1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/23(土) 17:37:20.94 ID:???0
★「中国に親しみ感じない」8割超で過去最高 
外交世論調査 日韓関係「良好でない」も高水準

内閣府が23日に発表した「外交に関する世論調査」で、
中国に「親しみを感じない」と回答した人が80.7%
(前年比0.1ポイント増)となり、昭和53年の調査開始以来、
過去最高となったことが分かった。
韓国への親近感も低く、日本と両国との
最近の関係冷え込みを反映した結果となった。

日中関係について「良好だと思わない」は91.0%だった。
中国で反日デモが相次いだ昨年の調査(92.8%)に
次ぐ過去2番目の高さだった。

昨年12月に安倍晋三内閣が発足して以来、
一度も首脳会談が実現していない。
また、中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)付近に頻繁に公船を出すなど、
関係改善の兆しが見られない状況が調査結果に影響を与えたようだ。

韓国に対しては、58.0%が「親しみを感じない」と回答した。
昨年の調査から1.0ポイント減ったものの、過去3番目に高い結果となった。
日韓関係が「良好だと思わない」は76.0%。
昨年(78.8%)に次ぎ過去2番目の高さだった。

韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領は竹島(島根県隠岐の島町)
の領有権主張や、日本の歴史認識を問題視する発言を繰り返しており、
そうした韓国側の対応に日本国民の不信感が根強いことがうかがえる。

一方、首相が安全保障や経済で同盟重視を掲げる
米国との関係は「良好だと思う」が83.8%(同4.5ポイント増)に上り、
平成10年の設問開始以来、過去最高を記録した。
「親しみを感じる」も83.1%あり、昨年の84.5%に
次ぐ過去2番目に高い水準となった。

東南アジア諸国に対しても
「親しみを感じる」は60.4%(同2.5ポイント増)で過去最高となった。
首相は就任してから約11カ月間で
東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国を全て歴訪。
ASEAN重視で連携の強化を進めてきた
首相の外交方針が国民に浸透しつつあるようだ。

調査は内閣府が毎年秋に実施。今年は9月26日から10月6日まで、
全国の成人男女3千人を対象に個別面接方式で行い、
有効回収率は61.6%だった。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131123/plc13112317010008-n1.htm

(昨年)2012年の調査データーです。
no title


>>続きを読む・・・
スポンサーサイト




コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/23(土) 11:35:16.34 ID:???0
ここまでくると、憤りを通り越し、おかしくて笑ってしまう。
何にでもイチャモンをつけたがる韓国の不可解な反日姿勢についてだ。
今回は、来年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会に向け、
今月12日に発表された日本代表の新ユニホームが標的となった。

日本の報道では、選手がピッチで「円陣」を組んだときに
ひとつの大きな輪になる背中のピンク色のラインが取り上げられたが、
そういうことはどうでもいいらしい。注意して見ないと分からないが、
左胸のエンブレムの部分から11本の薄い線が放射線状に延びている。

試合開始に向けてピッチに向かう選手をイメージしたものだが、
これがいけないというのだ。よく、見つけたものだ。

韓国紙中央日報の日本語版(電子版)は「旭日旗を連想…
ブラジルW杯の日本ユニホーム“不快”」の見出しで、
「11本の線が広がっていくデザインは『戦犯旗』を連想させる。

旭日旗は、
日本帝国主義の軍旗に使われたので戦犯旗とも呼ばれる」と報道。
そのうえで、「問題は国際舞台だ」として、
W杯に日本代表がこの新ユニホームで臨むことを懸念する考えを示した。

その論法もむちゃくちゃだ。

昨年のロンドン五輪で韓国選手が
竹島領有を主張するプラカードを掲げて国際サッカー連盟(FIFA)から
2試合の出場停止処分を受けたことと同列にとらえ、
「韓国ファンの間では、戦犯旗論争を呼んでいるユニホームを(W杯で)着たら
同じように処罰すべきだという主張も出てきている」と報じた。

青地に薄い線が放射線状に延びた図柄を見て
「旭日旗」を連想するなんて、想像たくましいというか、
妄想癖があるというか、本当にどうかしているんじゃないかと思ってしまう。

