1: 動物園φ ★ 2013/12/30(月) 10:34:02.18 ID:???
【社説】安倍首相の暴走について米国が考えるべきこと

米紙ニューヨーク・タイムズは28日付で「日本は今や米国にとって信頼できる同盟国ではなく、アジアの新たな頭痛の種となった」と報じ、日本の安倍首相による靖国神社参拝を厳しく批判した。またワシントン・ポストも「日本の首相による靖国神社参拝は、地域の緊張を高めるだけの無用な挑発」との見方を示した。しかし、安倍首相が米国の頭痛の種となったことについては、間違いなく米国にも一定の責任があるはずだ。

旧日本帝国の侵略と犯罪という北東アジアに確立された歴史認識に対し、安倍首相は今なお正面から挑んでいるわけだが、これは米国がその背後にあるという自信がなければ不可能なことだ。財政難の影響で米国は国防予算の削減に取り組んでおり、それにより生じる空白を日本の力で埋め合わせる戦略を進めている。

米国による対中戦略と対北朝鮮政策で、日本の役割の重要性が高まったことを利用し、安倍首相は米国の顔色を意に介さず、侵略戦争を否定するという暴挙を繰り返してきた。

しかもこれに対して米国は、安倍首相による一連の挑発的言動を傍観、あるいは消極的に批判するだけにとどめてきた。米国は安倍首相が集団的自衛権という言葉を使って推進する日本の軍事力強化については、明確な基準もないままこれを積極的に支援している。これら米国による一連の姿勢や態度が、安倍首相の読み違いを招いたのは否定できない事実だ。

安倍首相が侵略戦争の歴史を否定するのは、太平洋戦争で犠牲になった米国国民の行為に対する正当性の否定につながるにもかかわらず、それでも米国は日本の歴史歪曲(わいきょく)を他人事のように放置してきた。しかし、もし米国からの強い警告があれば、安倍首相は日本がこれまで行ってきた反省の態度を改めようとは考えにくかったはずだ。ところが米国は逆に韓国に対し「歴史問題と安全保障問題は分けて考えるべき」と一貫して要求してきた。

日本は独自の核武装を行わない以上、米国の影響力から絶対に抜け出すことはできない。ニューヨーク・タイムズも「米国の支援なしに日本が軍事面で影響力を拡大することは不可能だ。米国政府は安倍首相に対し、自らの行動がアジアで何のプラスにもならないことを明確に伝えなければならない」と主張した。今回、米国が自分たちの立場を明確にし、安倍首相に靖国神社参拝を謝罪させ、再発の防止を約束させなければ、米国のアジア戦略はその根本から揺らいでしまうだろう。韓国国民の心の傷によって米国に発生するであろう被害は、日本の資金で埋め合わせることはできない。

米国のヘーゲル国防長官は28日に声明を発表し「沖縄県の普天間基地移転計画の承認を歓迎する」とした上で「米日両国は引き続きパートナーシップを強化していくだろう」と述べた。これは米国務省報道官が安倍首相の靖国神社参拝について「失望した」と発表した翌日のことだ。安倍首相は25日の沖縄県知事との会談で、米軍普天間基地移転問題にある程度見通しをつけ、その翌日に靖国神社を参拝した。

つまり「基地問題の進展」というプレゼントで米国の批判をかわせると考えたのかもしれないのだ。ただし、米国が安倍首相の計算通り動くかどうかはまだわからず、これは近く明らかになるだろう。安倍首相は米国をなだめるため、すでに外交力を総動員している。しかし日本が自らの姿勢を見直さない限り、米国の新たなアジア戦略は成立させることも不可能だ。来年4月に日本を訪問するオバマ大統領はこの厳然たる事実を正確に認識してほしいものだ。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/30/2013123001000.html

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/30(月) 16:15:02.12 ID:???
終わりの見えない慰安婦問題に解決の糸口が見え始めたのだろうか。日本の代表的な保守右翼新聞である産経新聞が、「慰安婦は自発的に参加したし、当時は将官よりも多くのカネをもらっていた売春婦」だと悪意的に宣伝してきた従来の態度を一変させる記事を報じたのだ。

同紙は今月6日付で、「日本が慰安婦問題で国際世論の主要戦場である米国で押されている」という内容の記事を掲載した。主な内容は、米国内で「慰安婦問題」がどう認識されていて、現実は自分たちが考えているよりも遥かに悲観的であるというものだった。

