スポンサーサイト

掲載日時 --.--.--(--)--:--    スポンサー広告 スポンサー広告    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ↑上へ↑上へ
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/21(土) 16:25:38.07 ID:???0
ドラマ「あまちゃん」で注目された海女文化を、日本が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に申請しようとする動きについて警戒する記事を韓国紙が掲載した。

記事は、韓国・済州(チェジュ)島の海女が日本より「優秀だ」とし「海女の元祖は済州だ」との現役海女の言葉を紹介。何でも韓国発祥だとする“ウリジナリズム”をのぞかせた。「日韓共同で遺産登録を」といった声もあり、衰退の一途だった海女文化が日韓のホットな話題に急浮上している。

記事は「ユネスコ無形文化遺産、海女の登録めぐり『韓日戦』激化」というタイトルで韓国の大手紙、中央日報日曜日版(電子版)が最近、報じた。まず、問題に挙げているのが、フランスのルモンド紙が1面写真付きで、日本の「消えゆく『アマ(海女)』」を取り上げたことだ。

ユネスコ本部はフランスのパリにあり、記事が出た背景に「海女の遺産登録を進める日本当局の関与があった」と、うがった見方を記した。さらには、三重県など8県が協力して遺産申請を目指す動きに警戒感を示し、「2007年から海女の遺産登録を進めてきた韓国と正面から衝突する」と指摘。

日本は政府も支援し、海女の韓国語読みである「『ヘニョ』ではなく、『アマ』が遺産登録される可能性が高まっている」と警鐘を鳴らす。続けて韓国南部、済州島の海女がいかに日本の海女よりも優れているかを強調する。

一つは、冬の海にもためらいなく潜る済州の海女には、「日本の海女にない寒冷適応能力」がありこれに着目した米軍が1960年代に研究させたほどだと、専門家の意見として主張する。

他にも、「2人1組で2~3メートルのひもで浮きと体をつなげて交代で潜」ったり、「船に乗った補助員(主に夫)がひもを持って水に入」ったりする日本の海女と、浮きと体をつなげず活動の幅が広く、1人で潜る済州の海女の間には、能力に「大きな開きがある」とも力説する。

日本の漁法はある種の「発展」とみる方が自然だと思えるが、「済州の海女の質は日本より優秀だ。

釜山(プサン)や東海(トンへ=日本海の韓国名)はもちろん、日本の海女の元祖も済州の海女だ」と話す済州の現役海女(63)の言葉も紹介している。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131221/frn1312211434002-n1.htm

no title

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/21(土) 16:10:46.30 ID:???
ソチ五輪最大の注目競技といえば女子フィギュア。浅田真央とキム・ヨナの対決だ。日本のファンは浅田のリベンジを見たいし、韓国ではキムの連覇を願っている。

互いに23歳になった浅田とキム。この両者は今季を最後に現役を退くことが決まっている。「五輪の悔しさは五輪でしか晴らせない」とよく言われる。浅田は何とかしてソチの表彰台の真ん中に立ちたいはずだ。

が、韓国のあるスケート関係者は、「ソチでも浅田はキム・ヨナには勝てない」とキッパリ。
その根拠は「大人の女性と妖精」の違いだと指摘する。どういうことか?

「23歳ともなれば演技で大人の色気が求められる。キム・ヨナにどれだけ恋愛経験があるかは知らないが、彼女の演技からはそれが伝わってくる。前回五輪で踊ったミステリアスなボンドガールは日本のファンもよく覚えているでしょ。あれを見て、『キム・ヨナにバキューンとピストルで撃たれたい』というオジさんがたくさんいたと聞いた。でも、浅田の演技を覚えている人はどれだけいるか?覚えているのはトリプルアクセルのシーンだけじゃないですか」

確かに、キム・ヨナがSPで踊った「ジェームズ・ボンド」の最後に、両手でピストルを撃つジェスチャーはインパクトがあった。

「浅田は嫌みがなく、老若男女から愛されるキャラクターです。今でもそれは変わらない。昨季のSPで踊った『アイ・ガット・リズム』やエキシビションの『メリー・ポピンズ』は、最も浅田らしさが出た。彼女の良さは明るさと笑顔です。今はステップやスピンはかなりレベルアップしている。

