1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/06(金) 08:29:42.44 ID:???0
韓国が誇る潘基文(パン・ギムン)国連事務総長だが、実際は「歴代最悪」の烙印を押されている。今年9月、米ニューヨークタイムズ紙に「潘基文は一体どこにいるのか」と題したコラムが掲載された。内容はシリア内戦などの国際問題への国連と潘総長の対応を酷評するものだった。

国連史における
最悪の事務総長というレッテルをはられてしまった。

“無力な傍観者”“どこにもいない男”というありがたくない形容も枚挙にいとまがない〉
〈潘基文事務総長も国連もシリア国内の大虐殺を止めることに関しては全く無力だった〉


非常に辛辣だが、実は潘総長への批判が起こったのはここ最近の話ではない。

2009年にはノルウェー国連大使が潘総長を「やる気と学ぶ意欲に欠けているせいで、多くの交渉で影響力を発揮できていない」と批判している文書が流出。

2010年には国連内部監査部のトップが退任するにあたり、潘総長に「あなたの行為は嘆かわしいばかりか、真剣に非難されるべき」「国連事務局は腐敗の道をたどっている」と50枚に及ぶ抗議文書を送りつけている。

国連外交に詳しい民間シンクタンク・独立総合研究所所長の青山繁晴氏が国連内で囁かれる潘総長の人物評を語る。「自分のキャリアに傷をつけたくないために、対応を誤ったと国連の責任が問われているハイチのコレラウイルス問題などにはほとんど取り組んでいませんし、人事面でも、韓国人を大量に採用して幹部を固めています。最近になって始めた対日批判も、次期韓国大統領を狙ってのものと不評を買っています」

もはや“誇れない”国連事務総長となっていた。
http://www.news-postseven.com/archives/20131206_229764.html
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 急所攻撃(愛知県) 2013/12/06(金) 06:01:50.12 ID:/z8CEQUpP BE:2634161459-PLT(12122) ポイント特典
2013年12月5日、中国の時事政治専門サイト・観察者網は、日本駐在「観察員」で東アジア史に詳しい劉元海(リウ・ユエンハイ)氏の記事「韓国はどうすれば心から日本を許せるのか」を掲載した。

東シナ海上空の防空識別圏をめぐり、日本・中国・米国の間で硬軟取り混ぜた実力争いが繰り広げられている。日米両国は、もう一つの同盟国・韓国を一刻も早く自軍に引き入れたいと考えている。しかし今のところ、韓国はこの問題においてどちら側につくか明確な態度を示していない。そこで米国は韓国に対し、立て続けに影響力を行使してきたが、その効果はみられてない。

日本と韓国は歴史、領土、そしてその他の問題で争いを抱えている。この2つの重要な同盟国を結び付けようという米国の呼び掛けにはいまだに返答がないままだ。

米国のヘーゲル国防長官は先月、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領との会談で、日本との関係改善を強く求めた。しかし朴大統領は、

「もしドイツが他国を痛めつけるような発言を繰り返しながら何事もなかったような態度を取り続けたとしたら、欧州統合は実現しただろうか。答えは否だ」と反論した。ラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)はこの発言を受けて、「歴史問題が日韓関係の障害となっている」と遺憾の意を示した。

実用主義(利己主義のほうがより適切か)を貫く米国は、東アジアの複雑な歴史的、文化的背景を依然として正しく理解できていない。特に韓国が日本に対して綿々と抱き続けている「憎しみ」を。(翻訳・編集/NY)

Record China 12月6日(金)5時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131206-00000004-rcdc-cn
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