同紙によると、今年10月31日、東京永田町の自民党本部で開かれた「経済活力雇用創出研究会」で、代表的な知日派政治家として知られているリチャード・アーミテージ元米国務副長官が「米日同盟の重要性と経済問題」について行った講演会と質疑応答を終えた後、突然「心を傷ついた女性が一人でもいるのなら、それは決して許される問題ではない」と発言し、出席した日本議員たちを戸惑わせた。

また、安倍晋三首相の靖国神社参拝について、日ごろ「理解する」という立場を表明してきたジョージタウン大学のケビン・ドーク教授も「慰安婦を利用したこと自体が非道徳的な罪」だと言い切った。日本の右翼と安倍政権の国際感覚がどれだけ遅れていて、しかるべき対応ができていない現実を、日本右翼を代表するメディアである産経新聞が伝えているのだ。

筆者が米国で感じた空気も、これと変わらない。日本政府は慰安婦問題の解決に向けて、「来年に対外広報予算を2倍に増やす」と断言しているが、実際米国での広報活動を担当している外務省には、このことに大変躊躇っている空気が読み取れる。

つまり「日本が徒に動き出して広報活動に乗り出せば、相手(韓国)はもっと大きな声を出すことになりかねない」として「今のところ慰安婦問題は米国とカナダでも主に韓国系が大勢居住している地域に限定して提起されているが、日本が大々的に動き出せば関心がなかった韓国系やその他の地元住民まで加わり、問題がとんでもなく広がるだろう」というものだ。

実際、米国内で日本外務省にできることは、在米韓国人たちが慰安婦記念碑や記念銅像を建てようとしているという情報を入手すると、現地の領事館や東京から外交官を派遣して必死で世論の沈静化に取り組む仕事しかない。

基本的に日本は慰安婦問題を含め、韓日請求権問題が1965年の韓日基本条約や韓日請求権および経済協力協定によって全て解決済みだと米国の実力者たちに訴えて記念碑や銅像の設置に賛同しないようにすることに力を入れてきたが、これさえも慰安婦の強制性を認めた「河野談話」のため、これ以上の進展は難しい雰囲気だ。

日本外務省の幹部らは、米下院を通過した慰安婦決議案と、これに基づいた米東部と西部で慰安婦記念碑や銅像を設置しようとする動きが、山火事のように広がる受け止めている雰囲気もある。これは在米韓国人たちがニューヨークやニュージャージー、カリフォニアなどに慰安婦記念碑設置運動を展開したことが大きな圧力となったからだ。

2006年に当時の小泉純一郎首相が参拝した際、「日本の内部問題」だとして消極的な反応を見せた米国世論だが、今回の安倍首相の靖国参拝については「失望」という積極的な表現を使って強く批判した。慰安婦問題で妄言を連発していた産経新聞が態度を一変させたように、米国の政界と市民レベルの世論が変わりつつある。

日本の右翼と安倍首相をはじめ、歪曲された歴史認識は居場所がなくなりつつあることを日本は知るべきだ。


http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013123034608

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: そーきそばφ ★ 2013/12/30(月) 14:37:13.22 ID:???
韓国サッカー協会の関係者は30日、3月に通知された2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の主審・副審の候補156人に、韓国人の審判がひとりもいないことを明らかにした。

韓国メディアによると、国際サッカー連盟(FIFA)が公開したブラジルW杯の主審・副審のうち、アジアサッカー連盟(AFC)の審判は21人(主審7人、副審14人)だが、韓国人審判の名前は挙がらなかった。

韓国は1994年の米国W杯でパク・ヘヨン審判が初めて副審に選出されたのをはじめ、フランスW杯(1998年)ではジョン・ヨンヒョン審判が副審に、日韓W杯(2002年)ではキム・ヨンジュ審判が主審を務めた。ドイツW杯(06年)、南アフリカW杯(10年)にも副審を輩出し、これまで計5人の韓国人がW杯で審判を務めた。

韓国メディアは、韓国代表は8回連続でW杯の本戦に出場したが、審判は国際水準に満たず、6回連続の輩出に失敗したと報じた。また06年のドイツW杯で「トリオシステム」が採用されて以降、韓国系審判が活躍する機会が減少したと指摘。語学や体力の試験にも通過できず、AFCから審判の推薦も受けられなかったと伝えた。(編集担当:新川悠)

サーチナ 12月30日(月)14時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131230-00000260-scn-spo
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: そーきそばφ ★ 2013/12/30(月) 15:37:42.41 ID:???
【ソウル聯合ニュース】韓国国防部のユ・ムボン国際政策次長は30日、国会の外交統一委員会で、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍が派遣団に銃弾1万発の支援を要請する前、国防部や外交部に報告していなかったことを明らかにした。

