指数(pH)値は4.09から4.04へと変化した。これはちょうどオレンジジュースやワインの酸度(pH4)に相当する。pH7を中性とし、これより数値が低ければ低いほど酸度が強いということになる。この日、ソウルの広い範囲で“酸性雪”が降った。午前中の雪で大気中の汚染物質は洗い流されたはずだが、午後に降った雪のpH値は4.3から4.4に達していた。中にはpH3.8の雪が降った地域もあったという。

no title

XINHUA.JP 2014年1月21日(火)21時45分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000040-xinhua-cn.view-000

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/21(火) 18:07:39.32 ID:???
安重根記念館歴史問題で、日本に対する圧力を加えようとする中国と韓国の連携が一段と強まった。憂慮すべき事態である。

中国黒竜江省ハルビン駅に、「安重根義士記念館」が開館した。安重根は、朝鮮独立運動家で、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した人物だ。韓国では、日本支配に抵抗した英雄とされる。

朴槿恵・韓国大統領が昨年6月、習近平・中国国家主席に、暗殺現場のハルビン駅に記念碑の設置を求めた。それに、中国側が記念館の設立で応えたものだ。朴氏には、日本の歴史問題で、中国と共闘する狙いがあったのだろう。韓国外交省は、開館を歓迎し、安重根が「韓中両国民から尊敬されている」と強調した。

しかし、日本の立場や国民感情を無視して作られた記念館は、到底受け入れがたい。日本政府はこれまで再三、両国に懸念を伝えていた。開館に際して、韓国と中国に対し、外交ルートで抗議したのは当然だ。菅官房長官は、安重根について、「我が国の初代首相を殺害し、死刑判決を受けたテロリストだ」とし、この件での中韓連携は「地域の平和と協力の関係の構築に資するものではない」と述べた。

朴氏の意向を受け入れ、記念館を設立した中国も問題である。多民族国家の中国にとって、安重根を称揚することは、少数民族である朝鮮族の国境を超えた民族意識を刺激しかねない危険をはらんでいる。それでも、中国が記念館開設に踏み切ったのは、反日をテコに、韓国を外交的に取り込もうという打算が働いたのだろう。日米韓の外交・安全保障上の連帯にくさびを打ち込む狙いがうかがえる。

一方、安重根記念館以外でも、韓国は、歴史認識に関する一方的な主張を強めている。
国際機関や第三国で、日本の立場を損ねていることは看過できない。

韓国政府は、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)による世界記憶遺産に、いわゆる元従軍慰安婦らの証言記録を登録するための準備を始めた。フランスで行われる国際漫画祭では、慰安婦問題をテーマとする作品を展示すると決めた。米国では、韓国系団体が、教科書に「日本海」に加えて、韓国での呼称「東海」を併記するように求める運動を展開している。日本政府は、韓国の執拗(しつよう)な外交工作に対抗して、正確な事実関係を丁寧にかつ粘り強く、世界に対して主張していくしかない。(2014年1月21日01時14分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20140120-OYT1T01501.htm

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