1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 17:40:33.65 ID:???.net
池上彰氏、朝日新聞は「大企業病」 コラム再開し持論展開
コラム再開で批判もさっそく再開した

 朝日新聞の慰安婦報道の検証を批判したとして昨年8月に不掲載となって以降、中断されていたジャーナリスト、池上彰氏のコラム「新聞ななめ読み」が30日付の朝日新聞で再開された。一連の問題を総括した池上氏は「典型的な日本的企業の失敗」と朝日の“大企業体質”を看破し、さっそく批判も再開させた。

 再開の理由について、池上氏は、読者や朝日新聞記者から寄せられた連載再開を求める声に、「現場の記者たちの『朝日新聞を再生させる』という熱意と決意を感じ」たとし、「読者の立場から、紙面をチェックする役割を果たそうと考えました」としている。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: シューティングスタープレス(栃木県)@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 16:51:30.59 ID:MJv0D3Zf0.net BE:886559449-PLT(21000) ポイント特典
沖縄タイムスでは
「天皇皇后両陛下」ではなく

★「天皇ご夫妻」なんだってさ


沖縄タイムス

https://twitter.com/okada014/status/560703316913422336

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(1)  ↑上へ↑上へ
1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 09:26:17.82 ID:???.net
日刊ゲンダイ

 いよいよ「ウルトラ右翼」の本性がムキ出しになってきた。8月にも公表する「戦後70年談話」について、植民地支配や侵略戦争を認めた「村山談話(戦後50年)」や「小泉談話(同60年)」など、歴代内閣の談話の記述を踏襲しない考えを明らかにした安倍首相。新たな文案を検討する有識者会議が2月にも開かれるが、恐らくメンツはいつもの「右翼仲間」ばかりだ。大幅見直しは必至で、近隣国はもちろん、世界中から反発の声が上がるのは間違いない。

「今まで重ねてきた(談話の)文言を使うかどうかではなく、安倍内閣としてどう考えているかという観点から談話を出したい」。NHKの「日曜討論」(25日)でこう強調した安倍首相。村山・小泉談話で使われた「植民地支配」「侵略」「お詫び」などの文言を「こまごましたもの」と言い切る姿は唖然ボー然だった。

 安倍首相は一応、村山・小泉談話に理解を示していたが、とても信用できない。慰安婦問題で日本軍の関与を認めて謝罪した「河野談話」について、「継承する」としながら、昨年10月の衆院予算委で、「日本が国ぐるみで性奴隷にしたと、いわれなき中傷が世界で行われている」なんて二枚舌答弁をしていたからだ。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(0)  ↑上へ↑上へ
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 20:00:01.99 ID:???.net
あっ韓ニュース
朝日新聞東京本社

 夕刊コラムを担当していると、他紙が気になるので真っ先に読む。毎日新聞の「近事片々」、読売新聞の「よみうり寸評」、そして朝日新聞の「素粒子」。どんなテーマを選び、短い文章でどのように皮肉や風刺を利かせているのか。勉強になるが、最近の「素粒子」には首をかしげる。

 ▼「少女に爆発物を巻き付けて自爆を強いる過激派の卑劣。70年前、特攻という人間爆弾に称賛を送った国があった」(1月13日)、「『I AM KENJI』は誰に向けられているか。中東の疑似国家へ。極東で『積極的平和主義』を売り出す国へ」(26日)。どうして卑劣なテロ集団と日本を同列に扱うのか。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(5)  ↑上へ↑上へ
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 12:34:48.96 ID:???.net
原田義昭委員長
原田義昭委員長(はらだ よしあき、1944年10月1日 - )自由民主党所属の衆議院議員(通算7期)。

 慰安婦問題や南京事件をめぐり、韓国・中国系団体などが事実と異なる情報を海外で流布し、日本と日本人が貶められている。こうした状況を受け、NHKの国際放送に代わる「新型国際放送」を創設する構想が、自民党内で持ち上がった。党国際情報検討委員会の原田義昭委員長(衆院福岡5区)が夕刊フジのインタビューに応じ、構想の狙いや展望を語った。

 「中韓の“情報戦争”への熱心さはすさまじい。日本ははるかに後れを取っているということを認識しなければならない。戦うスタンスを取らない限り、日本は言われっぱなしだ!」

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(4)  ↑上へ↑上へ
1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 21:50:50.76 ID:???.net
あっ韓ニュース
ソウル中央地裁で警備に当たる警察官ら=19日(川口良介撮影)