それでも男性を引きつけるような色気や表現力は乏しい。女心を表現するシーンは、子供が無理して大人の女性を演じているようで無理がある。だからトリプルアクセルというテクニックで勝負するのではないか。それは、92年のアルベールビル大会で銀をとった伊藤みどりと似ている。伊藤は表現力では太刀打ちできないから、女子では誰も跳んでいないトリプルアクセルを会得したのでしょう。

キム・ヨナは今回のフリーで難しいタンゴの『アディオス・ノニーノ』で勝負する。(韓国)スケート連盟のチョン審判理事は『今後、この曲を聴いたらキム・ヨナがすぐに浮かんでくることになる』と言った。決して大袈裟な話ではないですよ」(前出の関係者)

とはいえ、やっぱりファンは浅田真央の歓喜の涙が見たい。

http://gendai.net/articles/view/sports/146799
http://gendai.net/articles/view/sports/146799/2
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/20(金) 23:58:11.03 ID:???
山は長く水は遠く/親を思う心は多く/どこで雁は鳴いて行くのか。

孤山・尹善道(ユン・ソンド、1587-1671)がこの時調を作ったのは1616年、29歳の時だった。咸鏡道慶源に島流しされた頃の作品だ。山と水は果てしなく続き、親に対する懐かしさは計りしれない。流刑地での悔恨と孝心が深くにじみ出ている。

同じ時期の日本に目を向けると、1616年、九州の佐賀県で大変なことがあった。朝鮮出身陶工の李参平(イ・サンピョン)が有田地方の泉山(泉山)で良質の高嶺土を発見し、日本初の白磁を作ったのだ。先週末、佐賀列車旅行で有田駅に降りた時、初めて目にしたのは「2016年は日本磁器産業400周年になる年です」とかかれた看板だった。

有田駅の観光ガイドは、私が韓国人だと知ると、突然「李参平先生は私たちの有田住民の恩人です!」と叫んだ。妙な気持ちになった。その明るく親切な表情に対し、「李参平はあなたがたの先祖が拉致したのではないのか」という言葉を取り出すことはできなかった。

壬辰倭乱(文禄の役)・丁酉災乱(慶長の役)は「陶磁器戦争」と呼ばれるほど、日本軍側が多くの朝鮮陶工を争って連れて帰った戦争だった。この人たちが陶磁器文化を日本に伝播し、欧州に日本陶磁器ブームを起こす先駆者の役割をした。

有田旅行に持っていった兪弘濬(ユ・ホンジュン)明知大教授の著書『私の文化遺産踏査記-日本編』が大いに役立った。本をあらかじめ読んでいたため、泉山の巨大な磁石場や陶祖李参平の記念碑、李参平を祭神とする陶山神社などを興味深く訪れることができた。陶山神社の境内にある松尾芭蕉(1644-94)の俳句作品を見ることになったのも、兪教授の本のおかげだった。「雲折々人を休る月見かな」。

しかし少なくとも李参平記念碑のすぐ下に位置し、李参平を神に祭っている場所であるのなら、芭蕉の淡々とした俳句より、親に対する深い思いを込めた尹善道の時調が似合うのではないかと思った。時調を作った年と、李参平が郷愁を抑えながら長い歳月をさまよい、磁石鉱を発見した年が一致するだけに。

一方で、こういう思いが浮かんだ。壬辰倭乱当時に日本に連行されなかった陶工が朝鮮の地にはるかに多くいたはずだが、なぜ朝鮮の陶磁器産業は大きく発展せず世界的な名声を得ることもできなかったのか、子孫にきちんと伝授されなかったのか、先祖を恨めしく思ったりもした。切ない質問を投じる。当時朝鮮に残った数多くの陶工のうち、私たちが記憶する人は果たして一人でもいるだろうか。