「旭日旗」は通常、
白地に赤色の朝日がのぼっている様子を描いたものだと思うのだが。

そもそも、「旭日旗」を「戦犯旗」ととらえる解釈からして牽強付会はなはだしい。
しかも、競技場での政治的なスローガンの掲出を禁じた
FIFAの規定に明らかに違反する竹島プラカード問題と同等に考えるとは…。
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20131123/soc1311231020001-n1.htm
htm_20131114045860106011_59_20131114002802.jpg


>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 荒波φ ★ 2013/11/23(土) 10:10:46.37 ID:???
韓国軍の合同参謀本部(合参)は22日、次期戦闘機(FX)の作戦要求性能を「先端ステルス性能」と「電子戦能力」に修正した。現在、世界で購入可能なステルス戦闘機は米国ロッキード・マーチン社のF35Aしかない。

韓国軍のステルス機選択は不可避の決定だ。ステルス機は、有事の際、ひそかに北朝鮮の戦略目標を攻撃できる。中国、日本、ロシアなど周辺国がいずれもステルス戦闘機を開発中、もしくは配備を予定している状況で、韓国だけがFXを非ステルス機にすることはできないのだ。

さらに北朝鮮指導部は、米国のステルス戦闘機が韓半島(朝鮮半島)に展開すれば動きを隠すほど、恐怖心を抱いているという。F35Aが2018年から実戦配備されれば、北朝鮮の挑発を抑制する役割も果たせるだろう。

問題は、これから始まる導入交渉だ。F35A導入決定まで紆余(うよ)曲折を経たのは、価格があまりに高かったからだ。最先端の戦闘機は60機必要だが、確定した予算は8兆3000億ウォン(約7900億円)で、これでは40機しか買えない。配備後の運営維持にも巨額の費用が掛かる。

しかし現在、F35Aの価格をめぐる追加交渉は容易ではないといわれる。となると、できる限り技術を獲得し、22日に次期戦闘機と並んで合参が決定した韓国型戦闘機(KFX)開発事業に役立てなければならない。

F35Aは、競合機種だったF15SEやユーロファイター・タイフーンに比べ、技術移転面で最も厳しかった。F15SEやユーロファイター・タイフーンは、AESAという最先端のレーダー技術を移転するという破格の条件も提示していた。

日本は、配備するF35の9割を国内で生産する。韓国も、何があろうと、航空技術を画期的に高められるこのチャンスを逃してはならない。しかし韓国の場合、「F35A以外に選択の余地はない」事態に追い込まれることで、金を出す「甲」のはずの韓国が、「甲」ではなく立場の弱い「乙」になってしまう可能性も否定できない。

ステルス戦闘機は必要だが、その配備に国の死活が懸かっているわけではない。北朝鮮の空軍力は、現在の韓国軍の戦力でも十分に制圧可能で、北朝鮮地域の戦略目標は弾道ミサイル・巡航ミサイルでも攻撃できる。

FX配備が遅れれば韓国空軍の戦力に空白が生じる恐れがあるが、利用可能な戦力を最大限運用し、韓米連合戦力を活用すればこの空白は埋められる。国民が納めた8兆3000億ウォンの税金をつぎ込みながらも技術移転がなされないという事態になった場合、韓国政府は思い切ってF35Aの配備決定を白紙にするという姿勢を持つべきだ。


2013/11/23 09:44
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/23/2013112300507.html
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/11/23(土) 10:39:03.09 ID:???0
11/22、韓国の軍統合参謀本部は
次期戦闘機選定においてF-35を選択するとの報道がありました。
国防省スポークスマンのキム・ミンソク氏が記者会見で述べました。

韓国政府はステルス性の欠如を理由に
F-15サイレンルイーグルの入札をキャンセルしていました。
「韓国空軍は、より優れたステルス性を持つ戦闘機を要求しています。

 そのためにサイレントイーグルの入札をキャンセルしました。」
「F-35は他に候補に上がったの戦闘機に比べ、
先進性と優れたステルス性があることは疑いようない事実です。」

韓国政府側は、今後は入札の応募を行わない方針だと予想されています。
「あとは米国がF-35の販売を承認するだけです。」とスポークスマンは言います。

予算制約のため、まずは40機のF-35を調達する計画を立てています。
残りの20機は予算の都合により後に決定するとのことです。


韓国防衛事業局のペク・ユンヒョン氏は言います。
「来年には米国と購入に向けた交渉を行い、
早ければ2018年頃に納入される計画です。」



★画像
http://cmsimg.defensenews.com/apps/pbcsi.dll/bilde?Site=M5&Date=20131121&Category=DEFREG03&ArtNo=311210011&Ref=AR&MaxW=640&Border=0&Source-South-Korea-Will-Likely-Buy-F-35
no title


http://www.defensenews.com/article/20131121/DEFREG03/311210011/Source-South-Korea-Will-Likely-Buy-F-35

