スポンサーサイト

掲載日時 --.--.--(--)--:--    スポンサー広告 スポンサー広告    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ↑上へ↑上へ
1: 動物園φ ★ 2013/12/15(日) 22:49:44.79 ID:???
【コラム】韓日関係は1世紀前に逆戻りするのか1年前の韓国大統領発言を問題視、両国関係を悪化させる日本米国に頼った自衛権拡大…100年前の帝国主義時代を連想させる動き韓日関係、誇示と対立ではなく競争・共生を

日本は、1年前に韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が天皇の謝罪を要求する発言を行ったことを問題視し、韓日関係を極端な方向へと追いやっている。また「韓国が日本の問題を韓日間に限定せず、他国にも持ち出して世界で日本に恥をかかせようとしている」と腹を立てている。

当時、李明博大統領が天皇の謝罪を要求した際の経緯はこうだ。李大統領は2012年8月14日、韓国教員大学で開かれたワークショップを訪問した際ある教師から天皇訪韓に関する質問を受けて「韓国を訪問したいのなら、独立運動を行って命を落とした方々の元を訪れ、心から謝罪するのなら来ればいい。痛惜の念などという単語一つ言いに来るのなら、来る必要はない」と答えた。ちょうど4日前の8月10日に李大統領は独島(日本名:竹島)を訪問しており、この発言は、独島訪問への質問に答える過程で出たものだった。

この発言が出た直後、韓国大統領府(青瓦台)のスタッフや当局者は非常に当惑した。当時、大統領府のスタッフは「教員大学訪問に外交・安保首席や政務・広報首席などは同行しておらず、李大統領がそんな発言をするとは全く予想もできなかった」として、李大統領の発言は「偶発的」「暴発」だったと語った。大統領の発言への言及としては、強い表現だ。当時、一部の報道によると、独島訪問に対する世論の反応が前向きだったことから李大統領の気分は高揚しており「あえて言わなくてもいいことまで言った」という。李大統領自身も、2カ月ほど後に訪韓した麻生太郎元首相に「そういう意図ではなかった」と釈明に努めた。

2へつづきます

金大中(キム・デジュン)顧問
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/15/2013121500216.html

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★ 2013/12/15(日) 21:05:47.86 ID:???
no title
▲東北アジア歴史歪曲対策特別委(写真=ナム・ギョンピル委員長)

国会東北アジア歴史歪曲対策特別委(委員長ナム・ギョンピル)は最近、日本の集団自衛権推進に対する憂慮の表明と共に中断を促す決議案を採択したと15日明らかにした。

特別委は決議案の題名を「日本政府の集団的自衛権行使推進中断要求決議案」と決め、集団自衛権推進は中断すべきという意志を表明し、内容では中断という表現は使わないまま韓国政府の同意なしに韓半島内での行使禁止などを強調した。これは日本の集団自衛権推進に対する米国など国際社会の支持が相次ぐ現実を勘案したと分析される。

特別委は決議案で「日本政府は集団自衛権行使推進を通じて東北アジアで日本の影響力拡大を意図してはならず、韓国政府の容認と同意なしに韓半島内で集団自衛権を行使できないことを明確にし、国際法上、相変らず戦犯国家として厳然たる日本平和憲法が存在する事実を忘れてはならない」と明らかにした。

また「日本政府は集団自衛権行使推進に先立ち、過去の歴史を否定し美化して歪曲することがあってはならない。特に戦時慰安婦人権じゅうりん行為に対する明確な反省と賠償がなければならず、過去の侵略行為に対する不正行為と靖国神社に合祀されている第二次世界大戦戦犯らに対する美化行為を中断するべきで、大韓民国領土の独島(ドクト、日本名:竹島)に対する侵奪意図を断念しなければならない」と強調した。

決議案は米国についても「アメリカ合衆国政府は日本政府の歴史不正行為が第二次世界大戦後に形成された国際秩序に反するだけに、米日同盟強化次元で推進される日本政府の集団自衛権行使推進過程で日本に対する大韓民国の憂慮を払拭させるように努力しなければならない」と注文した。

韓国政府については「国会決議を尊重し、日本政府に対する私たち国民の意思を正確に伝達し、東アジア周辺国を含む主要国家との積極的な国際外交協力に出なければならない」とした。

/キム・ジェウ記者、カン・チョルス記者

ソース:独島新聞(韓国語) 国会東北アジア特別委、日本集団自衛権中断要求決議案採択
http://www.dokdotimes.com/news/articleView.html?idxno=11882

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ニライカナイφ ★ 2013/12/15(日) 20:29:47.41 ID:???
◆倉山満さん「嘘だらけの日韓近現代史」 
“仲良くしなきゃ病”を捨て中韓無視した周辺外交を