ノ・ジェヒョン論説委員・文化専門記者

http://japanese.joins.com/article/676/179676.html?servcode=100§code=140
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: 壊龍φ ★ 2013/12/21(土) 11:33:53.31 ID:???
2013年12月17日、中国水運網によると、韓国海運業界の大手3社がかつてないほどの苦境に陥っている。3年連続で赤字を記録する見込みだという。

08年の金融危機に端を発した海上運賃の低迷に伴い、世界の海運業界では不況が続いている。韓国の3大海運企業である韓進海運、現代商船、STXパンオーシャンもかつてないほどの苦境に陥っている。

業界関係者の推計では、3社は今年、年間を通じて赤字となる見通しで、これによって3年連続の赤字を記録することになるという。今年6月末現在の3社の損失は合計1兆5000億ウォン(約1500億円)に達している。さらに、14年には1兆4000億ウォン(約1400億円)、15年には1兆6000億ウォン(約1600億円)の償還期を迎える予定だ。

韓国新栄証券のアナリストは、中国経済が減速し、欧米の個人消費も低迷を続けているため、韓国の海運企業の収益が短期間に回復する可能性は低いと指摘している。(翻訳・編集/HA)

レコードチャイナ: 2013年12月20日 6時10分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80715&type=
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 壊龍φ ★ 2013/12/21(土) 09:39:01.46 ID:???
米国が量的緩和縮小を決定したことに伴い金価格が急落し、韓国銀行(中央銀行)の保有する金の評価損が1兆3300億ウォン(約1300億円)と推定されることが分かった。19日(現地時間)、ニューヨーク商品取引所の金先物相場は2月物が前日より41.4ドル(3.4%)安い1オンス=1193.6ドルで引けた。この日の終値は2010年8月3日以来、最も安い水準だ。

金価格の急落で、最近3年で金の保有量を急速に増やしている韓銀の評価損も雪だるま式に膨らんでいる。韓銀は2011年から今年3月までの3年間で5度にわたり計90トンの金を買い入れた。韓銀は個別の取引内容を公開していないが、全体の購入平均価格と最近の価格から計算すると、損失規模は12億5639万ドル(約1300億円)に達するとみられる。

崔炯碩(チェ・ヒョンソク)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版: 2013/12/21 08:43
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/21/2013122100402.html

img_c9458458ebc99d1b37e063f34df29b3838999.gif

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 壊龍φ ★ 2013/12/21(土) 08:48:47.55 ID:???
2013年12月19日、韓国・KBS中国語サイトによると、韓国の現代経済研究院は、同国の経済が停滞期に入っており、かつての日本が経験した経済崩壊に見舞われる可能性があると発表した。

同院は報告の中で、「韓国は消費や投資分野が低迷。さらに、福祉を充実させたことで国民の税負担が増加。韓国の現状はかつての日本に似ている。日本はかつて世界最強の経済競争力を誇っていたが、経済が崩壊している。韓国では少子高齢化も問題で、少子化は日本よりも深刻。さらに社会資本も日本には及ばない」と指摘。

さらに、「日本のような経済崩壊を避けるためには、潜在的な成長を促すべきだ。経済をけん引できる潜在的な成長力を発掘し育て、雇用を創出する必要がある」と同院は報告で述べている。(翻訳・編集/内山)

レコードチャイナ: 2013年12月21日 8時9分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80768&type=
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/21(土) 02:03:04.98 ID:???
朴槿恵(パク・クネ)氏(61)が大統領に当選して1年が過ぎ、韓国は「破産大国」に突き進んでいる。財閥と呼ばれるグループをはじめ、企業の破産や倒産は増加の一途で、家計でも破産者が続出しているのだ。経済対策が喫緊の課題であるにもかかわらず、朴大統領は外交ではトップセールスどころか、一つ覚えの反日で韓国の悪評を世界に売り歩き、内需不振にも無為無策。景気低迷の長期化は避けられそうにない。

「クネノミクス」。朴大統領の経済政策を表すこの言葉は、大統領選や就任当初こそ話題になったが、いまやすっかり聞かれなくなった。日本で朴大統領の政策の代名詞になっているのは「親中反日」や「告げ口外交」といった言葉だ。

