スポンサーサイト

掲載日時 --.--.--(--)--:--    スポンサー広告 スポンサー広告    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/17(火) 01:10:16.25 ID:???
「天動説で四面楚歌に陥った」――。韓国では保守系紙までが外交批判に乗り出した。しかし朴槿恵大統領は動じる風もない。北朝鮮の政変で米国の助けが大いに必要になりそうというのに。

韓国の現状を「四面楚歌」と評したのは中央日報のカン・ヨンジン論説委員だ。
「荒波の東アジア――楚の歌が聞こえないのか」(11月29日)で以下のように書いた(注1)。

・米国は中国包囲網に加われと圧迫を加えてくる。中国も韓国の最大交易国であることをさりげなく示しながら、立場をわきまえて振る舞えと言う。

・米日と中国との間で動きがとれなくなっている韓国を、北朝鮮は陰湿に嘲笑う感じだ。日本もそんな韓国の苦境を苦笑する雰囲気だ。韓国は四面楚歌の境遇にある。

「四面楚歌」とは大げさな――と思う日本人も多いだろう。確かに日韓関係は国交樹立以来、最悪だ。しかし韓国は、米国や中国とは表面的にはさほど関係が悪化しているわけではない。双方から踏み絵を迫られ始めたに過ぎない。

韓国人のこのしょげ振りは、少し前までの異様な高揚感の反動だ。「我が国は米中双方と極めて良好な関係を築いた。両大国の力を使って日本を思う存分に叩いている」と韓国人は信じていた。要は米中間での二股外交なのだが、韓国紙のネット版の書き込み欄には「外交の天才、我らが朴槿恵大統領!」という称賛と「韓国に逆らう日本はもう終わりだ」との快哉とがあふれた。

風向きが一気に変わったのは10月2日、米国が日本の集団的自衛権行使容認に賛成してからだ。韓国は自分が反対しているのだから米国は「行使容認」に反対するはず、と思い込んでいた。その思惑が大きく外れたため、韓国では米国に対する不信感や「中国と同盟しよう」との声が噴出した。

しかし、次第にメディアの矛先は韓国政府の外交政策に向いた。初めに朴槿恵大統領に対する厳しい批判記事を載せたのは、左派のキョンヒャン新聞だった。セミョン大学のイ・ボンス・ジャーナリズムスクール大学院長が寄せた記事「青瓦台(大統領府)記者たちは死んだ、民主主義とともに」(11月7日)がそれだ。“御用メディア”の報道姿勢を批判する長い記事だが、外交に関する部分の要旨は以下だ。

・朴槿恵大統領は就任以来、国内記者とは一度も会見したことがない、という珍記録を持っている。

・(大統領の訪欧に同行した記者たちは)朴槿恵大統領がどこかへ行くごとに「雨が上がり、陽がかんかんと照った」とか、「朴槿恵大統領のファッションに世界が魅惑された」と書いた。
 
・(記者たちは)大統領に会うこともできず、広報首席にも悪く見られないか戦々恐々としながら、大統領の美談と成果だけを報じているのだ。

普通の韓国人なら「雨が上がり、陽がかんかんと照った」というくだりで、独裁者の登場を瑞祥とともに描く北朝鮮メディアを思い出すことだろう。この新聞批判が記者たちに衝撃を与えたのかもしれない。その後、保守系メディアにも朴槿恵外交を批判する記事が載り始めた。

朝鮮日報の姜天錫(カン・チョンソク)主筆が書いた「世界は大韓民国を中心に回らない」(11月23日)は、朴槿恵政権の二股外交の危うさを率直に指摘した。サブ見出しは「同盟は利益も負担も分かち合ってこそ」と「この国の政治家たちは非現実的な色眼鏡を外し、世界を直視する時」の2本。記事の中のハイライトは以下だ。

・北朝鮮という問題児が隣にいる韓国の選択は、最強国の米国ほど自由ではない。島国の日本のように竹を割るごとく二者択一するのも難しい。
 
・「韓米同盟」と「韓中友好」の間で、どう均衡をとるかは国を挙げて知恵を絞り、手探りするしかない。

・その過程では「統一ムードが熟せば、韓国は『米韓同盟縮小』と『統一への中国の支援』を取引するだろう」というブレジンスキー元・米大統領安全保障補佐官の言葉が、個人的な疑念ではないことを常に念頭に置くべきだ。