慰安婦問題を世界中に告げ口して回る韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領。日本人には業腹千万だが、この隣人とどうつきあうか。気鋭の憲政史研究者は新著で、「反日」という妄執にとらわれ、捏造で自我を保つ「韓国人の歴史観はすべてファンタジー」と斬り捨て「ほうっておいた方がいい」と突き放す。
その真意は。

──この本の意図は

「『嘘だらけシリーズ』で言いたいことは、歴史の真実を学び、日本人の自虐的な歴史認識とゆがんだナショナリズムをただすことです。この本は韓国をネタにした日本人論なのですが、1行目を書くのに3カ月もかかってしまいました。なぜなら朝鮮半島は常に『主体』ではなく『場』でしかありません。

中華様に媚びることがアイデンティティーで独立国たりえたことがないので、実は書くことがあまりないのです。しかし、日本人として事あるごとに挑発をされては 『いいかげんにしろよ』と言いたくもなるものです。そこで、韓国人の歴史観がいかにファンタジーであるかを指摘しました」

──韓国の検定教科書の内容が紹介されています。極めて反日的ですが、これも虚構だと

「例えば、韓国では8月15日を日帝との戦いに勝利した日と教える。しかし、満州で抗日運動をしていたのは、初代大統領・李承晩ではなく、スターリンに指導された金日成です。李承晩は連合国に参加したわけでも自力でソウルを奪還したわけでもありません。
 
つまり、朝鮮半島において『抗日の英雄は金日成』という矛盾を抱えながら、建国の出発点を『反日』にしなければならなかったのです。韓国では反日を言えば言うほど、親北になってしまう。教科書でそう教えているようなものです。でも反日は、ある意味健全な感覚です。国際社会では、隣国同士の仲が悪いのは当然。それを前提に考えなければならない」

──そんな韓国とどうつきあえばいいのか

「つきあわなければいい。安倍晋三首相のように、中韓が首脳外交に応じないなら、2国を無視して周辺外交を積極的にやる。日本人の悪いところは相手とわかり合おうとすることです。嫌われたくない、だけど、好きになってくれないから嫌という“仲良くしなきゃ病”は捨てたほうがいい。

この本は、ネットで反韓・嫌韓論に喝采する層には肩すかしを食わされたように感じられるかもしれません。もっと、はるか上から目線で書いていますから。ネットの反韓は自分から相手の土俵に降りているので、よけいナショナリズムがゆがんでしまう。この本くらい高みに立って、韓国が困ってすり寄ってきたら、そこではじめて手を打てばいいんです」

──日本の悪口を言い回るのもほうっておくのか

「それは外務省がちゃんと主張をすべきだ。韓国だけでなく、アメリカ、中国、ロシアなども日本が敗戦国から立ち直り、仕返しを始めないか警戒するのは当然です。悪意に取り囲まれていることを前提に、韓国が火をつけて回るなら、果たしてどちらが文明国か、国際社会に地道に訴えていくしかないでしょう。そのために最低限必要な知識は本書を参考にしてもらえればと思います」

■あらすじ 
韓国は「慰安婦」「教科書」「靖国」などの歴史問題が持ち上がるたびに「日帝支配36年」「公式な謝罪と賠償を要求する」と、“因縁”をつけてくる。だが、そもそも日本は韓国とも北朝鮮とも戦っていない。かつて中国史の一部でしかなかった朝鮮半島史を、気鋭の憲政史研究者が冷徹に分析し見えてきた「真実」とは。

■倉山満(くらやま・みつる) 
1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。96年、中央大学文学部史学科卒業後、同大学院博士前期課程修了。国士舘大学で日本国憲法を教え現在に至る。2012年、希望日本研究所所長。著書に『誰が殺した?日本国憲法!』(講談社)『嘘だらけの日米近現代史』 『嘘だらけの日中近現代史』(扶桑社)など。ブログ「倉山満の砦」やコンテンツ配信サービス「倉山塾」で言論活動を行う。


写真:倉山満さん
no title

ZAKZAK 2013年12月15日
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20131215/enn1312150730003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20131215/enn1312150730003-n2.htm

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/15(日) 18:22:58.98 ID:???0
「隣近所の悪口を言いふらす『おばさん外交』」適菜収さんが『週刊文春』(12月5日号)のコラム「今週のバカ」で朴(パク)槿恵(クネ)大統領のことをこう評した。

これに対し、韓国大統領府が「暴言は恥ずべきことで、一生後悔して生きる不名誉なことだ」と不快感を示したという。『文春』、むろん“後悔”なんてするハズもない。むしろ勲章だくらいに思っているのではないか。