一方、韓国のメディアでは「破産倍増」「不渡り共和国」という見出しが躍っている。韓国の経済メディア、マネートゥデイによると、今年1月から11月末までに破産を申請した企業は423社、日本の会社更生手続きにあたる法定管理を申請した企業は751社。「1日(営業日)平均5・1社が資金難で倒れている」と報じた。統計作成が始まった1998年以降で最多だという。

今年に入って、東洋グループやSTX、熊津(ウンジン)といった財閥が相次いで破綻するなど、多くの企業が資金繰りに窮している。最大の輸出先である中国経済に減速懸念が広がっているうえ、アベノミクスで円安ウォン高が進んだことで、輸出企業の競争力が低下したことも痛手になった。中央日報は「大企業はサムスン電子と現代自動車を除くと事実上、非常経営体制」と報じている。

家計の破産も深刻度を増すばかりだ。前出のマネートゥデイによると、個人の更生手続きの申請件数は11月末までに9万6412件と3年連続で増加傾向で、2010年の4万7000件から2倍以上にふくらんだ。銀行ローンやクレジットカードの延滞率も急増しているという。

企業や家計の破産が増加している原因でもあり、結果でもあるのが「内需不振」だ。この言葉も韓国メディアで流行語になっている。韓国の経済団体、全国経済人連合会が主要企業を対象に実施したアンケートで、2014年の経営計画に最も影響を与える要因として、回答企業の約50%が「内需回復が不十分であること」を挙げた。「円安など為替相場の延長」「中国の成長鈍化」などを大きく上回っている。自動車販売や大型スーパーの売上高も低調で、可処分所得から消費に回す比率を示す消費性向は約72%と、2008年のリーマン・ショック時の75%すら下回る水準だ。

こうした傾向は日本のアベノミクスと対照的だ。「12月の日銀短観では、大企業、中小企業ともに、非製造業の改善の度合いが輸出関連の製造業よりも大きい。これは内需主導の景気回復であることを裏付けている」(外資系証券エコノミスト)

韓国の今年の経済成長率は昨年より上向き、2%台後半を確保する見通しだが、家計所得の伸びがこれを大幅に下回っているため、国民の不況感は強い。朴大統領は、新たな市場や雇用を創出する「創造経済」や、中小企業を重視する「経済民主化」を掲げたが、ほぼ掛け声倒れに終わっている。

アジア経済に詳しい企業文化研究所理事長の勝又壽良氏は、「朴政権は経済についてほぼ無策だった。財政事情を無視した大統領選公約の『年金一律増額』は早くも撤回された。ほぼ唯一行われたのが、多重債務者に対する『徳政令』だが、これはモラル・ハザードを招き、さらなる徳政令を出すしかなくなる危険性がある」と指摘する。

一方で朴大統領の「告げ口外交」に代表されるように日本や日本企業に対する“嫌がらせ”には熱心だ。解決済みの戦時徴用について韓国の裁判所が新日鉄住金や三菱重工業に賠償を命じる判決を出した。さらに三菱重工と日立製作所の火力発電事業の統合では、各国の審査をクリアしたにもかかわらず、韓国当局の審査だけが遅れ、新会社設立が延期される事態が生じている。

前出の勝又氏は「韓国にとって重要なことは、日本との関係を修復することだ。両国の関係改善抜きに日本から韓国への投資が回復することはあり得ない。企業は感情を持たないが、その意思決定を担うのは感情を持つ個人だということを忘れると、韓国経済の失速を早めるだけだ」と警鐘を鳴らす。

韓国大統領の任期は5年間ある。あと4年以上、朴大統領が現状の反日路線を続ければ韓国経済の不調も続くことになりそうだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131220/frn1312201810007-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131220/frn1312201810007-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131220/frn1312201810007-n2.htm
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★ 2013/12/20(金) 23:45:51.72 ID:???
no title
▲パク・チョルヒ/ソウル大教授兼日本研究所長