・「世界は大韓民国を中心に回っている」と信じるのは危険千万で、何の根拠もない。「政治的天動説」に過ぎない。

(2へ続く)

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131211/256927/?n_cid=nbpnbo_leaf_bn
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131211/256927/?P=2

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: HONEY MILKφ ★ 2013/12/17(火) 10:11:47.08 ID:???
■ 読売新聞・米ギャラップが共同調査

日本の読売新聞の世論調査で、韓国がロシアよりも大きな軍事的脅威を与えていると調査された。これは1980年代から調査が始まって以来初めて出た結果で、昨年の下半期以降急速に悪くなった韓日関係の現状を示している。

読売新聞が米国ギャラップと共同で先月の18~24日、米国と日本国民それぞれ1000人余りに調査を行って6日に発表した世論調査結果によれば、日本国民の45%(複数回答)が「韓国が軍事的脅威になっている」と回答した。これは中国(78%)、北朝鮮(74%)に続いた3位で、ロシア(40%)よりも高い。

日本国民が軍事的脅威国に韓国を選んだ割合は2011年まで20% 前後だったが、昨年8月に李明博(イ・ミョンバク)前大統領が独島(トクド)を訪問して急激に高くなった。今年1月の調査では37%で、今度の調査では40%台を突破した。

一方、米国国民が軍事的脅威になっていると挙げた国家は中東(75%)、北朝鮮(66%)、中国(62%)、ロシア(48%)の順で、韓国は29%だった。

韓国に対して「信頼している」という回答は日本では16%である一方、米国では57%と対照的だった。「信頼できない」という回答は、日本は72%、アメリカ41%と現われた。

ソース:NAVER/東亜日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=020&aid=0002507385

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/17(火) 09:13:22.91 ID:???0
先週東京のある大型書店で目につく新刊を発見した。本の題名は「呆韓論」。漢字の意味そのままに韓国を愚かであきれるほどむちゃくちゃな国と描写している。「どうせつまらないでたらめ作家の文だろう」という考えで著者のプロフィールを見て驚いた。

とても有名な通信社のソウル特派員出身ではないか。この春「悪韓論」という本を出して儲けたのか続編を出したのだ。この本は刊行から1週間でアマゾンの新書部門でベストセラーに入ったという。

世界最大1000万部の発行部数を誇る日本の読売新聞。この新聞社は1953年から60年にわたり米国の世論調査機関ギャラップと共同で日米共同世論調査を実施している。毎年1~2回にわたり相手国あるいは第三国に対する好感度を調査している。

ところで16日付紙面に掲載された最近の世論調査結果を見て「来るものが来た」との思いが頭をかすめた。

「あなたは韓国を信頼していますか」という質問項目が初めて登場したのだ。今年2月の調査の時まで質問対象国は米国と中国だけだった。調査結果も「予想通り」だ。回答者の72%は「信頼しない」と答えた。「信頼する」は16%にすぎなかった。

もうひとつ目を引くのは「日本にとって軍事的な脅威になると思う国はどこか」という質問に対する答だった。

韓国は中国(78%)、北朝鮮(74%)に続く3位(45%)だった。2年前の調査結果を探してみると、韓国は北朝鮮(84%)、中国(80%)、ロシア(52%)だけでなく中東(26%)をも下回る23%だった。この1~2年間で日本国内の韓国に対する敵対感がどれだけ沸き上がったのかうかがい知ることができる。

あえて数字を取り上げる必要もない。日本国内でまったくキムチが売れない。

少し前まで「日本のキムチ業者が韓流ブームに便乗し販売量を増やしている」という話が出ていたが、最近では「反韓ムードで日本のキムチ業者までつられてつぶれる状況だ」という笑えない話が出ているほどだ。韓国学校近くの店の中には「韓国人学生立入禁止」をはばかることなく宣言した所もある。

韓国の当局者や一般国民の立場では日本国内の嫌韓ムードは別に重要でないかもしれない。いや、「悪い日本人たち!」と言いながらさらに歯ぎしりすることもできる。

だが、日本国内で50万人を超える韓国人僑胞にはこれはすでに生存の問題だ。

嫌韓→反韓→悪漢→呆韓という状況まで助長する日本社会も問題だが、これを放置した韓国外交当局も凄絶な反省と改善努力をしなければならないだろう。

http://japanese.joins.com/article/505/179505.html?servcode=100§code=140

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★ 2013/12/16(月) 23:05:24.87 ID:???
no title