で、今週も朴大統領批判。「韓国マスコミが突いた朴槿恵大統領の『急所』」実妹が詐欺で有罪。実弟は麻薬使用で5回も逮捕。母親・陸英修夫人が設立した育英財団(母親の死後、朴大統領が理事長)の顧問をつとめ、朴大統領との関係が噂された牧師は結婚詐欺6回、詐欺、横領、性暴力…。

これ、すべて韓国紙の報道に基づいているのだが、大統領府は韓国紙にも“不快感”を示したのだろうか。

『週刊新潮』(12月19日号)も「身内に犯罪者 
『朴槿恵大統領』孤独な夜」とトップで報じているが『文春』には及ばない。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131215/bks13121518000014-n1.htm
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★ 2013/12/15(日) 13:11:36.82 ID:???
art444icle.jpg
パク・チウォン元民主党院内代表

(ソウル=ニュース1)パク・チウォン元民主党院内代表は14日、安倍晋三政権の右傾化と関連、「日本は中国など東北アジアで軍事競争をするのではなく、平和競争で隣国と関係改善しなければならない」と明らかにした。

パク元院内代表はこの日、ソウル市内のホテルで山口壯(ヤマグチ ツヨシ)など日本衆議院議員らと懇談会を持って「(日本と周辺国との関係が)日本の歴史教科書問題、靖国神社参拝問題、独島(ドクト、日本名:竹島)問題など日本の右傾化の流れでとても悪化している」としてこのように話した。

彼は「いかなる場合も韓日問題を改善し、経済・文化交流が活発に行われるよう努力しなければならない。日本が歴史教科書問題解決や靖国神社の分社など約束を守らなければならない」と強調した。

パク元院内代表はまた、北朝鮮チャン・ソンテク前国防委員会副委員長の処刑と関連、「北朝鮮ではキム・ジョンウンがチャン・ソンテクを極悪非道に処刑し北朝鮮のイメージがより一層墜落した」と指摘した。さらに「チャン・ソンテクの処刑で強硬軍部が勢力を伸ばせば内部体制維持および結束のための挑発の憂慮もあるので、私たちは鋭意注視しなければならない」と語った。

パク元院内代表は「イラン核交渉問題が終わったので、米国オバマ大統領は北核問題解決に積極的に出ると考えられ、実際に北米間では水面下で対話をしていることも知っている。日本も北朝鮮と交流協力し北朝鮮が核を廃棄できるように6者会談当事国としての役割を果たすべきだ」と話した。

これについて山口議員は「靖国分社問題などについては理解する。安倍首相も韓中日関係改善を心より願っており、韓日関係がうまくいくように努力している」と話した。北朝鮮との関係改善についても「昨年に北朝鮮に関係改善のシグナルを送ったことがある。北朝鮮問題も経済聨合体を通じて一緒にやりたいと考える」と話した。(パク・チョンヤン記者)

ソース:ニュース1(韓国語)
パク・チウォン"日、平和競争でとなりの国家らと関係改善しなければ"
http://news1.kr/articles/1451201

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: おじいちゃんのコーヒー@しいたけφ ★ 2013/12/15(日) 10:35:04.62 ID:???0
日本の製造業が中韓を見放しつつある。政府系の国際協力銀行(JBIC)が発表した今年の「投資有望国ランキング」で、中国が初めて首位から4位に転落、韓国の凋落も止まらない。中国の習近平政権と韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権の反日姿勢も大きなリスク要因となるなか、日本企業が「脱中韓」を進め、総じて親日的で成長余地も大きい東南アジア諸国連合(ASEAN)にシフトする動きが鮮明になってきた。

JBICは毎年、海外事業に実績のある日本の製造業企業に対して、海外直接投資に関するアンケートを実施しており、今回は625社が回答した。それによると、「今後3年程度の中期的に投資先として有望」と考える国や地域(複数回答)について、インドネシアと回答した企業が219社にのぼり、前回の3位から初めて首位に浮上した。現地市場の成長性や安価な労働力が評価されたという。タイやミャンマー、フィリピンも順位を上げるなどASEAN加盟10カ国のうち、ブルネイを除く9カ国が20位以内に入る躍進ぶりだった。

これに対し、1989年の調査開始以来、有望な投資先として首位を維持してきた中国が、今回はタイやインドにも抜かれ、4位に転落した。「中国が有望」と答えた企業数は、昨年度調査の319社から183社に大きく減少。前回調査で「中国を有望」とした企業のうち、今回調査も引き続き有望国とした企業はほぼ半減するなど、日本企業の中国への失望ぶりが浮き彫りとなった。

アンケートでは、日本企業が中国を有望国から外した理由についても分析している。企業側の声で最も多かったのが「労働コストの上昇」というもの。1990年代以降、安価な労働力が経済成長のエンジンだった中国だが、ここにきて「世界の工場」の座をASEAN諸国に奪われつつある。さらには「法制の運用が不透明」「知的財産権の保護が不十分」など、中国ならではのリスクも指摘された。