【本紙前ソウル支局長公判】「チョッパリ」「日本のやつら」「処罰しろ」 法廷騒然、響く怒号…

 【ソウル=水沼啓子】ソウル中央地裁で19日に開かれた産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の第3回公判。同支局が入るビルの前で産経新聞に対する抗議デモを行っていた反日団体関係者らが、公判中に傍聴席から「チョッパリ!(動物のひづめの意味で、日本人の蔑称)」「処罰しろ!」などと大声で叫び、公判が何度か中断する騒ぎがあった。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 反日犯罪民族 ◆SHINE.1vOk @もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/17(土) 09:35:30.73 ID:???.net
韓国の朴槿恵大統領の名誉を棄損したとして起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の出国禁止措置を巡り、日韓両政府が15日、舌戦を繰り広げた。

韓国メディア・ニュース1などによると、日本の菅官房長官は同日の記者会見で、「人道的に大きな問題がある」と指摘、「継続的に韓国側に懸念を伝え、適切な対応をとるように要求する」と述べた。続けて、「在宅起訴は、最大限尊重されるべきメディアの自由に関して国際社会の常識と大きくかけ離れている。民主国家ではありえない行為」などと、韓国側の一連の対応を強く批判した。

これに対し、韓国外交部のノ・グァンイル報道官は同日の定例会見で、「司法当局が関連法に基づきとった措置」と反論。さらに「韓日関係には関係ない問題であるにもかかわらず、日本がこれを外交問題にしようとしているのは望ましくない」などと日本を批判した。

この問題に対し、韓国ネットユーザーからは多くの意見が寄せられた。主なコメントは以下の通りだ。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 反日もろ禿 ◆SHINE.1vOk @もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/17(土) 09:42:11.84 ID:???.net
15日付の韓国聯合ニュースによると、韓国外交部の魯光鎰報道官は同日の定例記者会見で、朴槿惠大統領の名誉を棄損したとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長の問題について、「外交問題化するべきではない」との見解を示した。環球網が伝えた。

加藤氏の出国禁止期間が延長されたことを受け、日本側が「人道上、大きな問題だ」と指摘していることについて、魯報道官は「出国制限期間の延長は、韓国の司法機関が公判に要する時間などを考慮したもので、法に基づいた措置。産経新聞記者が起訴されたことは、韓日関係とは無関係だ。日本側はこれを外交問題化しようとしているが、好ましくない。日本側に冷静な対応を求める」との立場を示した。

問題視されているのは、昨年8月3日に産経新聞電子版に掲載された加藤氏のコラム「【追跡~ソウル発】朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」。噂を引用する形で、セウォル号沈没事故の当日、朴大統領は7時間も「行方不明」となり、「男性と密会していたとの噂がある」と指摘。その相手は当時妻帯者だった朴大統領の元秘書室長、鄭潤会氏だったと名指しし、2人が不適切な男女関係にあったことをにおわせた。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(2)  ↑上へ↑上へ
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 02:06:19.08 ID:???.net
000065154.jpg
安倍総理は、日本を訪れている韓日議員連盟のソ会長らと会談

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の名誉を記事で傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長への出国禁止措置が3カ月延長されることが決まったことについて、安倍晋三首相は15日、朴大統領と近い韓日議員連盟の徐清源(ソチョンウォン)会長らと会談し、「私どもとしては遺憾な事態と思う。報道の自由(の問題で)、家族も心配しているのでご配慮いただきたい」と伝えた。

 同席した日韓議連の額賀福志郎会長らが記者団に明らかにした。徐氏は「自分も朝鮮日報の記者を経験してきた経緯があり、遺憾に思う。出国が延期されたということだが、首相の言葉を(朴大統領に)お伝えする」と応じた。一方、徐氏によると、徐氏は「虚偽事実が報道されたことが明らかになった以上、記者も産経新聞も『申し訳ない』と言わなければ、解決しないのではないか」とも述べたという。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(4)  ↑上へ↑上へ
1: あまてらす 投稿日:2015/01/14(水) 22:22:58.10
NHK

 NHKの次期3カ年経営計画(平成27~29年度)の全容が13日、分かった。公共放送であるNHKが初めて「“公共メディア”への進化」を見据えると明記、インターネット時代に即した受信料制度のあり方について研究を本格化させる。同計画はNHK経営委員会で15日、議決される見通し。

 NHKは来年度から一部のテレビ番組をネットで試験的に同時配信する予定だが、本格導入に向けてはテレビの設置を前提に公平負担を求めている現行の放送法や受信料制度の見直しが課題となっている。現在のテレビやラジオ放送に加え、今後はネットを含めた総合的なメディア事業展開に向けてかじを切る。

>>続きを読む・・・

コメン卜コメント(4)  ↑上へ↑上へ


相互リンク(外部サイト)の新着情報



このページのトップへ