【浦項=ニューシス】カン・ジング記者=国内報勲団体が日本の東京現地で日本の独島(ドクト、日本名:竹島)侵奪野心を糾弾するリレーデモを行いインターネットなどで大きな関心を引いている。

大韓民国特殊任務有功者会慶北道支部は16日、東京国会議事堂や皇室、外務省などの地で日本の独島領有権主張と歴史歪曲を糾弾するリレーデモを展開したと明らかにした。この日のデモには先発隊で出た特殊任務有功者会会員7人が参加し「独島死守」平和3人デモ(公開デモ)とゲリラ1人デモ(非公開デモ)を併行した。

会員たちは‘日本政府の歴史歪曲に対し大韓民国国民は怒っている!’、‘慰安婦に対する日本の公式謝罪を促す’、‘慰安婦被害者ハルモニたちに謝りなさい’という文章が書かれた服を着て日本の反省を促した。

会員たちの奇襲デモに一時、日本警察と国会、外務省職員らが出動するなど騒動が起きた。慶北特殊任務有功者会会員200人余りは独島が韓国領土であることを日本国民と全世界に知らせるため、来年6月末まで日本現地でリレーデモを継続する計画だ。

シン・ジュンミン慶北道支部長は「日本は過去の侵略の歴史や慰安婦問題で反省どころかかえってこれを合理化し、自衛権を越えた侵略野心を露骨化している」として「日本の独島野心に対するより体系的で強力な対応のため、日本現地で奇襲デモを着実に継続する計画」と話した。

ソース:ニューシス(韓国語) 慶北(キョンブク)特殊任務有功者会日本、東京で奇襲デモ
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20131216_0012596226&cID=10810&pID=10800

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 壊龍φ ★ 2013/12/17(火) 06:25:54.73 ID:???
韓国の日本への嫌がらせ 戦時徴用みかじめ料や立ち入り禁止

2013年ほど、韓国の反日話題に事欠かなかった年はない。『悪韓論』がベストセラーとなっている元時事通信ソウル特派員の室谷克実氏に、この1年の日本への嫌がらせについて事例を紹介してもらった。

まずは、反日左翼に牛耳られてきた韓国教育界で、保守派執筆の歴史教科書が初めて検定に合格した。左派労組が9月、保守派教科書糾弾のデモを実施したが、その場所が日本大使館前。主催者によると「教科書にある従軍慰安婦の記述にも問題があるから」。

ソウル高裁は7月、新日鉄住金に対して、戦争中に朝鮮人労働者が日本に徴用された戦時徴用の賠償金支払いを命じる判決を下した。11月には光州地裁が三菱重工に対して同様の判決。しかし勝訴している側が「日韓共同の財団をつくって……」との和解案を出してきているのがミソ。共同財団案は金儲けのための明らかなワナではないか。

韓国のレイクヒルズリゾートグループが3月、翼下の5つのゴルフ場と、6つのリゾート施設で「日本人立入禁止」を始めた。島根県が「竹島の日」の行事を開催したことへの抗議が発端だそうだが、グループ会長は、この措置について「韓国企業の社会的責任」と述べている。

※週刊ポスト2013年12月20・27日号

NEWSポストセブン: 2013.12.16 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20131216_230873.html

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/17(火) 00:36:12.46 ID:???
◆新説が続々と登場の韓国起源説「日本酒のルーツはマッコリ」

寿司も日本起源だと真面目に主張する「韓国起源説」。日々、ネットを中心にさまざまな新説が唱えられているが、サケやニンジャといった、寿司と並んで世界中が日本のものだと認識するものも韓国起源に加えられている。

「日本酒のルーツはマッコリ」との主張。米を原料にした口噛み酒は、太古の昔から世界中にあり、正確な起源は誰にもわからない。ただ、日本酒はどぶろくから生まれたもので、マッコリとどぶろくでは発酵方法も歴史も異なる。

さらに韓国の忍術団体が「忍術は4世紀に朝鮮半島から日本に伝えられた」「韓国人忍者が甲賀や伊賀の里に移住した」と主張し、世界各地で忍術パフォーマンスを繰り広げている。基本的に根拠とされているのは、変身や格闘を得意とする空想の忍者をベースにしたものばかりで、諜報活動を主とする実際の忍者の姿を知らないようである。

週刊ポスト 2013年12月20・27日号
http://www.news-postseven.com/archives/20131216_230918.html
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。