加えて、昨年までの調査と比べて3倍近く急増したのが、「治安・社会情勢が不安」という回答だった。沖縄県・尖閣諸島の国有化をきっかけにした反日暴動や不買運動を受けて企業側の懸念が高まっている様子がうかがえる。

2へ続きます >>

http://news.livedoor.com/article/detail/8345372/

img_20131030082002.jpg

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 蚯蚓φ ★ 2013/12/15(日) 00:43:42.21 ID:???
ah20131213003166_0.jpg
▲キム・ギョンミン漢陽大教授・国際政治学

日本の軍事再武装が対応無策で急速に進んでいる。1998年8月31日、北朝鮮がテポドンミサイルを発射するやいなや再武装の道に本格的に入った日本は中国が尖閣を伺い始めるとすぐ決心したように軍事力を増強している。北朝鮮が口実を与えたテポドンミサイルには諜報衛星4機体制の構築で対抗し、地球上すべての物体を一日に一回探知できる水準になった。

中国の海洋勢力拡大に対し潜水艦16隻体制を22隻体制に拡大し、中国の潜水艦と水上艦が東シナ海、南中国海に出る水中まで8隻の潜水艦を常時配置し牽制態勢に入った。北朝鮮のテポドンミサイルを大気圏で迎撃するためのイージス艦も6隻体制から8隻体制に増やしムスダンリでミサイル発射の兆候が見えさえすれば東海に2隻を急派するという。

空中給油機も2個部隊に増やす。1部隊に4機ずつであるから8機になる。戦闘機24機に空中給油機6機が必要だから非常事態が発生すれば日本の戦闘機は24機がいつも空に浮いていられることになる。

今、日本と中国の在来軍事力を評価すれば質的な面では日本が優勢で量的な観点では中国が有利だ。潜水艦を例にあげれば日本は潜水艦外部に吸音タイルで武装した、そうりゅう級ステルス潜水艦を保有し中国潜水艦に対し圧倒的実力を誇る。まだ本格的に試みられていないが日本のロケットの実力はすでに大陸間弾道弾能力が確保された状態で軍事用ミサイル転用は時間の問題だ。

外交的にも再武装の道に入った。安倍政権の集団自衛権政策構築で日本の軍隊は米国が外国から攻撃を受ければ参加できるようになり、米国はこの政策を支持した。日本再武装を防いだ米国が60余年ぶりに賛成に転じたのだ。米国の途方もない財政赤字で国防費負担が大きいのが理由だ。

もし日本が実効支配している尖閣諸島(中国名:釣魚島)が中国の侵略を受ければ米国が自動介入することになっている。日本の再武装でも中国の海洋勢力拡大はもはや止まりにくい局面になっているのが韓半島をめぐる東北アジア情勢だ。中国は大陸南端の海南島に水中で出入り可能な潜水艦基地を完工し、次期航空母艦が寄港できる埠頭を建設した。射程1500キロを越える東風21ミサイルを東部海岸側にぎっしりと配置する計画で米国の航空母艦はむやみに接近できないようになるだろう。

1945年第二次世界大戦が終わって70年近くなり韓国は周辺国の激しい軍備競争に直面している。この状況をどのように打開すればよいか。まず、軍事的には最大限、不均衡戦力に対抗しなければならないだろう。日本と中国より経済力が弱い韓国が軍備競争で対処はできない。むやみに武器だけ買うのは無理ではないか。防御力が高いミサイルや隠密な軍事力の潜水艦戦力で対抗しなければならない。

そして韓国が主導して軍備競争を減らす東北アジア平和プロセス体制をスタートさせなければならない。そのためには韓日関係を早く改善しなければならない。日本の過去問題は持続的に追求しても、巨視的側面から韓日関係は改善されなければならない。中国と違い、韓国と日本はそれでも民主主義の経験が多い国だ。民主主義を中国に伝えてこそ東北アジアの平和と繁栄という未来がある。だから好きでも嫌いでも日本を抱きしめて進まなければならない。外交通路とメディアを通じて韓日関係改善のための水面下の作業が真っ最中であることを知っている。

大乗的次元で韓国が先に手を差し出し、日本を抱きしめて中国との対話を進め武器購買競争状態の東北アジアを経済繁栄の体制に変化させなければならない。東北アジアに平和の対話体制を作る資格が最もある国が韓国だ。過ぎ去った歴史で韓国は周辺国を侵略したことがない国で、国際的地位も世界の中の韓国になっている。度量が大きい外交の機会が韓国に来ている。

ソース:世界日報(韓国語) [韓半島筒日課東北アジア平和]<6>韓国‘度量が大きな外交’見せる時
http://www.segye.com/content/html/2013/12/13/20131213004178.html

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。