「当時、部隊長が状況があまりにも緊迫していると判断したため」という。ユ次長は「状況が急速に悪化し、国連側に問い合わせ、(国連側から)日本と米軍が(支援)可能との回答を受けて日本に先に問い合わせた」と説明した。その後に軍の合同参謀本部に報告し、国防部長官と合同参謀本部議長が報告を受けたのは22日午前10時の総合状況評価会議の際とした。

聯合ニュース 12月30日(月)15時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131230-00000017-yonh-kr
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★ 2013/12/30(月) 12:07:53.11 ID:???
【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は30日、今年最後の首席秘書官会議で、「新年は過去の傷口を広げ国家間の信頼を崩し、国民の感情を悪化させる行動がないことを望む」と述べた。安倍晋三首相の靖国参拝をあらためて批判するとともに、日本政府の姿勢転換を求めた発言とみられる。

大統領はまた、「トップ」と「一流」の意味に言及し、「トップは競争に勝ち最高になることだが、一流は最高の品格と資質を持つこと。だからトップより一流になることが難しい」と指摘。自身の行動が周辺に及ぼす影響を考慮できず普遍的な価値と利益に合わない道を進まなければ、一流国との評価は受けられないとの見解を示した。

聯合ニュース

ソース:朝鮮日報日本語版<朴大統領 安倍首相の靖国参拝をあらためて批判>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/30/2013123001453.html
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< オマエガナー
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★ 2013/12/30(月) 17:03:12.94 ID:???

no title

歌手キム・ジャンフンが日本の安倍晋三総理を狙って「必ず歴史の審判を受けるだろう」と批判した。

キム・ジャンフンは去る29日、ツイッターに「安倍は日本の災難!必ず歴史の審判を受けるだろう。安昌浩(アン・チャンホ)先生のお言葉だ。‘日本は自分の力に過ぎる大きな戦争を始めたので結局、この戦争によって崩壊する。何の困難があっても忍耐しなさい’」という文を載せた。

彼は引き続き、先月、米国ニューヨークで開いた‘独島(ドクト、日本名:竹島)アートショー’を中国でも行うという意向を明らかにした。

彼は「2月22日は日本が無理に定めた竹島の日」とし、「‘独島アートショー’と‘慰安婦歴史展’を同時に進め、中国政府の許可がおりれば必ずやるだろう。言葉より先に行動に移そうと努力してきたが先に宣言する。‘独島アートショー・イン・上海’、日本の国民が哀れだ」と付け加えた。

ソース:スポーツ京郷(韓国語)
キム・ジャンフン「安倍は日本の災難…必ず審判受け取るの」
http://sports.khan.co.kr/news/sk_index.html?cat=view&art_id=201312301544343&sec_id=540101

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/30(月) 16:06:05.58 ID:???
戦時徴用訴訟、日本政府が和解拒否へ 韓国側に伝達

2013.12.30 10:00
韓国での日本企業による戦時中の徴用に対する個人請求権訴訟について、日本政府が「和解に応じない」との方針を韓国側に伝えたことが29日、分かった。複数の日韓外交筋が明らかにした。韓国では韓国大法院(最高裁)で日本企業の敗訴が確定した場合「戦後賠償は解決済み」と定めた日韓請求権協定を一方的に破ることになるため和解を模索する動きがあった。日本側は「協定を空文化しかねない」と拒否する考えだ。

徴用工訴訟は、来年1月にも大法院で被告の新日鉄住金と三菱重工業に対する判決が出る見通しだ。昨年7月の高裁判決では両者への賠償が命じられ、大法院で覆る可能性は低いとみられている。

日韓両政府は7月以降、実務者が東京とソウルを往復し、最高裁判決が出た場合の対処方針を協議。日本側は敗訴判決が確定した場合「明確な国際法違反になる」と指摘してきた。

韓国側は「三権分立の原則から、政府は司法判断を尊重せざるを得ない」としながらも、政府間で一度結んだ協定を一方的に覆す行為を「国際社会の信用を損ないかねない」と懸念。日本企業が原告側に見舞金を支払うことなどで和解し、判決を回避できないかと暗に打診してきたという。

しかし日本側は「韓国側に金銭を支払えば、請求権協定の趣旨を日本側から否定しかねない」(外務省幹部)と反発。菅義偉官房長官や岸田文雄外相は、

(1)判決前の和解には応じない
(2)敗訴判決が確定し、韓国側が日本企業の資産差し押さえに出た場合は、日韓請求権協定に基づいて協議を呼びかける
(3)協議が不調に終わった場合は国際司法裁判所(ICJ)へ提訴する-との方針を確認した。