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/22(金) 20:22:48.84 ID:???0
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が
世界中で反日中傷話をばらまいていることに対し、
官邸内外から韓国に
経済制裁を発動すべしとの声も上がっているという。

経済評論家の上念司氏は、
「日韓通貨スワップ協定を巡って、
日本が強硬姿勢にでれば
韓国は泣きついて来ざるを得ない」と話す。

通貨スワップ協定とは、各国の中央銀行が協定を結び、
自国の通貨危機が起きた際、
協定を結んだ相手国の通貨をあらかじめ
定めたレートで融通してもらう協定のこと。
通貨危機に備えるためのある種の保険と考えればいい。

日韓の通貨スワップ協定は2005年に初めて結ばれ、
2008年のリーマン・ショックや2011年のEU危機を経て、
最大700億ドルまで拡充されてきた。しかし、
昨年夏の李明博・大統領(当時)の竹島への
強行上陸や天皇への謝罪要求などで、
総枠は130億ドルまで縮小した。さらに、今年7月には
30億ドルも追加で縮小し、
残っているのは100億ドル分だけになった。

「日韓の通貨スワップ協定は、
事実上、豊富な外貨準備を持つ日本による、
外貨準備が少なく常に通貨危機の危険性を抱える
韓国への信用補完です。
一方的に韓国にメリットがあるだけで、
日本には何の恩恵もありません。

韓国は6大銀行のうち5つが外資系であり、
また対外債務が非常に多いので、
ひとたびウォンの売り浴びせが起こると、
国内から国外へと資金が流出しやすく、ウ
ォンの買い戻しもできない。
そのため通貨危機に直面しやすい」(同前)

日本が通貨安傾向にあるため、
韓国は輸出産業を守るためにウォン安を進める必要がある。
しかし、ウォン安が過度になれば海外投資家が
ウォン売りに走り、売り浴びせの発生によって
通貨危機が起こる可能性が高まる。

「いずれにせよ、韓国が再び通貨スワップ枠の
上限引き上げを日本に持ちかけ、“守ってください”と
泣きついてくるのも時間の問題です」(同前)
http://www.news-postseven.com/archives/20131122_227633.html
前 ★1が立った時間 2013/11/22(金) 17:09:41.87
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385107781/
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/22(金) 14:15:05.67 ID:???0
★韓国経済 日本のメガバンクが融資を引き上げれば瞬時に危機
2013.11.22 07:00

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が世界中で
根も葉もない反日中傷話をばらまいていることに対し、
官邸内からは「経済制裁を発動して、
目に物いわせてやるべきではないか」との声も上がっている。

経済制裁はかなりオーバーなリアクションではあるが、
官邸内外に少しずつそうした対韓強硬論が聞こえ始めた。
例えば、金融制裁という手段も韓国経済を瞬時に破綻させる。

そもそも、金融市場の規模が大きくない韓国では、
主要企業にファイナンスしている金融機関のなかで、
日本のメガバンクが大きなウェイトを占めている。

韓国政府系銀行である韓国輸出入銀行でさえ、
今年8月、経営危機に陥った時、
日本のみずほ銀行が5億ドル、
三菱東京UFJ銀行が2億5000万ドル
などを緊急融資したということがあった。


それらメガバンクが日本政府の意を汲んで融資を引き揚げれば、
韓国企業はひとたまりもない。
さらに、韓国経済に詳しい経済評論家の三橋貴明氏はこう指摘する。

「日本の円安が進めば日本の輸出産業の価格競争力が増し、
韓国の製造業に大ダメージを与えますが、
企業が倒産するわけではない。

たとえば、サムスンは54%の株式を
外国人が所有する事実上の外資系企業です。
なので、韓国国内で製造する競争力が落ちれば、
平気で生産拠点を海外に移します。

そうすると、韓国では産業の空洞化がますます進み、
雇用が失われて失業率が急上昇し、
貧困化、犯罪の多発など、社会不安も増大します」
http://www.news-postseven.com/archives/20131122_227619.html