今日の韓日関係を遮っている三種類の問題がある。軍隊慰安婦問題、独島(ドクト、日本名:竹島)、そして強制徴用判決問題だ。韓日間の不幸な歴史を反映する問題だけに敏感で政治的爆発性も強い。だが、これらの問題をうまく扱えなければ、閉塞した韓日関係の出口は見つからないだろう。

軍隊慰安婦問題は日本と国際社会の問題で歴史認識の正道を世界に見せるバロメーターだ。慰安婦ハルモニらの強制動員を否定するのは手の平で空を隠すようなものだ。慰安婦動員の強制性を否定するほど韓国と国際社会の非難は高まるのみだろう。日本はこの問題が1965年基本条約で解決されたと公言するが、1990年代に河野談話、村山談話に続きアジア女性基金まで作ってこの問題を解決しようと試みた。

日本が自ら努力した部分まで否定する必要はない。2012年、韓日交渉で解決の糸口が見つかったがいき詰まってしまった。元を正せば解決できる問題だ。慰安婦ハルモニたちが生きているうちに解決できなければ永遠の問題として残り日本はさらに重い歴史の借金を担わなければならない。日本は国際社会での信用と威信回復のためにこの問題を自ら解決するのが上策だ。

独島は韓国が実効支配している。日本が声を高め広報を強化しても日本の土地になるわけではない。日本が韓国を悩ますことはできても韓国が支配している独島の現実を変更する方法はない。日本が独島問題に強く出れば中国は同じやり方で尖閣列島(中国名:釣魚島)を扱うだろう。

尖閣は日本が実効支配している立場を替えて考えてみれば答が出てくる。韓国も独島についてもう少し自信をもって対しなければならない。私たちが支配している独島を日本が脅かすと一緒になって騒ぐ必要はない。互いに刺激しなければ現状の管理は可能だ。‘未解決という解決方式’を選んだ先輩たちの知恵は良くなくとも不利ではなかった。

強制徴用判決問題は違う。2012年5月大法院は請求権協定で個人請求権が消滅していないと判決し、続いて三菱重工業、新日本製鉄を対象にした賠償判決で勝訴判決が続いた。だが、1965年、請求権協定条約文に両国政府だけでなく‘両国国民の請求権’も完全に、そして最終的に解決されたものとしている。韓国政府が、ある国際法的約束を国内事情の変化により解釈を変えれば国際国家としての信用は傷つくだろう。

司法府のこのような判決は2005年、韓日会談文書公開当時、民.官合同委員会が決めた方針とも対峙する。当時、委員会は慰安婦、サハリン被害者、原爆被害者は日本の法的責任を追求し、徴用者補償、未払賃金などは国内措置によって解決するという原則を明らかにした。

これに伴い、2007年‘太平洋戦争戦後国外強制犠牲者支援法’を作って徴用者などに支援金を支給してきた。現在まで5700億ウォンという莫大な政府予算が投入された。1974年、特別法を制定して請求権補償をしたのに続く後続対策だった。もし現在の補償を要求する彼らだけにさらに多くの補償をすれば法的公平性問題も発生することになる。

植民地支配の不法性を金銭的補償要求で置き換えれば、過去の問題で持つ韓国の道徳的優越性という、お金に変えられない価値をなくすことになる。強制徴用関連補償は今までそうだったように韓国政府が責任を負うべき問題だ。歴代韓国政府は請求権資金を‘漢江(ハンガン)の奇跡’を作るのに使った。政府が恥じることではない。

韓国と日本は過去の歴史関連問題を払拭し未来に進む場所を共に訪ねて行かなければならない。過去の歴史関連懸案処理だけでは未来が見られない。韓日両国が共に持つことのできる夢と未来のビジョンを提示しなければならない理由だ。2015年は日韓基本条約を結んで50年になる年だ。2014年に韓日関係を復元できなければ手のほどこしようもない害になるだろう。過去の歴史の処理と未来の希望を入れるやり方で危機の韓日関係を賢く越えなければならない。

ソース:文化日報(韓国語) 韓日関係の3大懸案と解決法
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2013121901033037191002

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。