韓国側にも複数の外交ルートを通じて伝えたという。

日本政府は、韓国最高裁での判決を控え、三菱重工業、新日鉄住金とも協議を重ねており、2企業の敗訴が確定しても賠償金を支払わないよう求めている。日韓関係は安倍晋三首相の靖国神社参拝で悪化しているが、首相周辺は「国際法を無視するような振る舞いは国際社会からも批判が集まる」として、韓国側への妥協は拒む考えだ。

日韓請求権協定 昭和40年、日韓の国交正常化に合わせて結ばれた戦後賠償に関する2国間協定。日本が韓国に無償3億ドル、有償2億ドルの経済支援をすることで、両国間の請求権は「完全かつ最終的に解決された」と規定している。韓国政府は平成21年、徴用工の未払い賃金についても、「請求権協定で外交上解決済み」との見解を示している。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131230/mca1312300959002-n3.htm
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★ 2013/12/30(月) 10:54:48.12 ID:???

no title

4年ぶりに韓国を訪れた俳優ティム・カンは「韓国映画は、『JSA』『シュリ』『オールドボーイ』のように公開されてからずいぶん経った作品しか見ていない。今回、韓国にきたついでに思い切り観る予定」と話した。 「日本では反対するだろう。それでも731部隊を素材にした映画を必ず作る」。

米国CBS放送の警察ドラマ『The Mentalist(以下、メンタリスト)』に出演中の韓国人俳優ティム・カン(40、Tim Kang)は淡々とした表情で話した。彼は2008年に放映が始まった『メンタルリスト』でシーズン6に及ぶ現在まで5年以上主演級の助演役を演じている。劇中、韓国系刑事の副チーム長「キム・ボルチョ」役で米国はもちろん欧州や韓国でも多くのファンを確保している。

『メンタルリスト』出演のほかに彼が今、力を入れているのが「丸太実験」で悪名高い日本の731部隊の話を入れた映画『ルーム731(Room731)』の制作だ。彼は「当時、日本軍がしたことはナチスドイツと同じだが、米国などの地ではあまり知られていない」と制作理由を明らかにした。4年ぶりに来韓した彼を23日、ソウル西小門(ソソムン)路の中央日報社で会った。(中略:ティム・カンの紹介)

ティム・カンの父親は韓国聖書大学のカン・ウジョン総長(73)だ。彼の祖父はこの学校の設立者であるカン・テグク博士(1904~98)。カン・テグク博士は独立運動をして1920~30年代、2度にわたって投獄された経験がある。「731部隊」を素材にした映画『ルーム731』を作るという彼の話が、格別に聞こえた理由だ。彼はこの映画でプロデューサー兼劇中の日本人医師役をつとめる。

--「ルーム731」の制作はいつから始めたのか。

「とりあえず15~20分程度の短編映画として作る計画だ。反応が良ければ正式上映用に長くするつもりもある。ジャンルはホラーとドラマの結合型だ。制作は先月から始め、1月から本格的な撮影に入る計画だ。5月に開くカンヌ映画祭の出品締め切りが3月なのでそれ以前までには終える予定。釜山(プサン)国際映画祭にも出品するつもりだ」

--映画の制作時に最も気を遣った部分は。

「もちろん良い作品を作ることだ。デザイナーらスタッフを、ハリウッドでも認められる人々でつくった。素材が興味深いからだ。韓国人、中国人、ロシア人などを拉致して生体実験をする姿を加減なく見せる。731部隊はナチスドイツのように人を使ってあらゆる実験を行ったが、米国の人々はこの事実についてよく知らない。もちろん日本では反発するだろう。だが、私は本当に重要なプロジェクトだと考えている。個人的には日本人の医師役をしっかりこなすためにこの頃は日本語を勉強中だ」

どんな俳優になりたいかという質問にティム・カンは「演じ続けたい」と話した。演技に対する彼の考えを聞いてみると理解できる。「ハーバードで大学院に通っていた時は一日中、演技の勉強だけをした。もちろん心配にもなったが本当に幸せだった。今はカメラや照明セッティングのために8割以上の時間を使うのが惜しい。アルパチーノのようなスーパースターになってオスカーを受賞するのももちろん良いが、私はただ演じ続けたい」

ソース:中央日報日本語版<ナチス顔負けの日帝731部隊…「映画で世界に告発」>
http://japanese.joins.com/article/991/179991.html

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