【日韓】片山さつき氏 反日中傷繰り返す韓国に状況次第で経済制裁も ★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385013645/
前 ★1が立った時間 2013/11/22(金) 08:07:15.04
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385075235/

OB-WC954_0125kr_G_20130125053606.jpg


>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/11/22(金) 20:05:22.71 ID:???
「反日」韓国に、「経済制裁」で倍返しを食らわせてやれ――
ごく一部の保守派論客が唱えるだけだったこんな強硬論が最近、
大手週刊誌にも相次いで掲載されている。

 この1週間ほどだけでも、
「日本メガバンクが融資を打ち切ればサムスンは一日で壊滅する」(週刊文春)
「朴槿恵が泣いて謝罪する"5つの切り札" 韓国に『経済制裁』を!」(週刊ポスト)
「韓国『撃沈』までの全シナリオ 経済制裁を発動せよ!」(FLASH)

などなど、「好戦的」な見出しのオンパレードだ。

しかもこれらの週刊誌では、自民党の議員たちが入れ替わり立ち代わり登場し、
自ら先頭に立って「制裁論」をぶっている。

たとえばポストのインタビューに答えた片山さつき参院議員は、
基本的には韓国を無視すべきとしつつ、
いざというときには経済制裁を取るべきだと主張する。
具体的な話は伏せているものの、
先日韓国の高裁で判決が下った戦時中の徴用工への
賠償問題などで韓国側が日本企業に対し
「差し押さえ」などの強硬策に出た場合には、
「WTOなどに訴え、対抗措置を取ることはできるでしょう」。

FLASHでは、やはり自民の金子恵美衆院議員が
「経済制裁・圧力をかけて、韓国側が日本に歩み寄る状況に追い込む」
必要があると大真面目に説く。

安倍晋三首相によるとされる「愚かな国」発言を掲載して波紋を呼んだ文春でも、
自民党総裁特別補佐の萩生田光一衆院議員が「ウォン買い占め」
によるウォン高作戦に言及した。
萩生田議員は首相側近で、自民若手のリーダー格の1人だ。
韓国への「制裁」論が、政権のある程度中枢に近い部分にまで
浸透していることがうかがえる。

制裁の方法については「韓国からの融資引き揚げ」
「ウォン買い」「資本財の輸出拒否」など意見が分かれるが、
いずれも「経済」が韓国の弱点と見ていることは確かだ。

一時は「日本を追い抜いた」とも言われた韓国経済だが、
ここ最近は国際競争力ランキングでも
順位を落とすなど(2013年は6ランクダウンの25位。
日本は9位。世界経済フォーラム)、順調さを欠いている。
特に金融面では世界81位と、他の産業の足を引っ張る有様で、
国内では「みすぼらしい競争力」(中央日報)との嘆きさえ聞かれるほど。

また輸出依存の高い経済状況、サムスンを除く
財閥各社の経営不振など「不安材料」は少なくない。
これを突けば韓国も「泣いて謝罪する」というのが制裁論者の主張だが――

こうした議論は韓国側の耳にも届いており、
現地メディアはいらだち交じりで報じている。
たとえば大手紙・朝鮮日報では、サムスン関係者による
「日本の資金には全く依存していない」という反論を掲載し、
日本による融資引き揚げについても、「欧米に借入先を変更すればよい」
「政治的な論理で資金を一気に引き揚げることはないはずだ」と反論する。

やはりソウル経済では、
日本からの投資は米国などに比べても少ないことを挙げ、
実行されても影響は小さいと論じている。また「ウォン高」策も、
「日本の損害が大きすぎる上に、被る国際的批判は見当もつかない」
(金融関係者)と否定的だ。
「できっこない」「他国が黙っちゃいない」
といささか他力本願気味ではあるが、なかなか強気に見える。

 しかし、同じくソウル経済は、「とはいえ……」と不安も覗かせる。
「国際的な金融不安などの機に乗じられれば、影響は大きくなるかもしれない」

韓国・イーデイリーも、日本側の主張を「ありえない!」
と全面否定しながらも、
「日本の経済規模は我が国より5倍も大きいし、
ITなど主要産業で部品を日本に依存している。
経済制裁論は無視できない」と警戒心露わだ。

http://topics.jp.msn.com/wadai/j-cast/article.aspx?articleid=2324625
no title

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